2016年08月30日

ライブレポ:日本武道館 Buono! Festa2016〜サイリウムが生み出す主体的参加感

photo
Buono! LIVE 2012 “R・E・A・L" [Blu-ray]
アップフロントワークス(ゼティマ) 2012-05-23

PIZZA-LA Presents Buono! Delivery LIVE 2012 ~愛をお届け!~ [Blu-ray] Blu-ray Disc.Buono!ライブ2011winter 〜Re;Buono!〜 ℃-uteコンサートツアー2016春 ~℃ONCERTO~ [Blu-ray] Buono! ライブツアー2011 summer ~Rock’n Buono! 4~ [Blu-ray] ℃-uteコンサートツアー2015秋 ~℃an't STOP!!~ [Blu-ray] Buono! ライブツアー 2010~Rock’n Buono! 3~ [DVD] Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2015 ~ GOOD BYE  & HELLO! ~ [Blu-ray] Juice=Juice LIVE MISSION 220 ~Code3 Special →~Growing Up!~ [Blu-ray] 9→10(キュート)周年記念 ℃-ute コンサートツアー2015春~The Future Departure~ [Blu-ray]

by G-Tools , 2016/08/30



8月25日木曜日、日本武道館で行われたBuono! Festa2016にいってきた。メイン出演はBuono!(ボノ。メンバーはももちこと嗣永桃子、元Berryz工房の夏焼雅、℃-uteの鈴木愛理)。ゲスト出演は、夏焼雅の新ユニットピンククレス、ももち所属のカントリー娘、鈴木愛理所属で、来年6月に解散が決定している℃-uteの3組である。

僕の座席は一階スタンド席の北西の端だった。ステージ中央、出演者側から見て右斜め後ろの席である。一日だけの武道館公演で、追加販売された席だった。ステージ演出が見えにくい座席ですとチケットに書かれていたけれど、ステージの斜め後ろであり、本当に見えにくくてびっくりした。ステージ中央上には大液晶が据えられているが、まったく見えない。僕の左に40インチくらいの液晶テレビがおいてあるのを見つけた。これなら座席から見えない中央部分の演出を見ることができると安心した。続きを読む
タグ:Buono!
posted by 野尻有希 at 23:45 | TrackBack(0) | アイドル論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庵野秀明脚本・編集・総監督『シン・ゴジラ』MX4D上映感想2〜初期衝動、政治、二次創作臭、名言集、腐海の匂い

photo
ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
カラー、東宝
グラウンドワークス 2016-09-20

シン・ゴジラ音楽集 別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) シン・ゴジラWalker S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK) ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第二形態) 月刊MdN 2016年9月号(特集:キャラクターのリ・デザイン) ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第三形態) 激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション] 【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

by G-Tools , 2016/08/30



庵野監督の実写映画ときいて、正直全く期待していなかった。過去の『ラブ&ポップ』も『キューティーハニー』も、エヴァやナディアに比べれば、なんか無理してる感があった。『シン・ゴジラ』は違った。エヴァやナディアの第1話を見た時と同じ興奮があった。『アオイホノオ』で描かれたガイナックス初期と同じ熱を感じた。何故か。「ゴジラが好き」という初期衝動が、作中に溢れかえっていたからだと思う。

庵野秀明は脚本・編集・総監督という立場であり、監督は実写映画の実績がある樋口真嗣氏だったのも、成功の要因だったかもしれない。ただ樋口監督も『進撃の巨人』実写版の評判はよくなかった。『シン・ゴジラ』が特にクリエイター受けがいい原因は、製作陣が全盛時のガイナックスみたく初期衝動の熱気満々だったからと推測する。エヴァテレビ版の後半みたく、クリエイターが自意識の迷路に迷っていない。作りたいものを作っている。ハリウッドのゴジラはなんか違うと思った特撮愛に溢れたクリエイターたちが、エンタメの王道を更新した。(ここからネタバレあります。注意)続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:20 | TrackBack(0) | 映画論(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

庵野秀明脚本・編集・総監督『シン・ゴジラ』MX4D上映感想〜リアリティーとオマージュとブランドの大量投入

photo
シン・ゴジラ音楽集
鷺巣詩郎
キングレコード 2016-07-29

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ 別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) Shiro SAGISU outtakes from Evangelion 【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ シン・ゴジラWalker 伊福部昭百年紀ベスト 大怪獣伝説~東宝特撮映画メインテーマ大全集~ ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第三形態) 映画「ゴジラ」(1954)全曲版~ライブ・シネマ形式完全劇伴全曲録音(仮) ミレニアムゴジラベスト/伊福部昭 東宝特撮映画傑作集

by G-Tools , 2016/08/29



ツイッターで盛り上がっていたので、六本木ヒルズのTOHOシネマズに『シン・ゴジラ』のMX4D上映を見に行った。本当は巨大ゴジラがいる新宿歌舞伎町で見たかったけれど、良い座席が取れなかったので、六本木にした。

MX4Dは、上映中に座席が動く。上映前の映画宣伝の時点で会場が湧いた。よくありそうなハリウッドのアクション映画の宣伝で座席が揺れる、水が飛び出す、煙が出る。動く度、若い女性の観客たちがはしゃぐ。『ミュータント・タートルズ』も、戦車の映画の宣伝でも座席が上下左右に振動しまくり、盛り上がった。割引なしだと3000円もしたが、テーマパークのアトラクションだと思うと楽しい。

『シン・ゴジラ』本編が始まる。最初は座席が動く都度みんなはしゃいでいたが、数分もすると笑わなくなった。作品世界に没入したのである。

脚本術の本では、リアリティーが大事とよくいわれる。リアリティーとは何か。『シン・ゴジラ』を見ると理解できる。(以下ネタバレありです)続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:54 | TrackBack(0) | 映画論(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

野尻有希電子書籍作品集 サイト開設のお知らせ

「野尻有希電子書籍作品集」を開設しました。

野尻有希電子書籍作品集

自作の無料電子書籍を掲載しています。まだパブーで発表済の作品しか掲載していませんが、今後は新しい作品を追加予定です。新作はアマゾンのkindleでも同時公開予定です。
posted by 野尻有希 at 23:02 | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

今後の活動方針〜本当の目的に至るために繰り返す作業

photo
職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹
スイッチパブリッシング 2015-09-10

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 村上さんのところ 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 女のいない男たち 村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

by G-Tools , 2016/08/16



ハロコン翌日の月曜日は、退屈で仕方なかった。よく毎日こんな退屈な仕事を続けていられたなと絶望し、仕事を辞めてアップフロントに転職しようかと思ったほどだった。しかし、火曜日になると日常に慣れ始めた。一週間経つと、今の生活を恒常的に続けられると思えた。

人間は習慣的動物だ。慣れると麻痺する。退屈を受け入れるようになる。自分はハロプロのコンサートと同じような熱を毎日放射できるだろうか。いやできない、なんて悩みながら、昨日、村上春樹の『職業としての小説家』を読み終えた。途中まで読んで、数ヶ月ほっておいた本だ。もっと早く読んでおけばよかったと後悔したけれど、今読むタイミングだったんだろう、多分。ハロコンと春樹の熱が冷めないうちに自分が今後どうしていくかを書き留めておくことにした。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする