2016年09月19日

花火大会の最近の技術革新を見て、小説は技術革新できているのか疑問に思う

photo
復興祈願花火フェニックス [DVD]
ドリーミュージック 2014-06-04

長岡花火 平和への祈り  真珠湾に咲くふるさとの花 [DVD] シンフォレストDVD 花火サラウンド 自宅で愉しむ日本屈指の花火大会 厳選8大会 シンフォレストDVD 花火サラウンド 映像遺産・ジャパントリビュート この空の花 -長岡花火物語 (DVD通常版) 花火サラウンド フルハイビジョンで愉しむ日本屈指の花火大会 [Blu-ray] 白菊-shiragiku-: 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花 シンフォレストDVD 花火 夜空に咲く光のファンタジー Fireworks Fantasy 第57回全国選抜長良川中日花火大会DVD この空の花 -長岡花火物語 (BD通常版) [Blu-ray] プロフェッショナル 仕事の流儀 一瞬の美にすべてを懸ける 花火師 野村陽一の仕事 [DVD]

by G-Tools , 2016/09/19



夜中にテレビをつけたら、花火大会の中継番組をやっていた。全国一を決める競技大会の再放送だ。僕の記憶にある花火よりもずっときれいだった。子供の頃、親戚の家の祭りに呼ばれて花火を見ていた。大人になってからは花火を見ていない。花火なんて見る価値ないと思っていたからだ。

秋田大曲の花火は違った。打ち上げ前に、女性アナウンサーによる花火の説明が流れる。音楽にあわせて花火が次々打ち上げられていく。色、大きさ、形の異なる花火が何発も上がって、最後には大尺玉が画面を覆いつくす。芸術性とエンターテインメント性を同時に感じた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:55 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

パワースポット散策〜寛永寺清水観音堂、上野大仏、東京国立博物館、開山堂

photo
とんぼの本 こんなに面白い東京国立博物館
新潮社
新潮社 2005-04-21

国宝 (とんぼの本) 東洋美術をめぐる旅: 東京国立博物館 東洋館 (コロナ・ブックス) 国立西洋美術館 公式ガイドブック 自然科学30のなぜ?どうして?―国立科学博物館の展示から 博物館へ行こう (岩波ジュニア新書)

by G-Tools , 2014/03/14



3月2日日曜日、将門塚、湯島聖堂、神田明神、湯島天満宮、寛永寺、国立博物館を訪問してきた。今回は後編、寛永寺から国立博物館まで。

湯島天満宮を出た後、歩いて上野公園に向かう。上野公園の入り口のパラシオビル内のイタリアンで昼食。その後、ヨドバシカメラ上野で仏像フィギュアを鑑賞。フィギュアはそんなよくないと思った。やっぱりフィギュアより仏像の方がいい。

上野公園、階段を登ってすぐ、寛永寺の清水観音堂がある。寛永寺は、天台宗の関東総本山。江戸時代は、東京タワー近くにある増上寺と並び、徳川家の菩提寺であった。寛永寺には徳川歴代将軍15人のうち6人が眠っている。江戸の鬼門が寛永寺、江戸の裏鬼門が増上寺。都市の鬼門には寺をおいて、バリアを張る。京都(平安京)も鬼門には比叡山延暦寺が置かれた。当時の人々のネガティブ情報対策である。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:01 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

パワースポット散策〜将門塚、湯島聖堂、神田明神、湯島天満宮

photo
平将門の乱 (岩波新書)
福田 豊彦
岩波書店 1981-09-21

将門記 (物語の舞台を歩く) 小説 平将門 全一冊 (集英社文庫) 平将門と東国武士団 (動乱の東国史) 将門記・陸奥話記・保元物語・平治物語 (新編 日本古典文学全集) 平将門の乱 (戦争の日本史4)

by G-Tools , 2014/03/13



3月2日日曜日、将門塚、湯島聖堂、神田明神、湯島天満宮、寛永寺、国立博物館を訪問してきた。まず前編、湯島天満宮まで。

まず大手町駅前、平将門の首塚へ。東京最大というか関東最大のパワースポットと言われる平将門の首塚。爆笑問題の太田がバカにする行動を取ったら、以降数年間仕事がなくなったというエピソードも近年では有名である。僕はファミコン版「女神転生II」をやった時から、将門に魅了されていたので、念願の初訪問である。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:16 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

パワースポット散策の旅・東京編〜明治神宮



2月22日土曜日、明治神宮に参拝してきた。その前の週、伊勢神宮、出雲大社、東大寺、興福寺、春日大社、高野山、比叡山を参拝してきた影響。こうなると関東の神社仏閣もお参りしたくなる。グーグルで東京で検索すると、おすすめ観光地が出てくる。その中で唯一トップページに表示される神社が明治神宮なのだった。やっぱり東京は、1200年近くある京都、奈良に比べると、歴史が浅い。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:44 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

3泊4日関西旅行記:最終日〜比叡山延暦寺(後編)から琵琶湖

photo
伝教大師最澄の寺を歩く―比叡山延暦寺を中心に、最澄ゆかりの地へ (楽学ブックス―古寺巡礼―古寺巡礼)
堀澤 祖門 水尾 寂芳 比叡山延暦寺
ジェイティビィパブリッシング 2007-03-31

エコ旅ニッポン 比叡山を歩く旅 図説 地図とあらすじでわかる! 最澄と比叡山 (青春新書INTELLIGENCE) 弘法大師空海の寺を歩く―高野山、四国霊場…空海ゆかりの地へ (楽学ブックス 古寺巡礼 10) 慈覚大師円仁と行くゆかりの古寺巡礼―最後の遣唐使、日本仏教の礎を築いた最澄の一番弟子・ (ダイヤモンドMOOK) 道元禅師の寺を歩く―永平寺を中心に、只管打坐の精神が息づく地へ (楽学ブックス―古寺巡礼)

by G-Tools , 2014/03/02



photo
るるぶ滋賀 びわ湖'13~'14 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング 2013-01-21

るるぶ京都'13~'14 (国内シリーズ) るるぶ福井 越前 若狭'13 (国内シリーズ) るるぶ石川 能登 金沢 加賀温泉郷'14 (国内シリーズ) るるぶ伊勢 志摩'14 (国内シリーズ) るるぶ城崎 天橋立 但馬 丹後 篠山'14 (国内シリーズ)

by G-Tools , 2014/03/02



最終日2月14日の旅行記後編。大雪警報で雪降りまくり積もりまくり、参拝客極小の比叡山延暦寺。大講堂から国宝殿に向かう。国宝殿入口につくと、受付で係の人達がストーブ囲んで談笑していた。まさかこの大雪の日の午前10時過ぎ、僕到着。たぶんその日初めての国宝殿参拝客。「もう10時過ぎたか」など言いながら係りの人が散る。

延暦寺入口で国宝殿共通チケット買っているから、フリーパスで奥へ。国宝殿には仏像がいっぱい。永遠のライバル、高野山の宝物殿ほどではないが、1000年前クラスの仏像や書が並ぶ。国宝殿は、伝教大師最澄の「一隅を照らす。これ則ち国宝なり。」という言葉から名づけられたそう。伝教大師は、「国宝」とは物ではなく、人の心であると述べているとのこと。すばらしい。続きを読む
posted by 野尻有希 at 18:17 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

3泊4日関西旅行記:最終日〜比叡山延暦寺〜最澄は空海より器が大きいと感じる



旅行4日目。2月14日金曜日。大雪警報の日だが、旅は今日しかできない。比叡山が開いていることを願って、7時になんばのホテルをチェックアウト。荷物を持って、なんば駅から比叡山に向かう。朝の通勤ラッシュとぶつかるのは嫌だからちょっと早めのスタート。

地下鉄御堂筋線でなんばから新大阪まで。新大阪から新幹線で京都へ。京都からJR湖西線で比叡山坂本駅へ。京都駅で柿の葉寿司を購入。今回は美食を目的にしていないので、ろくにうまいもん食べていなかった。食事はほぼ移動中の電車内。ホテルでもコンビニ弁当とか。柿の葉寿司は大ヒット。はじめておいしいもの食べた感じ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:28 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

3泊4日関西旅行記・3日目後編〜大阪(大阪城、通天閣)

photo
るるぶ大阪ベスト'14~'15 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング 2014-01-27

まっぷる大阪ベストスポット'15 (マップルマガジン) るるぶ京都'14~'15 (国内シリーズ) るるぶ名古屋'14 (国内シリーズ) るるぶ大阪'14 (国内シリーズ)

by G-Tools , 2014/02/22



旅行3日目。2月13日。高野山から大阪の南海なんば駅に14時30分頃到着。大阪城に行く前に腹ごしらえ。なんばグランド花月のたこ焼き屋でたこ焼きを食べることにした。スペシャルコンボを食べたけど、東京で食べる銀だこの方がおいしいなと思った。東京だともう日本全国ご当地ものもなんでも手に入るし、東京都民向けの味付けになっている。というか寒すぎだし熱が出ているし、足が痛いし、味覚が麻痺しているのかも。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:12 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

3泊4日関西旅行記・3日目〜空海が待つ高野山へ

photo
高野山 宿坊の旅 (エイムック 2665)
エイ出版社 2013-08-26

高野山 (楽学ブックス) 日本全国 この御朱印が凄い!  (BOOKS) 御朱印でめぐる 江戸・東京の古寺 (BOOKS) 空海・高野山の教科書 密教入門 (別冊宝島 2106)

by G-Tools , 2014/02/21



photo
孔雀王 第1巻
荻野 真
サード・ライン 2012-10-13

孔雀王 第2巻 孔雀王 第3巻 孔雀王 第4巻 孔雀王 第5巻 孔雀王 第6巻

by G-Tools , 2014/02/21



旅行3日目。2月13日朝7時30分過ぎ、高野山行の南海電車特急に乗り高野山へ向かう。昨日の奈良各地に続き、高野山も世界遺産。関西圏は世界遺産だらけ。富士山世界遺産登録って別にたいしたことじゃないんじゃ・・・東京は江戸幕府設立からまだ400年程度の歴史しかない。関西は平城京から1200年以上の歴史がある。高野山も2015年には開創1200年記念を迎える。

なんばから2時間かけて和歌山県内の山を登り、南海線の高野山駅到着。なんでこんな僻地に寺を開いたのかと空海に聞きたくなるけれど、熊野や伊勢の霊力を意識もしたのだろう。子どもの頃、マンガ『孔雀王』を読んでいた僕にとって、高野山は憧れの聖地。秘境である。『孔雀王』を読んで真言密教を知ったし、阿修羅が登場する7巻あたりから、性の秘密も学んだし。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:04 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

3泊4日関西旅行記・2日目〜伊勢神宮、奈良、大阪の旅

photo
るるぶお伊勢まいり (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング 2013-07-03

るるぶ松江 出雲 石見銀山'14 (国内シリーズ) お伊勢さんぽ―「遷宮」を終えた新しい伊勢神宮へ!お伊勢参りと周辺 (ぴあMOOK中部) 伊勢神宮 (楽学ブックス) るるぶ伊勢 志摩'14 (国内シリーズ) 伊勢神宮 参宮ガイドブック 癸巳版 (小学館GREEN Mook)

by G-Tools , 2014/02/19



photo
るるぶ奈良'14~'15 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング 2014-01-23

るるぶ京都'14~'15 (国内シリーズ) るるぶ滋賀 びわ湖'14~'15 (国内シリーズ) るるぶ横浜 中華街 みなとみらい'14~'15 (国内シリーズ) るるぶ仙台 松島 宮城'14 (国内シリーズ) るるぶ岡山 倉敷 蒜山'14 (国内シリーズ)

by G-Tools , 2014/02/19



3泊4日関西旅行記・2日目〜伊勢神宮、奈良(興福寺、東大寺、春日大社)、大阪(道頓堀)

関西旅行2日目。2月12日朝7時10分にホテル出発。近鉄なんば駅で伊勢市駅の特急券を買う。伊勢神宮参拝切符というのが売っているとネットで検索すると出てくるけど、駅にポスターやパンフレットはない。なんか聞くほどのことでもないし、普通に片道の特急券を買う。前日の反省で、予定をぎりぎりまで詰め込み過ぎると、体がすごい疲れるから、ちょっと余裕を持った日程にすることにした(それでも今日は伊勢と奈良と大阪の3箇所観光なんだけど)。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:02 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

3泊4日関西旅行記・初日〜出雲大社、大阪

photo
出雲大社 (楽学ブックス)
.
ジェイティビィパブリッシング 2012-03-30

伊勢神宮 (楽学ブックス) るるぶ松江 出雲 石見銀山'14 (国内シリーズ) 関東の聖地と神社 (楽学ブックス) 出雲大社 平成の大遷宮 (JTBのムック) 伊勢神宮 式年遷宮のすべて (JTBのムック)

by G-Tools , 2014/02/16



2月11日から14日まで、3泊4日で関西地方に旅行に行ってきた。初日は出雲大社、2日目は伊勢神宮、奈良(興福寺、東大寺、春日大社)、大阪(道頓堀)、3日目は高野山、大阪(大阪城、通天閣)、最終日は比叡山延暦寺、琵琶湖を訪問。以下旅の記録のまとめ。

<旅の目的>
今回の旅の目的は、有名観光地のリアリティーの獲得。例えば中四国ラジオドラマコンクールでは、中国四国地方を舞台にしたドラマの創作が求められる。この場合、現地に行かず想像だけで書くのと現地に行ったのでは、ドラマのリアリティーが違う。リアリティーを得るのに金と時間を惜しむなの法則に従い、今回の旅行を計画した。出雲大社、伊勢神宮、奈良、大阪、高野山、比叡山、琵琶湖。自分の目で体験すれば、脚本でその地を描写する時、リアリティーが変わる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 17:47 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

寝る時、枕元にスリープ状態のキンドルやスマホがあると、頭痛、眼痛、肩こりの原因になるかも



整体ボディーケアセラピストの資格試験合格したようなので、久々に健康の話でも。

ここ数か月ずっと、ベッドから朝起きた時に目、頭、首、肩のあたりが痛かった。枕が頭にあわないのか、ベッドが体に合ってないのかと思って、枕やベッドマットを変えたり、マッサージに行ったり、アリナミンEX飲んだり、色々対策練ってみたけど、一向によくならず。昼寝した時もなんだか目が痛い。パソコンやりすぎなのかと思っていた。

おととい、キンドルファイアHDの電源を久々に入れてみた。いつもアマゾンで買った電子書籍を読んでいるスマホでは、キンドルのマンガを中々ダウンロードできなかったからだ。無線LANを使っているキンドルだと、「カフェでよくかかっているJーPOPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」と「坂本ですが?」Kindle版すぐダウンロード完了。

ダウンロード中、数か月ぶりの起動だから、色んなアプリの更新とか始まるだろうなと思っていたけど、すぐ起動した。アマゾンで買った他の電子書籍も全部入ってるし、ずっとスリープ状態だったと気づいた。電源ケーブルさしっぱなしで枕付近の棚においていたから、大丈夫だったんだろう。

寝る時になって、ふと思い立つ。もしかして、頭痛と眼痛の原因は、枕の近くにおいていたキンドルのせい?続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:03 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

キャバクラ:7月から11月までに利用したキャバクラの店と評価、金額のまとめ

photo
コワ~いキャバクラの話 (宝島SUGOI文庫)
別冊宝島編集部編
宝島社 2010-06-04

コワ〜い風俗のお客さん (宝島SUGOI文庫) コワ〜いキャバ嬢の話 (宝島SUGOI文庫) コワ〜いホストクラブの話 (宝島SUGOI文庫) コワ〜い法律の話 (宝島SUGOI文庫) コワ~い保険の話 (宝島SUGOI文庫)

by G-Tools , 2011/11/27



キャバクラのもやもやした記録。

7月から11月までに利用したキャバクラの店と評価、金額のまとめ。今日現在記憶しているものに限る。金額はだいたいの記憶。ボトルを入れた場合、複数人で割り勘しているので、一人で頼めばもっとかかる。

<7月>
のべ4店舗、総額2万5千円
1日目〜新宿歌舞伎町
・スイ☆☆☆☆☆
 1時間5000円
2日目〜新宿歌舞伎町
・スイ☆☆☆☆
 1時間5000円
3日目〜新宿歌舞伎町
・アクシア☆☆☆☆
 延長して1万円
・ガレ☆☆☆
 1時間5000円くらい続きを読む
タグ:キャバクラ
posted by 野尻有希 at 17:59 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

キャバクラレビュー:新宿歌舞伎町70分4000円

photo
マンガでわかる キャバクラの教科書
木村進太郎
総合法令出版 2010-03-24

「また会いたい!」と思われるキャバクラ嬢のメール術 キャバクラ嬢の作法 新版 キャバクラの教科書Gold ナンバーワンになるための44の上級テクニック 新版 キャバクラの教科書Silver お客さんのココロをつかむ33の実践テクニック 嬢マニュアル―18才からの「夜」のハローワーク

by G-Tools , 2011/11/07



キャバクラレビューを書いてみます。

本当はブログに記事をたくさん書いたり、小説をたくさん書けばいいのだけど、ツイッターでばんばん手軽に創作できるのが楽しくて満ち足りるから、ブログや小説を書かなくなる。ブログや新人賞応募用の小説を書くのは煩雑だし、毎日のツイッター小説の制作と、その電子書籍化だけで創作活動は十分と思えるので、時間があまる。個人の遊休時間が増えた結果、読書したり、各種資格試験の勉強をしたり、ゲームをしたり、キャバクラへ行ったり・・・

見聞きしたことをありのままに書くことが、僕の仕事なのだから、新宿歌舞伎町のキャバクラで体験したことを、嘘偽りなく、真正直に、赤裸々に書きましょう。続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:55 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

未完了の課題が一つだけでも完了すると、脳は軽くなる

未完了の課題があると、体と頭が重くなり、痛み始める。未完了の課題が一つでも完了すると、脳は爽快になり、体と頭が軽くなる。

まだ未完了の課題はたくさん残っているというのに、脳は全て終わったと勘違いしたのだろうか。それとも一つでも未完了の課題が終わったことが、無意識にとってそんなに嬉しいことなのだろうか。

疲れを翌日に持ち越さないようにするためには、一日一つ、未完了の課題をクリアすることだ。たとえどれだけ積み残しの課題があろうとも、脳はそれだけで喜ぶ。僕自身は脳と違い、未完了の課題を全てクリアしたい。脳を飛び越えて、力を発揮したい。
タグ:コーチング
posted by 野尻有希 at 00:04 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

中心に集中

色々忙しくて大変なのは、不要なことをやりすぎているせいだ。生活から本当は不要なことを全て取り払ったら、体と心はだいぶ楽になる。本来やりたかった仕事に集中できるようになる。

中心に向かってさいころを投げ続けること。人生の黄金は、心の中心にある。心の真ん中にだけ賭けよう。脇道にそれるのはよそう。
タグ:エッセイ
posted by 野尻有希 at 00:51 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の不公平と不平等

今もこの世界のどこかで苦しんでいる人がいる。僕は心に悩みを抱えながらも、平和に生き延びている。ずっとそうだ、苦しんでいる人がいれば、楽しく生きている人もいる。

世界は始まりから不公平だった。では、平和に生き延びている僕は、何をなせばいいのか。

べき論は窮屈でストレスフルだとセラピストたちがいうなら、僕は何を心の奥底から望むのか。考えろ、考えろ。そう繰り返すのも命令で窮屈だというなら、考えよう、考えよう、自発的に、自由に考えてみよう。僕は望むなら何でもできる。

世界の不公平、不平等を少しでも是正すること。難しいが、やってみる価値のある仕事だ。
タグ:コラム
posted by 野尻有希 at 00:45 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災後の今 思うこと

毎日生き抜くことに不安がなければ、生活の中に遊びが生まれる。余裕が文化を作り出す。

震災と原発事故が起きて、余裕がなくなった。日本以外でも、世界中に生活の不安に喘ぐ人がたくさんいる。自分たちだけ遊んでいていいのだろうか。

そうした自問、気の迷いがある限りは、世界の人々の生活が改善されるように仕事をしていくべきだ。
タグ:エッセイ
posted by 野尻有希 at 00:02 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ハワイに伝わる魔法のおまじない、クリアリング

ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています。

ハワイに伝わる魔法のおまじないの言葉だ。

クリアリング。こだわりを捨てること。記憶をclearすること。

傷ついた体験の記憶、恐れの記憶が再生されることで、現在が苦しくなる。記憶をclearすれば、大きな力を発揮することができる。
posted by 野尻有希 at 12:08 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ネットカフェは鍵がないのだから、盗難が起きて当然だと思う

土曜日です。新宿東口のネットカフェに来た。今ネットカフェのDELLのPCでブログを書いている。

ネットカフェでは盗難が多発しているという。「貴重品は必ずお客様自身で管理するようお願い致します」「ちょっと席を離れるだけでも盗難に注意」なんて貼り紙が貼られている。

以前は物騒な世の中になったなと思ったものだが、今日来たら、個室に鍵がないのだから、盗難が起きて当然だと思った。続きを読む
posted by 野尻有希 at 13:44 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

自省録:日本代表の控えメンバーのように

 サッカー日本代表はアジアカップにおいて、途中出場した選手たちが次々ゴールを決めた。控えの選手たちは、試合に出られないからといって腐らなかった。途中出場した時にどう活躍しようか、いかにチームに貢献しようか、考えていたという。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:14 | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする