2012年08月17日

映画レビュー:ノーラン監督『インセプション』〜行動力よりアイデア

photo
インセプション [Blu-ray]
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】マトリックス ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】セブン ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション(2枚組) ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray]

by G-Tools , 2012/08/17




『インセプション』は、『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督/脚本、ディカプリオ、渡辺謙、レヴィットら出演のSFアクション映画。サイコサスペンスで、哲学的で、ダークで重厚長大なんだけれど、『ダークナイト』同様に娯楽アクションとしても成立している。同系統の名作SF映画『ブレードランナー』や『マトリックス』は個人的に好みじゃなかったけれど、『インセプション』は好みのど真ん中だった。 キューブリック、タルコフスキーなどのオマージュも入っている。娯楽アクションと哲学的サイコサスペンスと恋愛ドラマのバランス配分が最適。

映画を見て改めて、現代社会における「アイデア」の重要性を思い知った。変化が激しいビジネスの世界ではアイデアが重要と言われて久しいけれど、アイデアよりも行動力、アイデアを実現する実行力や行動を継続する力の方が大切ではないかと思っていた。けれど『インセプション』を見て反省。最初のアイデアが間違っていれば、実行力や継続力があっても間違った方向に進んでしまう。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:37 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

NHK『クローズアップ現代』「永遠の映画少年・スピルバーグ創造の秘密」のまとめ



NHK『クローズアップ現代』「永遠の映画少年・スピルバーグ創造の秘密」のまとめ。

<国谷キャスターがスティーブン・スピルバーグ監督にインタビュー>
・イギリスの児童文学を原作とした最新作『戦火の馬』。主人公は、貧しい農家の青年にひきとられた一頭の馬ジョーイ。ある日、戦争に借り出される。
・この物語のどこに引かれ、監督したいと思ったのか?
「私は今まで何度も戦争を描いてきた。しかし、戦争を通じて、愛や情熱を描いてきたことはなかった。これは戦争映画ではなく、ラブストーリー。馬のジョーイは、戦場で憎しみに浸っている兵士を癒すシンボル。戦争という過酷な環境でも、動物がいることによって、人々は憎しみや敵意を忘れることができる。それを伝えたかった」
続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:20 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

映画批評:「松嶋x町山の未公開映画を観るTV」より「LIFE2.0」〜セカンドライフの性愛事情



東京MXで放送されている「松嶋x町山の未公開映画を観るTV」でセカンドライフを扱ったドキュメンタリー映画「LIFE2.0」が2週に渡って放送された。

セカンドライフ内で恋人同士になった二人が現実でも会う。二人とも確か結婚しているいい大人だけど、離婚して、再婚するのだという。男が彼女のリアルな家を訪問。二人とも、現実の姿と、セカンドライフ内のアバターの姿そっくり。彼女のリアルな家の部屋も、セカンドライフの自室とそっくり。彼女に娘がいるが、娘は心を開かない。二人はセカンドライフ内でよくセックスしている。マイクとヘッドフォンつけながらのバーチャルセックスだから、なんかすごい。SF的な感じw。続きを読む
posted by 野尻有希 at 07:32 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

映画批評:ソクーロフ『エルミタージュ幻想』

photo
エルミタージュ幻想 [DVD]
紀伊國屋書店 2003-09-20

アレクサンドル・ソクーロフ DVD-BOX (孤独な声/日陽はしづかに発酵し…/ファザー、サン) ヴィターリー・カネフスキー DVD-BOX 太陽 [DVD] アレクサンドル・ソクーロフ DVD-BOX 2 (痛ましき無関心/マザー、サン/モレク神) サクリファイス  スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]

by G-Tools , 2010/11/06



11月6日23時より、NHKBS2で『BSアーカイブス名作選ハイビジョンスペシャル「エルミタージュ幻想」』が放送された。『エルミタージュ幻想』は、ロシアの監督ソクーロフの映画。ドイツ・ロシア・日本合作。2002年カンヌ国際映画祭正式招待作品。エルミタージュ美術館を90分ワンカットで撮影した作品。小説だったら、ワンカットでずっと描写し続ける作品などもあるけれど、90分以上の映画でワンカット撮影は、世界初の試み。映画の中では、ロシア300年の歴史が語られる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:56 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

映画批評:『ある子供』2005年カンヌパルム・ドール受賞作

photo
ある子供 [DVD]
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
ハピネット・ピクチャーズ 2006-06-23
おすすめ平均 star
star期待していただけに
star実際に子供を授かった父親の立場から
starおとなになれるかな
starただの現実
star難しいテーマ挑戦の心意気は買うが

息子のまなざし [DVD] 4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD] ロルナの祈り [DVD] カティンの森 [DVD] エレファント デラックス版 [DVD]

by G-Tools , 2010/09/21



2005年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。2003年パルム・ドールの『エレファント』では、アメリカの学校で起きた銃乱射事件が取り上げられたが、『ある子供』が描写するヨーロッパでは、若者の失業者が溢れている。いくら教育だ、人権だ、世界平和だ、ヨーロッパ統合だと言っても、盗みで生計をたてざるを得ない若者の日常と、お説教は程遠い。映画が切り取る過酷な現実を前にして、理想論は無力だ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:17 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

映画批評:『4ヶ月、3週と2日』カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作の中でも10年に1本の名作

photo
4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2008-09-10
おすすめ平均 star
starいい作品です、が・・・・
starスリリングな演出に満点
star静かな重みと余韻が残ります。
star長まわし
star非の付けどころがないほどだけど

サラエボの花 [DVD] やわらかい手 スペシャル・エディション [DVD] ぜんぶ、フィデルのせい [DVD] 地上5センチの恋心 [DVD] トゥヤーの結婚 [DVD]

by G-Tools , 2010/09/19



2007年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。1987年、共産党時代末期のルーマニアで、女子大学生が違法妊娠中絶をするお話。

ここ数年見た中で、最高の映画だった。オープニングからエンドロールまで、緊張感が持続する。次の展開が読めないから画面に集中しっぱなしになる。政治、社会メッセージが展開されるわけではない。ある時代に生きた若者の一日が描写されるだけだけれど、この映画に触れると、共産主義時代のルーマニアが観客の心に迫ってくる。すばらしい映画を見ることができてよかったと、心から思えた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:14 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

映画批評:ケン・ローチ監督『麦の穂をゆらす風』2006年カンヌパルム・ドール受賞作

photo
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]
ポール・ラヴァティ
ジェネオン エンタテインメント 2007-04-25
おすすめ平均 star
star緑のアイルランド、灰色の木々
star怒りのなかからわきあがる悲しみ
star我々の知らないアイルランド現代史を描く傑作、日朝関係と良く似ている。
starリアリティより作り手の生真面目さを強く感じてしまった
starテロはなぜ起こるのか

この自由な世界で [DVD] マイケル・コリンズ 特別版 [DVD] 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] アイルランド・ライジング [DVD] 約束の旅路 デラックス版 [DVD]

by G-Tools , 2010/09/18



2006年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。アイルランド独立戦争の歴史を描いた映画。最初はあまりに政治的、社会問題的な描写の連続に、映画の審査員はこういうのが好きだろうなと思いながら見ていたが、結局3回泣いた。「何故こんな酷い目にあわなければならないのか」と思って、涙が出てくる。歴史に翻弄される個人が描写される。続きを読む
posted by 野尻有希 at 13:37 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

映画批評:『イージーライダー』アメリカン・ニュー・シネマの魅力

photo
イージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-03-19
おすすめ平均 star
star戦争の後にはいい作品が生まれる
star若者に厳しい理不尽なアメリカ
starこの映画を無視して時代を語れない

ハーレーダビッドソン&マルボロマン [DVD] タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD] 博士の異常な愛情 デラックス・コレクターズ・エデション (2枚組) [DVD] アラビアのロレンス [完全版]デラックス・コレクターズ・エデション (2枚組) [DVD] ブリット [DVD]

by G-Tools , 2010/08/26



『佐野元春のザ・ソングライターズ』にムーンライダーズの鈴木慶一がゲスト出演した際、好きな映画としてあげていた。『イージーライダー』を見て、時間に生きることをやめたそう。前から見たいと思っていたので視聴。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:50 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

アカデミー賞『アバター』敗北『ハート・ロッカー!!』勝利に賛成

第82回アカデミー賞が発表された。今年は、驚異的な速さで世界の興行収入記録を塗り替えた3D娯楽大作映画『アバター」が注目されていた。『アバター』は最多9部門にノミネートされたが、受賞は撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門のみ。『アバター』と同じく最多9部門にノミネートされた『ハート・ロッカー!!』が、作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響効果賞の6部門を受賞し、『アバター』に圧勝した。

『ハート・ロッカー!!』の監督キャサリン・ピグローは、『アバター』キャメロン監督の元妻で、女性初のアカデミー監督賞受賞となる。『ハート・ロッカー!!』はイラク戦争をテーマにした映画である。アカデミー審査員は、SF大衆娯楽映画よりも、今日現在も選挙中にテロが起きて紛糾中のイラクを舞台にした社会派作品の方を評価した。『アバター』も戦争や暴力を批判するテーマがあるとのことだが、やはりイラク戦争の方をこそ、映画として問題提起すべきだとアカデミー会員は判断したのだろう。

今回の『アバター』惨敗に対して、一般映画ファンに売れている作品を評価しないのはいかがなものかという批判が既にあがっているが、個人的には『ハート・ロッカー!!』受賞に賛成。売上・利益を出すこと、よりたくさんの人の心をつかむことと、映画作品の文化的価値は、全く別物だからである。

なんていうことを思ったのも、『スウェーデンにみる個性重視社会』という本を今日読んでいたから。文化について扱った章で、1974年にスウェーデンの国会で採択された文化政策の目標が引用されていた。その中に「文化分野における商業主義の悪影響を防ぐこと」という目標があった。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:49 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

映画評:『ダークナイト』〜アメリカのメタファーとして

photo
ダークナイト [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-12-10
おすすめ平均 star
star面白い!!
starあれ?
star監督がインテリなんでこんなバットマンになる
star満足です!
starジョーカーかっこいい!

バットマン ビギンズ [Blu-ray] アイアンマン (2枚組) [Blu-ray] ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray] スピード・レーサー [Blu-ray] インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

by G-Tools , 2010/02/08



ヒーローもの映画のはずなのに、アメリカン・ギャングの実態を描く社会派の犯罪映画と同じ光加減、殺伐とした雰囲気が始終画面に漂う。悪役と戦うバットマンが、暴力を振るう悪漢にしか見えないところが素晴らしい。正義の味方のはずのバットマンは、法に従わない存在として描かれる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:42 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

映画評:『スラムドッグ$ミリオネア』と『三銃士』とインドの関係

photo
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
メディアファクトリー 2009-10-23
おすすめ平均 star
starアカデミー賞に相応しい映画
starお金がすべてではない。愛、絆、苦しい人生を描いた傑作
star涙と笑いのマサラムービー
starインディア~
star運ではなく「勝つ運命だった」。正直者に女神が微笑んだ瞬間。

ミルク [DVD] グラン・トリノ [DVD] 天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD] 消されたヘッドライン [DVD] レスラー スペシャル・エディション [DVD]

by G-Tools , 2010/02/04



イーストウッド『グラントリノ』を見た後では、よくできた娯楽映画としか思えない。『グラントリノ』に比べればはるかに娯楽作品だけれど、うまい具合に社会問題を物語の中に織り込んでいる。けれど大筋は、冒険活劇。映画の物語がそのままゲームのシナリオになる。

物語の中で何度もデュマの小説『三銃士』が言及される。『三銃士』は、スラム育ちの主人公たち三人の絆に重ねられるし、ミリオネア・クイズの最終問題ともなる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:22 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

映画評:イーストウッド『グラントリノ』に見た新自由主義アメリカの終焉

photo
グラン・トリノ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-09-16
おすすめ平均 star
starTVのローハイドから
starやるせなさのその先に、一筋の光が視えた
starイーストウッドの総括
star序盤〜中盤では、頑固爺と若者たちの自然なふれ合いムードがすごくいいかんじなのに、ああいう悲惨な結末って必要なんでしょかね・・・?
star最高にカッコイイ頑固オヤジ

チェンジリング 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] スラムドッグ$ミリオネア [DVD] チェンジリング [DVD] ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション [DVD] レスラー スペシャル・エディション [DVD]

by G-Tools , 2010/02/01



舞台は現代アメリカ、車が売れなくなった工業都市デトロイト。クリント・イーストウッド演じるウォルト・コワルスキーは、朝鮮戦争の帰還兵で、元フォードの自動車工。ポーランド移民系でカトリックだが、無神論の合理主義者である。人種差別発言を繰り返すタフでクールな頑固オヤジだが、鼻にピアスしている孫娘からも、仕事で忙しい息子一家からもウザがられている。

イーストウッド演じるウォルトは、老後のダーティー・ハリーのよう。新自由主義政策でごりごりやって、世界にも正義を示そうとしたのに、経済が崩壊して総スカンをくらって自信を喪失しているアメリカ合衆国をイーストウッドが演じているかのような印象を持った。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:43 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

映画批評:ソフィア・コッポラ『マリー・アントワネット』ロック音楽の利用について

photo
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
ソフィア・コッポラ
東北新社 2007-07-19

王妃マリー・アントワネット [DVD] Marie Antoinette さくらん [DVD] ヴァージン・スーサイズ [DVD] マリー・アントワネットの真実 [DVD]

by G-Tools , 2010/01/11



フランス革命でギロチンに処されたマリー・アントワネットが、オーストリア・ハプスブルグ家からフランスに嫁ぐ場面から始まり、フランス革命軍に捕まる場面で終わる映画。

マリー・アントワネット役の女優が現代的でとっても可愛い。ハプスブルグ家から一人フランスに嫁いだマリー・アントワネットは、フランスの王侯貴族から好奇の視線にさらされる。社会の外部から来た異端のマリー・アントワネットを見つめる瞳は、冷たく、嫌らしく、排外的。フランス王侯貴族は世界文化最先端のエリートとして描かれているわけではなく、全員どこかまぬけ顔。マリーの夫となる皇太子は不細工でおどおどしており、情けない様子。オーストリアから来たマリー・アントワネットだけが、輝くばかりに可愛らしく、このあたりの対比描写は、フランスのエリート意識を嘲笑している感がある。始終毒のきいた映画だ。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 11:31 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

クローズアップ現代:反骨の映画監督マイケル・ムーア

クローズアップ現代、12月3日の放送は、「反骨の映画監督マイケル・ムーア」。

photo
どうするオバマ?失せろブッシュ!
Michael Moore
青志社 2008-09

アホの壁 in USA アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks) キャプテン・アメリカはなぜ死んだか 超大国の悪夢と夢 アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (SHUEISHA PB SERIES) アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?

by G-Tools , 2009/12/04



日本初来日のマイケル・ムーアをNHKのスタジオにむかえ、インタビューが行われた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:55 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

映画評:イーストウッド監督『チェンジリング』

映画の基本的、伝統的な文法にそって物語をたどる脚本になっているんだけど、どんな前衛映画よりも前衛的に見えるイーストウッドマジックが炸裂している映画。

photo
チェンジリング [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-07-17

グラン・トリノ [DVD] ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD] ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD] ザ・クリーナー 消された殺人 [DVD] オーストラリア [DVD]

by G-Tools , 2009/11/24


続きを読む
タグ:映画
posted by 野尻有希 at 22:26 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

映画評:リドリー・スコット監督『ブレードランナー』

photo
ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11
おすすめ平均 star
star素晴らしい
star噂に違わぬ質
star微妙・・・
starザーーーー
starようやく時代が追いついた作品

2001年宇宙の旅 [Blu-ray] ダークナイト [Blu-ray] バットマン ビギンズ [Blu-ray] アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray] ショーシャンクの空に [Blu-ray]

by G-Tools , 2009/09/29



『ブレードランナー』は1982年公開のアメリカ映画であり、20世紀を代表するSF映画の一つと評価されている。原作は、20世紀を代表するSF小説家、というよりSFとジャンルを超越して、もっと評価すべき小説家フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』である。

アジアのイメージがまじった、退廃的な近未来都市の映像。カットがどれも美的に意味づけられていて格好いい。SF映画といえば、旧ソ連のタルコフスキー監督の映像美は超絶的に別格であり、ハリウッドのSF映画なんて、美学も何にもない商業第一主義と思っていたけど、『ブレードランナー』には、タルコフスキー的な映像の美しさがあった。

ディックの原作のファンとしては、原作であった名シーンがもっと映画であればなと思ったけれど、原作の風格を別に汚していないし、映画独特の魅力もある。悪くない映画だ。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』という原作タイトルにもあらわれているような、アンドロイドと人間の実存をめぐる哲学的な問題意識は、わりとばっさり切り捨てられている。その分映像、背景、衣装、小道具、画面の色使いが、多くを語っている。

レビュープラス
タグ:映画評
posted by 野尻有希 at 22:44 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

韓国映画評:カン・ジュギュ監督『シュリ』

photo
シュリ [DVD]
カン・ジェギュ
カルチュア・パブリッシャーズ 2006-06-23
おすすめ平均 star
star日本映画よ永遠に
star泣きました
star悲しすぎる・・・
star韓国映画ブームの火付け役
star映画館で6回観ました。

八月のクリスマス [DVD] 二重スパイ [DVD] シルミド / SILMIDO [DVD] シルミド/SILMIDO [DVD] カル [DVD]

by G-Tools , 2009/07/05



韓国映画ブームの火付け役と言われる1999年の作品。同じ監督の『ブラザーフッド』がすごいクオリティーだったので見たけれど、結果的には『ブラザーフッド』主演のチャン・ドンゴンはめちゃくちゃ格好よかったなという認識の強化につながった。前半は楽しめなかったけれど、後半、北朝鮮のスパイを追う主人公の恋人の女性が、実は北朝鮮のスパイだったことがわかったあたりから、面白くなった。北朝鮮がミサイルを発射すると、日本では北朝鮮の暴挙をとめろという論調が強くなるけれど、韓国と北朝鮮は本来一つの国であるはずなのに、世界政治的な都合により、分断され続けている事実は忘れ去られている。

民族の歴史的な悲劇を語る最後の方のシーンを見ていて、もっと朝鮮半島に生きている人々よりの立場で、北朝鮮のミサイル報道をしたらいいのに、何でマスコミは日本人の恐怖と憎悪を煽り立てる報道しかしないのかと悲しくなった。そっちの方が視聴率がとれて、共感を呼んで、スポンサーの受けもよくなるからといって、そっちの道を選択してよいものだろうか。『シュリ』的なニュースの描き方もあるのではないだろうか。
posted by 野尻有希 at 23:51 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国映画評:『シルミド』

photo
シルミド/SILMIDO [DVD]
キム・ヒジェ
アミューズソフトエンタテインメント 2006-06-23
おすすめ平均 star
starもったいない
star涙無しには見れない・・・!
star31
star最高の韓国映画
star韓国現代史の悲惨さ

ブラザーフッド (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第3弾) [DVD] シュリ [DVD] 殺人の追憶 [DVD] 光州5・18 スタンダード・エディション [DVD] シルミド―「実尾島(シルミド)事件」の真実

by G-Tools , 2009/07/05



南北朝鮮の緊張が高まる1960年代末。キム・イルソン暗殺計画を実行するため、シルミドと呼ばれる無人島に31人の男が集められる。国に存在しないことになっている男たち31人。生きた殺人兵器となった彼ら31人が作戦を実行しようとした直前、南北和解ムードの到来により、作戦は中断される。キム・イルソン暗殺計画が、公表されたら、南北和解ムードに傷がつく。韓国政府は、シルミドの31人を暗殺しようとする。彼らは反乱し、ソウルに向かうが、共産主義者の反政府ゲリラとして殺される。当時のニュースでは、共産主義のゲリラが死んだと報道された。歴史上隠蔽された、国家の都合によって存在を殺された31人の真実の映画化。

歴史上隠された事件、別の事件に仕立てられた事件を映画や小説にして残しておくことの必要性再認識。
posted by 野尻有希 at 23:41 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国映画評:カン・ジュギュ監督「ブラザーフッド」

photo
ブラザーフッド スタンダード・エディション [DVD]
カン・ジェギュ カン・ジェギュ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-01-25
おすすめ平均 star
starブラザーフッド
star人類の愚行の一部
star戦争の罪が鋭くえぐり出されている作品
star私はこの戦争を知らない
star悲しい過去。

タイフーン [DVD] シルミド / SILMIDO [DVD] 二重スパイ [DVD] シュリ [DVD] 殺人の追憶 [DVD]

by G-Tools , 2009/07/05



朝鮮戦争に従軍した二人の兄弟愛を描いた韓国映画大ヒット作。戦場の描写のリアルさがすごい。「硫黄島の戦い」を超える迫真の映像で、レベルの高さを喜んだ。兄さん役のチャン・ドンゴンがめちゃくちゃ格好いい。あんなふうに弟想いで責任感がある面倒見のいいお兄さん、現代社会化が進展した日本にはもういないだろうと思える。

熱くて、王道の映画作りで、よくよく考えれば何回も繰り返されてきたテーマと物語だろうけれど、ここまでクオリティー高く作れば、王道の物語というのは、やっぱり楽しめる。朝鮮戦争の悲劇。同じ民族同士で戦うこと。映画をみていて、韓国には共産党がないのかなと思った。共産党員の容疑者イコール北朝鮮の支持者とみられ、摘発、殺される。
posted by 野尻有希 at 23:32 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国映画評:「光州5.18」

photo
光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]
イ・ジュンギ, キム・サンギョン, イ・ヨウォン, アン・ソンギ, キム・ジフン
角川エンタテインメント 2008-12-05
おすすめ平均 star
star買いです。
star少し勉強してから…
star光州事件の真実を、ようやく知ることができました
star2008年最高の傑作だと思う
star光州事件の映画化

シークレット・サンシャイン [DVD] 家族の誕生 [DVD] 1番街の奇蹟 [DVD] 裸足のギボン [DVD] ハピネス [DVD]

by G-Tools , 2009/07/05



韓国映画をはじめてみた。きっかけは、NHK教育のETV特集。韓国では規制が強かったけれど、映画人たちは政治体制、韓国の現代史を批判する映画を作っていく。「光州5.18」は、1980年、光州市で起きた民主化を求める学生や市民と韓国軍が衝突し、多数の死傷者が出た実話を元にした映画。

朴正煕(パク・チョンヒ)は、クーデターで政権を奪取して1963年から1979年まで、軍事独裁体制を築いた。背景には、北朝鮮の侵略を武力で防ぎたいアメリカの思惑がある。アメリカは共産主義の拡大を防ぐためには、軍事独裁政権も支持する。1979年、朴正煕が暗殺された後、韓国には民主化ムードが広まるが、全斗煥(チョン・ドファン)陸軍少将がクーデターにより軍部を掌握、全国に戒厳令を敷く(全斗煥は後に大統領になる)。この時に起きたのが、光州事件である。

軍のクーデターに反対する学生、市民がデモを行うと、特殊部隊がやってきて殴る蹴る血が出る殺される。下着だけにされて連行される。本当ひどい暴力の連鎖。軍部は光州から撤退しますというアナウンスが流れて、民衆が喜んでいる最中にも、約束を破って一斉射撃、多数の死傷者が出る。死傷者を助けに来た救急車も射撃の対象になる。

この映画を見て、文学は世界中で必要と思った。国民国家ができる時に文学ができる。というか、民主化、独立運動が起きる時に、文学ができる。自分たち自身で、自分たちの記録を残すこと。それが文学であり、世界中どこの国でも、社会でも、民主化、独立を目指す時に文学が記録される(まあヒトラーも獄中で「わが闘争」を書いたけど)。それは日本、韓国、北朝鮮、中国、ベトナム関係なく、声は記録される。北朝鮮でも今、民主化を求める人たちは、文学を記録しているだろうか。気になる。
posted by 野尻有希 at 23:25 | TrackBack(0) | 映画論(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする