2017年02月13日

けものフレンズの人類学的考察〜動物と人間の違い、現代社会は楽園なのか動物園なのか

photo
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)
けものフレンズプロジェクトA
KADOKAWA 2017-03-25

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (4) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6) けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5) ようこそジャパリパークへ(初回限定盤) けものフレンズ ‐ようこそジャパリパークへ!‐ (2) (角川コミックス・エース) けものフレンズ ‐ようこそジャパリパークへ!‐ (1) (角川コミックス・エース) 自己スキーマ【通常盤】 ようこそジャパリパークへ(通常盤)

by G-Tools , 2017/02/13



アニメとは現代における神話ならば、今期最も神話的なアニメは「けものフレンズ」だろう。すごーい! 楽しーい! とやたらボキャブラリーが貧困なけものフレンズ掲示板のニュースを見て、dアニメストアで1話から見ることにした。1話は想像していたよりまっとうなアニメだった。というか萌え系アニメの3D劣化版みたいな感じで、ネットで盛り上がっていなかったら1話で切っていただろう。2話、3話と見ていたら、途中で眠ってしまった。

翌日、3話の動物園の廃墟のあたりからただならぬ雰囲気となり、4話で人類絶滅を予感する展開であると知り、あらためて2話から5話まで見直してみた。最初はつまらないステレオタイプなのに3話あたりから予想を裏切る独自展開になる。まどマギの再来だ。けものフレンズは現代社会の象徴だと思えた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:51 | TrackBack(0) | マンガ・アニメ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

小説から現代詩に変わっても書くものは変わらない

photo
詩学講義 無限のエコー
吉増 剛造
慶應義塾大学出版会 2012-12-08

GOZOノート 1 コジキの思想 怪物君 吉増剛造詩集 (ハルキ文庫) 我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! (講談社現代新書) GOZOノート 2 航海日誌 GOZOノート 3 (わたしは映画だ) 心に刺青をするように 対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫) 根源乃手/根源乃(亡露ノ)手、…… ブラジル日記 (Le livre de luciole (32))

by G-Tools , 2017/02/05



今読んでいる本は、吉増剛造の「私学講義 無限のエコー」。書店に吉増剛造の詩集を買いに行ったら売っていなくて、かわりにこの本を買った(吉増の詩集は本屋滞在中にスマホでアマゾンに注文した)。慶応義塾大学で行われた吉増の講義録。話が際限なく脱線していくというかあっちこっちに話が飛ぶ。論理的につながらないようでいてつながっている。いかにも詩人の本。この講義録を読むと、他の文化人が行った講義はひどくまともというか標準的に思える。続きを読む
タグ:現代詩
posted by 野尻有希 at 23:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする