2014年02月25日

レビュー:成馬零一「キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家」



この本ではキャラクタードラマ時代の代表的脚本家として、「ちゅらさん」、「泣くな、はらちゃん」などの岡田惠和、「最高の離婚」、「Woman」などの坂元裕二、「家政婦のミタ」の遊川和彦、「あまちゃん」の宮藤官九郎、「すいか」の木皿泉、「リーガルハイ」の古沢良太という6人の脚本家を取り上げて評論している。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:16 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

レビュー:新井一「シナリオの基礎技術」

photo
シナリオの基礎技術
新井 一
ダヴィッド社 1985-11

映画 テレビ シナリオの技術 シナリオ作法入門―発想・構成・描写の基礎トレーニング シナリオの基礎Q&A いきなりドラマを面白くするシナリオ錬金術 (シナリオ教室) 映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

by G-Tools , 2014/02/23



シナリオ・センター創設者・新井一によるシナリオ基礎技術まとめテキスト。古い本だけれど、今のドラマ、映画製作にも通じるバイブル的存在。シナリオ・センター出身者にとっては、能にとっての世阿弥の『風姿花伝』みたいなもの。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:31 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

レビュー:柏田道夫「シナリオの書き方―映画・TV・コミックからゲームまでの創作実践講座」



シナリオ本のまとめシリーズ。「シナリオの書き方」。「エンタテイメントの書き方1」の後に読むと、原理原則の理解が進みます。

<作品に説得力を与える>
・シナリオ・ライター初心者の作品に欠けているのは、シナリオの欠点をカバーする説得力。説得力とは、リアリティー。現実らしさ、本当らしさ。嘘の話をいかに本当っぽく語るか、上手に嘘をついた作品ほど面白い。プロは嘘のつき方がうまい。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:27 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

NHK教育「SWITCHインタビュー達人達〜演出家・宮本亜門×ゆず・北川悠仁PART1」より印象的な言葉をピックアップ



NHK教育「SWITCHインタビュー達人達〜演出家・宮本亜門×ゆず・北川悠仁PART1」より印象的な言葉をピックアップ。

北川:稽古現場がすごいポジティブだった。もっと殺伐としていると思った。
宮本:結果的にこうなった。なるべく全員の心をマッサージして、対等にする。
北川:昔は机ひっくり返したりした?
宮本:机をひっくり返した時は、実は酒を飲んでいる役者さんがいた。当時はみんな年上、舐められてるなと思ってやったら逆効果だった。いろいろ悩んだ結果、海外で仕事をしたりしても、演出家らしい特別なスタイルがあるわけではない、全然ばらばらでよい、その人のやり方でよいとわかった。演出の目的は、舞台が一番いきいきして、出演者達自身が喜べたり楽しめるようにすることだと思ったら、やり方が変わった。続きを読む
posted by 野尻有希 at 12:21 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

レビュー:『月刊「ドラマ」別冊 エンタテイメントの書き方 1』



ドラマ脚本の創作に関わる本のレビューをブクログから転記します。このブログにも残しておきたいので。最初は、シナリオ・センター柏田先生の本のレビュー。コンクール講座会場で、月刊ドラマ編集部が在庫セール販売していたのを購入。以下記憶する内容をピックアップ。

○人物の紹介
そのままの登場は、誰でも思いつく。
人物の仕事ぶりを描きつつ、観客の興味を持続させつつ登場させる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:36 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

「プロフェッショナル・仕事の流儀〜日本料理人・山本征治の仕事〜覚悟をもって、我が道を行く」より印象的な言葉のまとめ



「プロフェッショナル仕事の流儀〜日本料理人・山本征治の仕事〜覚悟をもって、我が道を行く」DVDを購入して視聴した。山本さんのことは、NHKのドキュメンタリー番組『ふたり・しのぎあい、果てなき絆〜日本料理人・山本征治×奥田透〜』で知った。先月、雑誌「到知」に対談記事『我ら、料理の道を究めん〜日本料理龍吟代表・山本征治×銀座小十店主・奥田透』が出ており、それを読んだ時も感銘を受けた(2つとも過去にブログ記事にしています。リンクは最後にあります)。アマゾンで調べたら「プロフェッショナル」のDVDが出ているとわかったので購入。以下印象的な箇所をピックアップ。

<山本にとってプロフェッショナルとは?>
山本「何事も覚悟、覚悟なんですよね。自分自身の出した結果でしか自分自身を語ることができないし、自分自身が出した結果だけでしか、人に語ってもらうことができない。そういう世界で生きていくっていう覚悟を決めた人のことだと僕は思います」続きを読む
posted by 野尻有希 at 14:00 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

世阿弥「風姿花伝」まとめ〜NHK教育『100分de名著』より

photo
世阿弥『風姿花伝』 2014年1月 (100分 de 名著)
土屋 惠一郎
NHK出版 2013-12-24
売り上げランキング : 92

フロム『愛するということ』 2014年2月 (100分 de 名著) ドストエフスキー『罪と罰』 2013年12月 (100分 de 名著) 松尾芭蕉『おくのほそ道』 2013年10月 (100分 de 名著) 世阿弥の言葉――心の糧、創造の糧 (岩波現代文庫) 『老子』 2013年8月 (100分 de 名著)

by G-Tools , 2014/02/06



NHK教育『100分de名著』、1月は世阿弥「風姿花伝」が取り上げられた。演劇をやっていた高校の頃、よく顧問の先生から「秘すれば花なり」と言われていたけど、今回の放送を見て「風姿花伝」の奥深さに気づいた。人生全般について語っている。以下まとめ。

<第2回 初心忘るべからず>
「初心忘るべからず」とは、一般的に思われているように、芸をやり始めた頃の最初の気持ちを大事にしなさいという意味ではない。

子どもの頃、青年期、中年期、老年期、それぞれの時期に人々から重宝されても、やがて壁にぶつかる。例えば、少年時代美少年美少女と言われていても、青年期になればそうは言われなくなる。青年時代にいい男、いい女と言われていても、中年になれば容姿が衰えるし、求められる芸の質が変わる。つまり、それぞれの歳にふさわしい花、芸があると言える。

演者は、それぞれの時期にぶつかる壁を乗り越えて、成長することで、次の時期に行ける。続きを読む
posted by 野尻有希 at 11:45 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

NHK教育「SWITCHインタビュー達人達〜映画監督・三池崇史×写真家・操上和美」より印象的な言葉のまとめ

photo
藁の楯 わらのたて(通常版) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-09-18

プラチナデータ DVD  スタンダード・エディション 脳男 [DVD] 図書館戦争 スタンダード・エディション [DVD] キャプテン・フィリップス [DVD] オブリビオン (サントラ・ショートエディションCD付き)(初回生産限定) [DVD]

by G-Tools , 2014/02/02



NHK教育「SWITCHインタビュー達人達〜映画監督・三池崇史×写真家・操上和美」より印象的な言葉のまとめ。先に後半の三池崇史監督パートからまとめます。

操上:チームワークというものじゃない。プロとプロとのセッション。
三池:一人一人ばらばらに存在して、ばらばらの夢を持っている人達が、1つの台本の中に夢を見て、ものを作っていく場所を提供している。現場そのものが、自分の一番の作品だと思う。戦いつつ、同じ方向に向かっているだろうけど、それぞれは違う勝負を仕掛けている。今までのノウハウの中でおさめてもらうよりも、自分達がやりたいなと思っていたが、今までいろんな制約でできなかったものをやってもいい現場。そういう現場を提供していく、というか作れると楽しい。今は逆。「これ、みんな受けて楽しいから、こういうのやると当たるかもしれない、こういうの作れ」と言われる。そうではなくて、みんなやりたいことを楽しみながらやって、その結果、観客もみんな楽しめるエンターテイメントになれば理想的だ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 11:28 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

「SWITCHインタビュー達人達 写真家・蜷川実花×音楽家・渋谷慶一郎」より、印象的な言葉のまとめ

photo
ATAK 020 THE END
渋谷 慶一郎 + 初音ミク
ソニー・ミュージックダイレクト 2013-11-26

冨田勲イーハトーヴ交響曲 ISAO TOMITA SYMPHONY IHATOV [Blu-ray] supercodex ATAK019 Soundtrack for Children who won't die, Shusaku Arakawa ATAK 020 THE END -EU edition- DECORATOR EP (初回盤)

by G-Tools , 2014/01/22



1月18日放送「SWITCHインタビュー達人達 写真家・蜷川実花×音楽家・渋谷慶一郎」より、印象的な言葉のまとめ。

蜷川:作れなくなることはないと思っている。ただ、時代とずれるかなと思う。今たまたま時代と合っている。自分がいいと思っていることを作り続けるじゃない? それが今合っているからいいけど、ずれたら焦らないようにしようと思う。
渋谷:焦るとイタいからね。
蜷川:追っかけると最悪。
渋谷:最悪最悪。
蜷川:次また時代と合うまでは、自分が信じたいいと思うことをひたすら誠実に、丁寧にやっていくのがいいと思う。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:27 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

NHK教育『ETV特集 寺山修司という宇宙 園子音×穂村弘」より印象的な言葉をピックアップ(後編)

atg 寺山修司ブルーレイBOX(Blu-ray Disc)
atg 寺山修司ブルーレイBOX(Blu-ray Disc)
キングレコード 2013-04-24
売り上げランキング : 18836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鏡 Blu-ray アンドレイ・ルブリョフ Blu-ray エル・トポ HDリマスター版 [Blu-ray] ホーリー・マウンテン HDリマスター版 [Blu-ray] サンタ・サングレ/聖なる血 <HDニューマスター・デラックスエディション> [Blu-ray]


11月23日放送、NHK教育『ETV特集 寺山修司という宇宙 園子音×穂村弘」より印象的な言葉をピックアップ。後編。

<園、穂村対談>
穂村「寺山は、映画、演劇、短歌全ジャンルにおいて、自分が作り出した柱時計のイメージなど使い回す。だけどその強度が落ちない。普通はジャンルを変えるとイメージの鮮烈さが失われる。寺山はジャンルを変えて同じカードを切っても、鮮やかに見える」続きを読む
posted by 野尻有希 at 10:47 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

NHK教育『ETV特集 寺山修司という宇宙 園子音×穂村弘」より印象的な言葉をピックアップ(前編)

photo
書を捨てよ町へ出よう [HDニューマスター版] [DVD]
キングレコード 2013-04-23

田園に死す [HDニューマスター版] [DVD] さらば箱舟 [DVD] 草迷宮 [DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション エロス+虐殺(ロングバージョン) レミングー壁抜け男 [DVD]

by G-Tools , 2013/11/25



11月23日放送、NHK教育『ETV特集 寺山修司という宇宙 園子音×穂村弘」より印象的な言葉をピックアップ。長いので前編と後編にわけます。まず前編。

寺山修司は演劇、映画、テレビドラマ、エッセー、短歌などあらゆるジャンルで、1960年代、70年代を先導した男。本人曰く「僕の職業は寺山修司です」。

映画監督、園子音。『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』などが代表作。映画界の鬼才。園を第二の寺山修司という人もいる。園は、寺山の映画を見て、人生を変えられたという。園が注目したのは、寺山の故郷青森。寺山は多くの作品で故郷を奇抜にデフォルメしてきた。そしてもう一つ、母親。様々な作品で寺山は母の存在にこだわっている。寺山の原風景、青森への旅。そこで園は、寺山と母親の間にある秘密に気がついた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:22 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

NHK総合『クローズアップ現代』「小説に命を刻んだ〜山崎豊子 最期の日々〜」のまとめ

photo
大地の子 全集 [DVD]
山崎豊子
NHKエンタープライズ 2002-09-06

不毛地帯 DVD-BOX 1 不毛地帯 DVD-BOXII(第十一話~最終話) 沈まぬ太陽 スペシャル・エディション(3枚組) [DVD] 舞台「真田十勇士」 [DVD] 沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]

by G-Tools , 2013/11/19



11月19日放送、NHK総合『クローズアップ現代』「小説に命を刻んだ〜山崎豊子 最期の日々〜」より印象的な言葉のクリッピング。

小説家山崎豊子さん。社会派の長編小説で常に国家や巨大組織の闇に取り組んできた。医学界の闇を描いた『白い巨塔』、航空会社を舞台に企業の非情さを描いた『沈まぬ太陽』など、ほとんどの作品が映像化され、幅広い世代の支持を集めた。

作品の背景にあったのは、巨大な権力が個人を翻弄する不条理への怒りだった。山崎さんにとって究極の不条理は戦争だった。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:55 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

NHK総合『プロフェッショナル仕事の流儀特別編〜宮崎駿引退宣言・知られざる舞台裏』のまとめ



NHK総合『プロフェッショナル仕事の流儀特別編〜宮崎駿引退宣言・知られざる舞台裏』より、印象的な言葉のクリッピング。

<『風立ちぬ』製作中、スタジオジブリのスタッフ全員を集めて>
宮崎「もっと物質的にも時間的にも窮迫した中に生きなきゃいけなくなるだろうと思うんです。その時に自分達は何を作るのか。少なくとも(将来の不安が)十分予想される時に、前と同じファンタジーを作って、女の子がどうやって生きるかというふうなことでは済まないだろうと思いました。『風立ちぬ』というのはですね、実は激しい時代の風が吹いてくる。吹きすさんでいる。その中で生きようとしなければならないという意味です。それがこの時代の変化に対する自分達の答えでなければならないと思っています」続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:58 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK教育『SWITCHインタビュー達人達 中谷美紀×天童荒太』後半のまとめ

photo
歓喜の仔 上巻
天童 荒太
幻冬舎 2012-11-22

歓喜の仔 下巻 冷血(上) 冷血(下) 64(ロクヨン) 静人日記 悼む人II (文春文庫)

by G-Tools , 2013/11/18



NHK教育『SWITCHインタビュー達人達 女優中谷美紀×作家天童荒太』番組後半部より、印象的な言葉のクリッピング。(前回の記事の続き。今回は天童荒太中心の後半部です)

○天童荒太の小説表紙を飾ってきた船越桂の彫刻がある画廊に移動
中谷「存在のあるものって、実は苦手。苦しくなっちゃう。圧迫される。作者の主張や魂の叫びみたいなものが本当に胸に迫ってくる」
天童「作品のエネルギーに圧倒されるのが苦手? 特殊な感覚だ」
中谷「どういう思いで削ってるんだろうと思うと、それでまた苦しくなる。これほどのものを作っている方の想いにチューニングをあわせてしまうと」
天童「チューニング?」
中谷「なんとなく探ろうとしてしまうので。習性なんでしょうね」
天童「それが中谷美紀の秘密かもしれない。普通はチューニングをしない。あわせたら、それは鑑賞ではなくなってしまう。同化に近い」続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:08 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

NHK教育『SWITCHインタビュー達人達 中谷美紀×天童荒太』前半のまとめ

photo
永遠の仔 DVD-BOX
天童荒太
バップ 2004-08-25

ケイゾク DVDコンプリートBOX 外事警察 [DVD] Mother [DVD] 外事警察 その男に騙されるな [DVD] 白夜行 完全版 DVD-BOX

by G-Tools , 2013/11/17



NHK教育『SWITCHインタビュー達人達 女優中谷美紀×作家天童荒太』番組前半部より、印象的な言葉のクリッピング。

○対談前・中谷美紀の舞台公演劇場
ナレーション「女優中谷美紀。三谷幸喜演出の舞台『ロスト・イン・ニューヨーカーズ』で頭は15歳の子供のまま35歳になった女性を演じている」

ナレーション「作家天童荒太。虐待を受けた子供達のその後を描いた『永遠の仔』、人間の死と向き合った『悼む人』、そして新作『歓喜の仔』。社会の中で虐げられている人、傷つけられた人に寄り添って、小説を書き続けている」続きを読む
posted by 野尻有希 at 09:50 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

NHKクローズアップ現代「33年目の向田邦子 なぜ惹かれるのか」のまとめ

photo
向田邦子 ---脚本家と作家の間で
河出書房新社 2013-06-18

山田太一 ---テレビから聴こえたアフォリズム (文藝別冊/KAWADE夢ムック) 向田邦子との二十年 (ちくま文庫) 向田邦子 その美と暮らし (和樂ムック) 完本 寺内貫太郎一家 木皿泉 ---物語る夫婦の脚本と小説 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

by G-Tools , 2013/09/05



9月4日放送、NHKクローズアップ現代「33年目の向田邦子 なぜ惹かれるのか」のまとめ。

<リードタイトル>
テレビ草創期から活動している黒柳徹子さん。忘れることのできない才能があるという。作家、脚本家の向田邦子さんだ。

黒柳徹子「人間がまず面白い人だった。次々と新しいものみっけてきてね。やっぱり、稀有な人間だったと思う」

先週東京で開かれた向田邦子の企画展。長い年月が経った今でもファンは絶えない。高度経済成長の時代、テレビの脚本や小説で、時代を駆け抜けた向田邦子。家族をコメディータッチで描いた代表作「寺内貫太郎一家」は平均視聴率は30%を超えた。先行きが見えにくい時代、向田の作品は人々の心をとらえている。

若い読者「懐かしさの中に新鮮さがある」
若い研究者「人間に対するやさしいまなざしがある」

今日は向田邦子の魅力に迫る。続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:40 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

NHK教育「ハリウッド白熱教室」第5回「音響効果〜世界は音でできている〜」のまとめ

photo
映画にとって音とはなにか
ミシェル・シオン 川竹 英克
勁草書房 1993-10

映像から音を削る 武満徹映画エッセイ集 The Voice in Cinema サウンド派映画の聴き方 (CineLesson) ディズニー映画音楽徹底分析 映画における意味作用に関する試論―映画記号学の基本問題 (叢書 記号学的実践)

by G-Tools , 2013/07/06



7月5日(金)23時放送、NHK教育「ハリウッド白熱教室」第5回(全5回)「音響効果〜世界は音でできている〜」のまとめ。講師は、南カリフォルニア大学映画芸術学部ドリュー・キャスパー教授。

・映画は綿密に作りこまれているからこそ、その見方を学ばなければ、味わい尽くすことはできない。
・最終回のテーマは音。音楽、効果音、俳優の声、歌、風など自然音、そして沈黙。どれも映画を彩る大切な要素。
・様々な音が映画の時間や空間に影響する。しかし映画初期、音は軽視され、無視されていた。
・1927年トーキー映画が登場し、映画に台詞の声が入るようになったが、映画のスタッフや役者達はこれをこころよく思わなかった。1927年まで映画は芸術だった。映像だけであらゆることを表現しており、音は必要なかった。照明、美術、カメラワークを完璧に仕上げて映像だけで語ることに、映画人は誇りを感じていた。音声を入れることに多くの人は拒否反応を示してきた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 11:31 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

NHK教育「ハリウッド白熱教室」第4回「編集〜時間と空間の魔術〜」のまとめ

photo
フレンチ・コネクション [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-03-02

フレンチ・コネクション2 [Blu-ray] 俺たちに明日はない [Blu-ray] 真夜中のカーボーイ [Blu-ray] ダーティハリー [Blu-ray] L.A.大捜査線/狼たちの街 [Blu-ray]

by G-Tools , 2013/06/29



6月28日(金)23時放送、NHK教育「ハリウッド白熱教室」第4回(全5回)「編集〜時間と空間の魔術〜」のまとめ。講師は、南カリフォルニア大学映画芸術学部ドリュー・キャスパー教授。時空を操るハリウッドの編集魔術に迫る。

<映画における編集の役割とは>
・時間も映画における重要な構成要素の一つ。
・時間的構成は、映像のペース、タイミングともいえる。編集とは、それを決める作業だ。
・編集の単位はカット。
・最近の映画は平均して1つの作品に2千から3千くらいカットがある。昔は数百カット程度で、もっとゆっくりしていた。ヒッチコックの「鳥」は600カットあった。ヒッチコック以降カットが増えていった。
・マイケル・ベイ監督(「インディペンデンス・デイ」、「トランスフォーマー」など)は何万カットもある。彼の映画には何の意味も込められていないから、カットを読み解く必要はない。
・映画の動き。第1は画面内の役者の動き。第2の動きはカメラの動き。画面外のフレームの動き。今日話すのは第3の動き。編集。フレームからフレームへの動き。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:05 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

NHK教育「ハリウッド白熱教室」第3回「撮影〜すべてのショットには意味がある〜」のまとめ

photo
マスターショット100 低予算映画を大作に変える撮影術
クリストファー・ケンワーシー 吉田俊太郎
フィルムアート社 2011-05-26

マスターショット2 [ダイアローグ編] 映像演出の教科書 (玄光社MOOK) 映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック) 図解/実践 映像ライティング (玄光社MOOK) カラーコレクションハンドブック −映像の魅力を100%引き出すテクニック−

by G-Tools , 2013/06/23



6月21日(金)23時放送、NHK教育「ハリウッド白熱教室」第3回(全5回)「撮影〜すべてのショットには意味がある〜」のまとめ。講師は、南カリフォルニア大学映画芸術学部ドリュー・キャスパー教授。

<フレーミング>
・フレームとは、カメラの境界線のこと。
・人生に境界線はない。けれど芸術には境界線を引くことできる。
・フレームの右側と左側では、右側の方が強い。人の目線は左から右に向かうから。
・映画のフレームの外側には、映画と同じ世界が広がっていると私たちは感じる。
・映画には6つのオフスクリーン空間がある。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:01 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

NHK教育「ハリウッド白熱教室」第2回ビジュアルデザイン「映画は見た目がすべて」のまとめ

photo
映画表現の教科書 ─名シーンに学ぶ決定的テクニック100
ジェニファー・ヴァン・シル 吉田俊太郎
フィルムアート社 2012-06-23

マスターショット2 [ダイアローグ編] マスターショット100 低予算映画を大作に変える撮影術 表現の技術―グッとくる映像にはルールがある 映像演出の教科書 (玄光社MOOK) 傑作から学ぶ映画技法完全レファレンス

by G-Tools , 2013/06/15



6月14日(金)23時放送、NHK教育「ハリウッド白熱教室」第2回(全5回)「ビジュアルデザイン〜映画は見た目がすべて〜」のまとめ。講師は、南カリフォルニア大学映画芸術学部ドリュー・キャスパー教授。

<導入>
・第2回のテーマは、映画のビジュアルデザイン。衣装、アクセサリー、髪型、メイク。技術的な装飾全てが、映画の中で何らかの意味付けを果たしている。
・セット、建物、壁、家具、ソファ、椅子、絨毯もそう。スタジオセット、ロケ、CG合成も可能。
・今回は「カサブランカ」、「若草の頃」、「マイレージ、マイライフ」の3本を取り上げる。
・ビジュアルデザインにおいて重要なのは、フォトグラフィー。
・フォトグラフィーは、フォトスとグラファインという2つのギリシア語でできている。
・フォトスは「光」、グラファインは「書く」という意味。
・カメラマンは光で書く人。カメラマンは光を使って映像に何らかの意味を書き加えていく。そして観客はその意味に気づかなければならない。
・光は生活の中で重要。光は人々の感情や気分を大きく左右する。だからこそ映画では照明が重要になる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 20:52 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする