2017年02月13日

けものフレンズの人類学的考察〜動物と人間の違い、現代社会は楽園なのか動物園なのか

photo
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)
けものフレンズプロジェクトA
KADOKAWA 2017-03-25

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (4) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5) ようこそジャパリパークへ(初回限定盤) けものフレンズ ‐ようこそジャパリパークへ!‐ (2) (角川コミックス・エース) けものフレンズ ‐ようこそジャパリパークへ!‐ (1) (角川コミックス・エース) 自己スキーマ【通常盤】 ようこそジャパリパークへ(通常盤)

by G-Tools , 2017/02/13



アニメとは現代における神話ならば、今期最も神話的なアニメは「けものフレンズ」だろう。すごーい! 楽しーい! とやたらボキャブラリーが貧困なけものフレンズ掲示板のニュースを見て、dアニメストアで1話から見ることにした。1話は想像していたよりまっとうなアニメだった。というか萌え系アニメの3D劣化版みたいな感じで、ネットで盛り上がっていなかったら1話で切っていただろう。2話、3話と見ていたら、途中で眠ってしまった。

翌日、3話の動物園の廃墟のあたりからただならぬ雰囲気となり、4話で人類絶滅を予感する展開であると知り、あらためて2話から5話まで見直してみた。最初はつまらないステレオタイプなのに3話あたりから予想を裏切る独自展開になる。まどマギの再来だ。けものフレンズは現代社会の象徴だと思えた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:51 | TrackBack(0) | マンガ・アニメ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

小説から現代詩に変わっても書くものは変わらない

photo
詩学講義 無限のエコー
吉増 剛造
慶應義塾大学出版会 2012-12-08

GOZOノート 1 コジキの思想 怪物君 吉増剛造詩集 (ハルキ文庫) 我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! (講談社現代新書) GOZOノート 2 航海日誌 GOZOノート 3 (わたしは映画だ) 心に刺青をするように 対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫) 根源乃手/根源乃(亡露ノ)手、…… ブラジル日記 (Le livre de luciole (32))

by G-Tools , 2017/02/05



今読んでいる本は、吉増剛造の「私学講義 無限のエコー」。書店に吉増剛造の詩集を買いに行ったら売っていなくて、かわりにこの本を買った(吉増の詩集は本屋滞在中にスマホでアマゾンに注文した)。慶応義塾大学で行われた吉増の講義録。話が際限なく脱線していくというかあっちこっちに話が飛ぶ。論理的につながらないようでいてつながっている。いかにも詩人の本。この講義録を読むと、他の文化人が行った講義はひどくまともというか標準的に思える。続きを読む
タグ:現代詩
posted by 野尻有希 at 23:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

「SWITCHインタビュー達人達」映画監督行定勲×作家宮本輝より印象的な言葉のまとめ

photo
蛍川・泥の河 (新潮文庫)
宮本 輝
新潮社 1994-11-30

錦繍 (新潮文庫) 道頓堀川 (新潮文庫) ミツバチ大量死は警告する (集英社新書) 夢見通りの人々 (新潮文庫) 民主主義 〈一九四八‐五三〉中学・高校社会科教科書エッセンス復刻版 (幻冬舎新書) 優駿〈上〉 (新潮文庫) 地獄変・偸盗 (新潮文庫) 幻の光 (新潮文庫) 優駿〈下〉 (新潮文庫) 萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)

by G-Tools , 2017/01/26



NHK教育「SWITCHインタビュー達人達」映画監督行定勲×作家宮本輝より印象的な言葉のまとめ。

宮本:何か足りないなと思ったらもっと足りなくする。付けたしていくのではなく削っていく。書きたいものを書いたらいけない。書かずに書く。

行定:空気は映らないと言われるけど、僕は空気は映ると思っている。空気は作り出さなければいけない。空気を作れなければ、理想とする場所に俳優をおく。空気や光を求めている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 20:08 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

日記を書く阿呆

今日から日記をつけてみる。今日だけ日記をつけることになるかもしれないけど、まず書き始めてみる。書いているうちに日付変更線を過ぎたから昨日の日記だけど、最後まで書いてみる。

今日は三連休の最終日。録画した「アイドル事変」、「銀魂」などを見てから、本屋に行く。谷川俊太郎、高村幸太郎、金子光晴などの詩集、山頭火句集、穂村弘の歌集、現代詩手帖などを買う。

家に帰ってから、買った本を読み、食事をし、PS4の「バッドフィールド1」をやり、風呂に入り、シティーハンター劇場版のフランス版DVDを見て、「100分de名著」の中原中也詩集第1回の放送を見て、ツイッターに超短編小説と短歌を投稿した。今は日記を書いている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

NHK教育「ニッポンのジレンマ元旦SP 恒例!12人の異才たちが徹底討論」個人的な議事メモ

photo
適切な世界の適切ならざる私
文月 悠光
思潮社 2009-10

わたしたちの猫 洗礼ダイアリー 屋根よりも深々と 死んでしまう系のぼくらに 空が分裂する (新潮文庫nex) 夜空はいつでも最高密度の青色だ 月蟲 中原中也の狂想――早逝した天才詩人の毀れた恋の物語 ユリイカ 2016年8月号 特集=あたらしい短歌、ここにあります 指差すことができない 星か獣になる季節 (単行本)

by G-Tools , 2017/01/03



NHK教育で2017年1月1日夜「ニッポンのジレンマ元旦SP 恒例!12人の異才たちが徹底討論 」が放送された。以下議論全体の中から、個人的に注目した部分の議事メモ。

出演者:古市憲寿(司会)、大澤聡(批評家)、安田洋祐(経済学者)、三牧聖子(国際政治学者)、石山洸(AI研究者)、丸山善宏(数理哲学者)、ライラ・カセム(デザイナー)。安部敏樹(社会問題旅行社代表)、佐藤信(政治学者)、堀口美奈(総合商社勤務)、文月悠光(詩人)、福原志保(アーティスト)

【Post-Truth】
客観的事実よりも感情的な訴えかけの方が世論形成に大きな影響を示している。それぞれの立場の真実が飛び交い、社会が分断。
ライラ:イギリスの場合、新聞が語る言葉は、貧困層の現実とかみ合わない。貧困層は、タブロイド紙やSNSの劇的な言葉に注目する。続きを読む
posted by 野尻有希 at 17:19 | TrackBack(0) | TV論(ドキュメンタリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする