2016年09月08日

ライブレポ:℃-ute12年目突入記念 〜℃-Fes!Part1 9月5日も℃-uteの日 at日本武道館〜

来ました。℃-ute12年目突破記念日本武道館。


9月5日、℃-uteの武道館ライブに行ってきた。九段下駅前で夕食後、武道館に向かう。旧武家屋敷の堀沿いには、「チケットを譲ってくれませんか」と手書きダンボールを持ったおじさん、ハロプロ生写真集の路上販売、現役アイドルのチラシ配り、そして無数の℃-uteファンがいた。

17時30分開場予定だったけれど、40分を過ぎても開場しない。武道館の外で並んで待った。8月お盆前のハロコン、8月下旬のBuono!武道館、そして今日の武道館と、2週間に1回は℃-uteに会っている。土曜日の「9月10日は飛天で℃-uteの日」にも行くし、会う頻度が多い。知り合いにいうと、ハロプロってそんなにコンサートしてるんだと驚かれる。テレビ露出は少ないから、一般の認知は低いけれど、ライブは年中開催しているし、武道館にはファンが集まる。

僕の席は、2階席南西の一番前の席だった。Buono!の時は1階席北西ステージ側面極近。今日はさすがにステージまで遠いけど、スピーカーからの位置がいい。ハロプロ研修生が歌って会場を温めた後、℃-uteのステージが始まった。

セットリストはこちら
00 Hello! まっさらの自分/ハロプロ研修生
01 世界一HAPPYな女の子
02 めぐる恋の季節
03 暑中お見舞い申し上げます
04 桃色スパークリング
05 江戸の手毬唄II
-MC/メダリスト3名登場-
06 EVERYDAY 絶好調!!
07 キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜
08 心の叫びを歌にしてみた
09 LALALA 幸せの歌
10 何故 人は争うんだろう? (フル)
-MC
11 君は自転車 私は電車で帰宅
12 この街
13 会いたいロンリークリスマス
14 次の角を曲がれ (フル)
15 都会っ子 純情
16 THE FUTURE
17 都会の一人暮らし
-MC-
18 わっきゃない(Z)
19 桜チラリ
20 即 抱きしめて
21 大きな愛でもてなして
22 まっさらブルージーンズ
(18〜22 はメドレー)
-MC-
23 The Power (フル)
24 愛ってもっと斬新
25 Crazy 完全な大人
26 The Middle Management〜女性中間管理職〜 (フル)
27 I miss you
28 Summer Wind
-MC-
29 Bye Bye Bye!
30 人生はSTEP
31 SHOCK!
32 Love take it all
33 涙の色
34 悲しきヘブン
-コール&レスポンス-
35 悲しき雨降り
36 FOREVER LOVE
37 アダムとイブのジレンマ (フル)
38 会いたい 会いたい 会いたいな
39 嵐を起こすんだ Exciting Fight! (フル)
40 Danceでバコーン! (フル)
(アンコール)
41 我武者LIFE (フル)
42 ありがとう〜無限のエール〜 (フル)
-MC/感想-
43 Kiss me 愛してる (フル)

18時30分から21時15分過ぎまで、2時間45分に渡るステージで、活動期間11年の間に発表されたシングルA面全43曲を歌いきった。全シングルを歌うと聞いていたけれど、本当に全てのA面曲を歌うとは。時間の都合上、メドレーで省略される曲が多いと思っていたけれど、終わってみればお腹いっぱい。ほんの一部のコーラスで終わったのは、5曲目の「江戸の手毬唄II」だけだった。

オープニング曲の「世界一HAPPYな女の子」は、8月に行った好きなシングルランキングで第2位になった曲と発表された。5曲目まで、ミドルテンポの曲が続いた。最初のMCでスペシャルゲストの登場が発表される。BGMで「ありがとう〜無限のエール〜」がかかる。つんくが出るかな、旧メンバーが出るかな、ハロプロの人気メンバーが出るかなと思っていたら、リオオリンピックでメダルを獲った吉田沙保里、伊調馨、登坂絵莉選手が私服で登場した。

℃-uteは女子レスリングのテーマソング「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」を歌っている。℃-ute解散発表後、吉田選手のツイッターのプロフィール写真が、鈴木愛理をおんぶしている画像に変わった。℃-uteファンにとっては、嬉しいはからいだった。吉田選手たちは、メダルを獲って帰ってくるといって、本当に獲ってきたからすごいと紹介される。℃-uteメンバーが3人のメダルを持つ。「絶対オープニングが一番の盛り上がりだよ」と岡井ちゃんがいう。岡井ちゃんの声がガラガラなので心配になる。翌日のネットニュースや朝のテレビニュースでは、吉田選手達登場シーンが伝えられた。内輪ネタになりがちなハロプロにとって、宣伝効果があったみたい。なおネット情報によると、会場によるとOBメンバーの3人全員いたらしい。

MCでは、まだまだ全然終わってないぜと愛理が会場を挑発する。愛理は最初から最後までずっと楽しそうで、文字通り「元気」だった。彼女の笑顔を見ていると、人生の疲れが癒される。岡井ちゃんは「9月10日武道館」と言ってしまう。いや9月5日だし、とメンバーと会場からツッコミが入る。緊張してるんだよ、みんな9月10日じゃないのに9月5日を℃-uteの日だと思いこんできてくれてありがとうみたいなトークが続く。まあ10日土曜日は武道館の利用料が高いんだろう、月曜日なら安いんだろうと大人の事情を察した。

MCの後もミドルテンポの曲が続く。10曲目「何故 人は争うんだろう?」は、愛理の歌声がのびやか。スタジオ録音を聞いても正直そんなに感銘を受けないけど、ライブでは声量とダンスパフォーマンスの切れの良さに圧倒されるのが、℃-uteの特徴だ。

13曲目はベストアルバムに入っていないけれど、メロディーが印象的な人気曲「会いたいロンリークリスマス」、14曲目は自分の好きな「次の角を曲がれ」。MCでは声がガラガラな岡井ちゃんも、歌う時はハスキーボイスの音圧がすごく、テンション上がってくる。15曲目「都会っ子 純情」は、最近のライブと違い、原曲どおり舞美がセリフをいった。アップテンポの人気曲で会場のテンションもあがってきた。

短いMCの後、インディーズ時代のシングルメドレーになった。会場の照明が明るくなり、天井から風船がふってきた。アリーナ席の観客は、風船をスパイクしたり、割ったり。なっきぃがファンに向けて風船を飛ばそうとしたけど、スパイクがうまく当たらなくてとまどう。

22曲目「まっさらブルージーンズ」の後は、衣装チェンジ時間。舞美、なっきぃがデビュー以降の前期活動を振り返った後、愛理、岡井ちゃん、まいまいに交替。岡井ちゃんが、昔はダンスを覚えられなくて、ごまかすのが上手だった、さっきのステージで久々にポジションを忘れてとまどったと告白。僕も風船が中央ステージに溢れていた時、何か岡井ちゃんの立ち位置おかしいなと思っていた。いわなきゃわかんなかったのに、風船の整理してる風船屋さん係かと思ってたよな他のメンバーがつっこむ。

舞美となっきぃが着替えて戻ってくると、愛理が舞美の方を見て、「汗すごいね。髪の毛ひじき復活だよ」という。舞美の発汗量が多いことは、ファンの間で有名な話だ。武道館の前までは髪を過去最高に伸ばしていたのに、前も後ろもばっさり切った。リハ中に汗かきすぎて、これじゃ体が持たないと思ったそうだ。愛理のひじき発言に対して、舞美が「うん、ひじき」と返す。汗で濡れた前髪がべったりおでこについている。すると、「私昨日ひじき食べた」とまいまいがいう。「何ひじきトークしてんだよ」と岡井ちゃん。ここらへんのやりとりの天然さは、ハロプロの伝統芸だ。

23曲目からは最近のシングル曲が続く。26曲目「The Middle Management〜女性中間管理職〜」は、スタジオ録音では印象に残らない曲だったけれど、ライブで聴いたら音圧とダンスがすごかった。5人とも声量のあるメンバーが交互にかけ合うと、音圧が増す。歌パートが少ないなっきぃのダンスはキレッキレだし、℃-uteは実力、経験ともに現代日本最強クラスのアイドルだとまた思う。

ライブ後半は、テンポのはやい人気曲が並ぶ。メンバーが現在の5人体制になって初のシングル「SHOCK!」が31曲目。サビのユニゾン以外は愛理一人が歌う。客数が減り、やる気をなくしたメンバーもあり、 SHOCK!ショックとも言われるこの曲、最近のライブでみなかったけど、やっぱりいい曲だ。

34曲目「悲しきヘブン」の後、再びMCで客席を煽る。まだまだあるんだぜと、挑発してくる愛理がかわいい。35曲目「悲しき雨降り」、40曲目「Danceでバコーン!」。Danceでバコーン! とライブで盛り上がる。

一旦終了。キュートコールが鳴り響く。真っ暗な会場にサイリウムが美しい。明るくなってメンバー登場。41曲目「我武者LIFE」、42曲目「ありがとう〜無限のエール〜」。メンバー全員から感謝の言葉のMC。愛理は、会場のみなさん見ていたんですけど、毎回来てくれてる方もいるし、ああ久しぶりに来てくれたんだなと思った方もいたし、何年も前のTシャツ着てきてくれたな、大事にしてもらってるんだなとコメント。戻ってきてくれた人大歓迎、またきてくださいと他メンバーがいう。

9月5日なのに℃-uteの日といって、だましてごめんなさいと岡井ちゃん。だましてないからとメンバーから総ツッコミ。いやだましてるでしょ、だまされてきてくれてありがとうと岡井ちゃん。ラスト9か月、最後まで泣かずに笑顔でやると岡井ちゃんがいうと、さっき号泣してたじゃんとメンバーからつっこみが入る。今からもう泣かないんだよと岡井ちゃん。

泣かずに笑顔で歌い続けたいとまいまいもいう。いい感じで終わりそうになったのに、最後に「うふふふふふ」とまいまいが不気味に笑う。今の笑いやり直した方がいいよ、こわかったよと愛理ほかにつっこまれる。

ラストは、シングル人気ランキングダントツ1位の曲ですとリーダー。もうみんなわかっている。43曲目「Kiss Me 愛してる」。ライブの最後の曲っぽくないなと思いつつ、43曲本当にガチで歌いきるノリが℃-uteっぽい。

終わって会場を出ようと思ったら、メンバーからお別れの挨拶が続いた。奥のステージから左右にいった後、「まだ帰らないよー」と武道館中央ステージに進み、中央から戻った後も「まだ続くよー」「まだだよー」とばいばいが続く。本当にファン思いな気持ちが伝わる。

というわけで、21時18分頃にステージ終了。新幹線がある人などは急いで帰る。

終演を告げるアナウンスが鳴る。「team ℃-uteの皆さんの声援のおかげで全シングル43曲をお届けすることができました ℃-uteの11年の歴史を感じていただけましたでしょうか? あと9ヶ月、一緒に歴史を刻んで行きましょう」。事務所は9か月たっぷり儲けるつもりだろうが、ファンだからいけるステージにはいきたい。5人の全力のパフォーマンスを最後まで堪能したいという気持ちになった。

photo
℃-uteコンサートツアー2016春 ~℃ONCERTO~ [Blu-ray]
℃-ute
アップフロントワークス(ゼティマ) 2016-09-28

アンジュルム コンサートツアー2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~ [Blu-ray] わたしの季節 [Blu-ray] ℃maj9 SPECIAL LIVE [DVD] Juice=Juice LIVE MISSION 220 ~Code3 Special →~Growing Up!~ [Blu-ray] モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】 ℃-ute 矢島舞美 写真集 『 ひとりの季節 』 Amazon限定カバーVer. 演劇女子部「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」 [DVD] カントリー・ガールズ 1st OFFICIAL BOOK どーだっていいの/涙のリクエスト(初回生産限定盤C)(DVD付)

by G-Tools , 2016/09/08

タグ:℃-ute
posted by 野尻有希 at 23:16 | TrackBack(0) | アイドル論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック