2015年05月13日

台風のせいか頭と体が痛いときに

photo
人生はあはれなり… 紫式部日記
小迎 裕美子 紫式部 赤間 恵都子
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-03-27

本日もいとをかし!! 枕草子 教科書では教えてくれない日本文学のススメ (楽しく学べる学研コミックエッセイ) 平安女子の楽しい!生活 (岩波ジュニア新書) アラサーの平成ちゃん、日本史を学ぶ (BAMBOO ESSAY SELECTION) 更級日記 平安時代の元祖文系オタク女子の日記

by G-Tools , 2015/05/13



台風が近づいているせいか、箱根の山に地震が続いているせいか、頭と肩が痛い。近くの同僚も、週末からずっと体の節々が痛いという。

このまま箱根の山が噴火して、横浜や東京まで灰が飛んできて、もし自分まで死ぬようなことがあれば、いったい自分は今まで何をしてきたのかと危ぶまれた。こんなことをしている場合か、いつ箱根が噴火するかわからないのだから、他にやることがあるのではないか。関東、東海、南海でいつ大地震が起きてもおかしくない。自分が生き延びるかどうかもわからない。ならば他にやるべきことがあるだろう。そう思えるのだが、今日もまた頭痛と肩こりを抱えたまま、いつも通り働いて家に帰って来たのだった。

こうして日記をつけていると、後悔ばかり溢れてくる。明日は台風通過の影響で、五月なのに三十度にもなるという。気圧がかわれば、体の痛みはおさまるだろうかと、自分の体の不調ばかりが思い出されて、やりたいことに手をつけられないのだった。

久々のブログ更新。何か書くことも思いつかないので、紫式部日記風に書こうとしたら、紫式部なみにものうげで沈んだ内容になったのでした。こういう時は早く寝た方がいいものの、すでに午前一時を過ぎています。
タグ:日記
posted by 野尻有希 at 01:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418866030
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック