2017年02月05日

小説から現代詩に変わっても書くものは変わらない

photo
詩学講義 無限のエコー
吉増 剛造
慶應義塾大学出版会 2012-12-08

GOZOノート 1 コジキの思想 怪物君 吉増剛造詩集 (ハルキ文庫) 我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! (講談社現代新書) GOZOノート 2 航海日誌 GOZOノート 3 (わたしは映画だ) 心に刺青をするように 対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫) 根源乃手/根源乃(亡露ノ)手、…… ブラジル日記 (Le livre de luciole (32))

by G-Tools , 2017/02/05



今読んでいる本は、吉増剛造の「私学講義 無限のエコー」。書店に吉増剛造の詩集を買いに行ったら売っていなくて、かわりにこの本を買った(吉増の詩集は本屋滞在中にスマホでアマゾンに注文した)。慶応義塾大学で行われた吉増の講義録。話が際限なく脱線していくというかあっちこっちに話が飛ぶ。論理的につながらないようでいてつながっている。いかにも詩人の本。この講義録を読むと、他の文化人が行った講義はひどくまともというか標準的に思える。続きを読む
タグ:現代詩
posted by 野尻有希 at 23:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

日記を書く阿呆

今日から日記をつけてみる。今日だけ日記をつけることになるかもしれないけど、まず書き始めてみる。書いているうちに日付変更線を過ぎたから昨日の日記だけど、最後まで書いてみる。

今日は三連休の最終日。録画した「アイドル事変」、「銀魂」などを見てから、本屋に行く。谷川俊太郎、高村幸太郎、金子光晴などの詩集、山頭火句集、穂村弘の歌集、現代詩手帖などを買う。

家に帰ってから、買った本を読み、食事をし、PS4の「バッドフィールド1」をやり、風呂に入り、シティーハンター劇場版のフランス版DVDを見て、「100分de名著」の中原中也詩集第1回の放送を見て、ツイッターに超短編小説と短歌を投稿した。今は日記を書いている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

今後の活動方針〜本当の目的に至るために繰り返す作業

photo
職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹
スイッチパブリッシング 2015-09-10

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 村上さんのところ 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 女のいない男たち 村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

by G-Tools , 2016/08/16



ハロコン翌日の月曜日は、退屈で仕方なかった。よく毎日こんな退屈な仕事を続けていられたなと絶望し、仕事を辞めてアップフロントに転職しようかと思ったほどだった。しかし、火曜日になると日常に慣れ始めた。一週間経つと、今の生活を恒常的に続けられると思えた。

人間は習慣的動物だ。慣れると麻痺する。退屈を受け入れるようになる。自分はハロプロのコンサートと同じような熱を毎日放射できるだろうか。いやできない、なんて悩みながら、昨日、村上春樹の『職業としての小説家』を読み終えた。途中まで読んで、数ヶ月ほっておいた本だ。もっと早く読んでおけばよかったと後悔したけれど、今読むタイミングだったんだろう、多分。ハロコンと春樹の熱が冷めないうちに自分が今後どうしていくかを書き留めておくことにした。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

何も書くことがない日でもとにかく書く

photo
かくかくしかじか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
東村アキコ
集英社 2012-07-25

かくかくしかじか 2 (マーガレットコミックスDIGITAL) かくかくしかじか 3 (マーガレットコミックスDIGITAL) かくかくしかじか 4 (マーガレットコミックスDIGITAL) かくかくしかじか 5 (マーガレットコミックスDIGITAL) ママはテンパリスト 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

by G-Tools , 2016/07/11



何も書くことがない日でもとにかく書く。書きたいことがなくても書く。書く気になれない日も書く。ひたすら書く。何を書きたかったのか忘れた。何のために書くのかも忘れた。好きな物を好きなように書いたらいい。何になる必要もない。他人に媚びを売る必要もない。他人に気に入られようとして自分を殺す必要はない。とにかく書く。テキストエディタさえあれば、君は書くことができる。

会社から家に帰ったのは、二十一時過ぎだった。女性二人が僕の前を歩いている。二人とも体は細く、似たようなカーディガンとスカートを身に着けている。飲み会の帰りなのか、話しながらゆっくり歩いている。駅前の歩道は狭いので、追い抜けない。僕もゆっくりと歩いた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

参院選の投票に久々に行った理由

photo
銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 2
ポニーキャニオン 2014-10-24

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 3 銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 1 銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 4 銀河英雄伝説 COMPLETE GUIDE (ROMAN ALBUM) To LOVEる-とらぶる- Blu-ray BOX スペシャルプライス版

by G-Tools , 2016/07/10



参院選の投票に行ってきた。投票所整理券が郵便で届いた時は、投票する気がなかった。第一に一億二千万人もいるのだから、自分一人が投票したところで何も変わらないという無力感があった(実際の有権者は18歳以上だから一億二千万より少ないけど)。第二に民主党政権が誕生した時は、民主党に投票したけれど、政権取得後の民主党の迷走っぷりを見て、政治改革および投票行動に対する失望感を持っていた。第三に自民党が勝利するという事前調査報道があり、投票日前日まで投票する気がなかった。では何故僕は投票する気になったのだろう。続きを読む
タグ:参院選
posted by 野尻有希 at 20:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

ジャーナル〜貧困とテロ及びオーバードーズに因果関係はないかもしれないけれど、相関関係はある

photo
テロルと映画 - スペクタクルとしての暴力 (中公新書)
四方田 犬彦
中央公論新社 2015-06-25

ニューヨークより不思議 (河出文庫) 映画は絵画のように――静止・運動・時間 ロラン・バルト -言語を愛し恐れつづけた批評家 (中公新書) 映画とは何か(下) (岩波文庫) 犬たちの肖像

by G-Tools , 2015/11/25



トピックごとに記事をわける方がいいと言われる。昨日に続いてあえてトピックごとに記事をわけずにダラダラ書き綴る。トピックごとにわけると細分化する。アクセスの多い話題に自分自身集中してしまい、方向を見失う可能性もある。ソニマージュ以降のゴダールの映画みたいにわけのわからない感じがいい。要約できない感じがいい。細分化すると自分の思考まで細分化してしまう。大島渚の「日本春歌考」みたく、わけがわからない語りの方が好きだ。

今日もトルコで国境侵犯したロシアの爆撃機が撃墜された。というわけで、まず前回の記事の続き。前回は、タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」がドイツでは歓迎されたという記事を書いた。「イングロリアス・バスターズ ドイツ 評価」とかそれに似たワードで検索しても、ドイツ国内での評価はよくわからなかった。英語やドイツ語のサイトにいけばわかるのかもしれないけど、日本語でたどりついた情報は、「イングロリアス・バスターズ」ブルーレイのおまけについていたタランティーノ自身のコメントだった。ああそうなんだ、タランティーノ本人が言う通り、ドイツではこの映画高評価だったんだなと思ったけど、いやいや、待てよと思い直した。タランティーノ本人が出席する上映会には、きっとタランティーノ好きのドイツ国民が集まっているだろう。そこにはバイアスが生じるはずだ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

最近の活動状況〜パリのコンサート会場で起きたテロとタランティーノ「イングロリアス・バスターズ」ラストシーンの類似性

photo
イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-04-13

ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDコンボ(初回生産限定) (2枚組) [Blu-ray] パルプ・フィクション [Blu-ray] デス・プルーフ [Blu-ray] レザボア・ドッグス [Blu-ray] ジャッキー・ブラウン [Blu-ray]

by G-Tools , 2015/11/24



久々に日記。先週は一週間京都中心に関西旅行。初日の日曜は奈良(橿原神宮、元興寺、興福寺)に行き、夜は京都のホテルへ。月曜は比叡山に行った後、夜は東寺のライトアップ。火曜は京都の高雄に行き、神護寺、西明寺、高山寺をめぐる。午後は黒谷さん、真如堂をめぐる。水曜は日中姫路城、夜は雨が少しやんだので二条城のアートアクアリウムへ。木曜は福井の永平寺へ。夜は京都に戻り、南禅寺、永観堂のライトアップ。金曜は京都大原野の大原野神社、正法寺、勝持寺、善峯寺をまわり、午後は嵯峨大覚寺。夜は京都から大阪に移動。土曜日の午前中に大阪から東京に戻ってきた。

土曜日は映画を見る。
溝口健二「赤線地帯」、大島渚「白昼の通り魔」途中まで。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

今週の活動記録〜ポラーニョ、谷崎、安部公房と続く文学の道

photo
2666
ロベルト ボラーニョ 野谷 文昭
白水社 2012-09-26

アメリカ大陸のナチ文学 (ボラーニョ・コレクション) 野生の探偵たち〈上〉 (エクス・リブリス) 野生の探偵たち〈下〉 (エクス・リブリス) トマス・ピンチョン全小説 重力の虹[上] (Thomas Pynchon Complete Collection) 売女の人殺し (ボラーニョ・コレクション)

by G-Tools , 2015/09/07



日記を書くのも億劫なので、1週間の記録をつけてみることにした。初回のため、1週間といわずここ数ヶ月の活動記録。

旅行もゲームもドラマにも飽きて来たので、映画を見ることに。ゴダール、ブニュエルなどをたくさん見て、ワイダ監督に行きつく。『灰とダイヤモンド』、『カティンの森』、『大理石の男』は素晴らしかったが、後期作品はあまり面白くなく、映画からも飽きて、しばらくずっと飽きていた小説に向かう。最近の世界文学の注目作を拾い読み。短編ではアリス・マンロー、長編ではポラーニョの存在を知り、刺激を受けた。続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

最近の活動状況〜小説と旅とバブル崩壊の予感

photo
掏摸(スリ) (河出文庫)
中村 文則
河出書房新社 2013-04-06

王国 (河出文庫 な) 土の中の子供 (新潮文庫) 遮光 (新潮文庫) 何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫) 銃 (河出文庫)

by G-Tools , 2015/06/01



<小説>
山村教室2015年第2期提出原稿5月末完成して送付。「いのりの吉野千本桜」短編42枚。吉野に千本桜を見に行った体験の小説化。ブログには吉野に行った前日の京都旅行までを記録しています。吉野の小説は講評が終わってから推敲後掲載予定。その他新人賞応募用原稿は未着手。

<読書>
与謝野晶子訳源氏物語のキンドル無料版、中村文則「掏摸」、マンガ「蒼天航路」文庫版読書中。「キングダム」は「蒼天航路」を読み終わった後に読みたい。他にも白洲正子の随筆など読んでいない本大量に積んでいる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

台風のせいか頭と体が痛いときに

photo
人生はあはれなり… 紫式部日記
小迎 裕美子 紫式部 赤間 恵都子
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-03-27

本日もいとをかし!! 枕草子 教科書では教えてくれない日本文学のススメ (楽しく学べる学研コミックエッセイ) 平安女子の楽しい!生活 (岩波ジュニア新書) アラサーの平成ちゃん、日本史を学ぶ (BAMBOO ESSAY SELECTION) 更級日記 平安時代の元祖文系オタク女子の日記

by G-Tools , 2015/05/13



台風が近づいているせいか、箱根の山に地震が続いているせいか、頭と肩が痛い。近くの同僚も、週末からずっと体の節々が痛いという。

このまま箱根の山が噴火して、横浜や東京まで灰が飛んできて、もし自分まで死ぬようなことがあれば、いったい自分は今まで何をしてきたのかと危ぶまれた。こんなことをしている場合か、いつ箱根が噴火するかわからないのだから、他にやることがあるのではないか。関東、東海、南海でいつ大地震が起きてもおかしくない。自分が生き延びるかどうかもわからない。ならば他にやるべきことがあるだろう。そう思えるのだが、今日もまた頭痛と肩こりを抱えたまま、いつも通り働いて家に帰って来たのだった。続きを読む
タグ:日記
posted by 野尻有希 at 01:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

更級日記を読んで久々に物語の力に気づいて

photo
更級日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
原岡 文子
角川書店 2003-12

和泉式部日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 伊勢物語―付現代語訳 (角川ソフィア文庫 (SP5)) 土佐日記―付現代語訳 (角川ソフィア文庫 (SP19)) 蜻蛉日記〈2〉下巻―現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 枕草子―付現代語訳 (下巻) (角川ソフィア文庫 (SP33))

by G-Tools , 2015/04/07



最近の活動の記録。3月は新潮とすばるの新人賞に原稿を応募しました。これで50作目くらいになる新人賞の応募です。

4月からブログの更新を再開しようと思っていましたが、原稿を書き続けた反動か、桜を見に行くのに忙しいせいか、文章を書く気力もなく、更新できずにおりました。自分は本当のところ、桜と仏像と庭園が好きで、小説を書きたくないのではないかと思いさえしました。

ふと昔の人も桜や仏を愛でていたことを思い出し、インターネットで土佐日記、更級日記、紫式部日記などを読みあさるうち、そういえば本棚にずっと読んでいなかった谷崎潤一郎訳の源氏物語があったことを思い出しました。分厚い文庫本を取り出し、ぱらぱらめくって読むうち、物語への愛がよみがえってきたのでした。続きを読む
タグ:更級日記
posted by 野尻有希 at 01:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

最近の執筆記録と新人賞応募後反省点のまとめ

photo
風姿花伝 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)
世阿弥・著 夏川賀央・現代語訳
致知出版社 2014-12-26

by G-Tools , 2015/02/03



久々に執筆の記録。昨年12月は太宰治賞に応募できた。12月末は文学界に応募できず。直前に風邪をこじらせたし、急に続きが書けなくなった。ちゃんと構成を作ることが大事と痛感。今後は締切落とさない決意をして1月を迎える。

1月は創元社の短編SFと、小説現代の新人賞に応募できた。小説現代は400字原稿用紙換算で301枚。書いただけで達成感がある。これはまずい。300枚くらい書くのは普通のコンディションにもっていって、もっと書いた作品をブラッシュアップしたい。続きを読む
タグ:日記
posted by 野尻有希 at 00:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

新年のご挨拶、2015年の執筆計画、グレッグ・イーガンのすごさ

photo
しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)
グレッグ イーガン Greg Egan
早川書房 2003-07

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF) ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF) あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF) プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF) ディアスポラ (ハヤカワ文庫 SF)

by G-Tools , 2015/01/06



久々に日記の更新。明けましておめでとうございます。戦後70年で高野山開創1200年の今年もよろしくお願いします。

去年は結局、太宰治賞に応募したのみ。年末の文学界は、風邪をひいたし、途中書けなくなったしで、結局応募しなかった。一日50枚書けるぞと思っても、土日に風邪をひいていると書けなくなる。直前に書くのはやめにしようと思っていたのに、また直前まで引っ張ってしまった。今後は1週間前に第一稿を終わらせて、応募原稿未納品が発生しないように注意する。プロの書き手になっても未納品は信頼失墜のもと。確実に納品できるようマネジメントする。
続きを読む
タグ:日記
posted by 野尻有希 at 00:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

箱根旅行2日目のログ〜箱根神社、箱根関所、海賊船、大涌谷、彫刻の森美術館

箱根旅行2日目は、箱根神社、箱根関所、海賊船、大涌谷、彫刻の森美術館へ。写真とともに振り返ります。

湯本富士屋ホテル起床後、ホテルビュッフェで食事後、温泉へ。9時前にホテルをチェックアウト。箱根湯本駅前から箱根登山バスで元箱根港へ向かう。箱根湯本から元箱根港までバスで約30分。満員だったので、立ちっぱなしだった。急な坂でバス立ちっぱなしはきつい。カーブも何個もある。温泉で癒されたのに、体の疲れがマックスに。箱根のバスは絶対一本待って座った方がいい。

箱根神社は晴天。
IMG_20141102_192007.jpg

続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

箱根旅行1日目のログ〜ポーラ美術館、ガラスの森美術館、ラリック美術館、星の王子さまミュージアム、岡田美術館、箱根美術館、強羅公園

11月1日と2日に箱根に1泊2日で旅行してきた。目的は小説の構想を得ること、プラス美術館めぐり、プラス箱根神社参拝。

IMG_20141101_161446.jpg

1日目の行程を写真とともにお送りします。続きを読む
タグ: 箱根 旅行
posted by 野尻有希 at 20:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

三転倒立ライフスタイルのすすめ〜仕事、副業、私生活を三転倒立でバランス保つ

photo
若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
村上 春樹
文藝春秋 2004-10

使いみちのない風景 (中公文庫) 樹影譚 (文春文庫) アメリカン・スクール (新潮文庫) 意味がなければスイングはない (文春文庫) プールサイド小景・静物 (新潮文庫)

by G-Tools , 2014/10/28



先週土曜日、シナリオ・センターでコンクール入門講座最終回受講後、ライターズ・バンクの登録面談を受けてきた。ライターズ・バンクの入会資格は、脚本コンクールの受賞者、またはシナリオ・センターの教科最終工程・作家集団に所属することである。入会すると企画コンペなどの募集連絡が毎月届くようになる。ここから先は守秘義務契約があるので開示できないが、いざ面談を受けてみたら考え方が変わった。コンクール受賞より作家集団に所属することを優先目標にしてきたけれど、やはりコンクール受賞実績があると、仕事上有利になる。小さな仕事を繰り返してライター実績を積むことも大事だけれど、コンクールを受賞して、長編を書く力があると証明することが必要だ。そう思った。続きを読む
タグ:三転倒立
posted by 野尻有希 at 00:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

日本小説界のベストプラクティス、村上春樹を仮想敵としてベンチマークテスト

photo
キャプテンサンダーボルト
阿部 和重 伊坂 幸太郎
文藝春秋 2014-11-28

Wonderful Story アイネクライネナハトムジーク 連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集 (講談社文庫) みんなの少年探偵団 街場の戦争論 (シリーズ 22世紀を生きる)

by G-Tools , 2014/10/23



先週の金曜日、久々にマッサージに行った。全身こりこり、マッサージ中も過去最高の痛み。しかし効く。土曜日は、午後シナリオ・センターのコンクール入門講座に出席。夕方はシナリオ・センター研修科ゼミの卒業飲み会。夜は某小説教室の第2回講義を受講。日曜日は資格試験があるといって、夜まで飲まずに帰る。日曜日は、渋谷で情報処理技術者のITストラテジスト試験を受験。我ながらハードスケジュール。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

小説を焦って書く必要はない〜百寿者の老年的超越を見て反省



今週末はITストラテジストの試験。しばし創作から離れて試験勉強に集中している。とは言っても、勉強しているのは通勤前と昼休み。夜はドラマの新番組1話消化に追われているのだが。

職業小説家になるためには、ネットで話題になるか、出版社主宰の新人賞を受賞する必要がある。例えば、秋締切の新人賞に応募した場合は発表は来年の春過ぎになる。まだまだ最短でも半年以上もがく日々を続けなければいけないのかと思い悩んだのだが、小説を書くことそのものが楽しいのなら、プロもアマも関係ないと思った。

焦る必要はない。人生は長い。考え方が変わるきっかけになったのは、15日水曜日放送のNHK総合『クローズアップ現代』の特集「百寿者 知られざる世界〜幸せな長生きのすすめ」を見たからだ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

外部からの評価を求めるより、その分野における正しさの追求を仕事の目標に

photo
それでも人生にイエスと言う
V.E. フランクル 山田 邦男
春秋社 1993-12-25

夜と霧 新版 夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録 「生きる意味」を求めて (フランクル・コレクション) フランクル心理学入門―どんな時も人生には意味がある 死と愛――実存分析入門

by G-Tools , 2014/10/10



ネット小説は、ファンタジーのライトノベルなど若者向けの小説が人気だ。自分は大人が読む小説を書く。すると、ネットで書いていくより、出版社の新人賞向けに書いた方がいい。小説家としてのキャリアプランを固める意思決定作業が続く。小説家になるために不要なことはできるだけ減らしていく。小説を書くために不要な経験など何もない。全ての体験が創作の糧になり得るのだが、決意して生きていくのと、ただ惰性で過ごすのは、やはり違う。

先週見た番組より、仕事にも応用できる印象的な箇所のまとめ。

フジ日曜朝のトーク番組『ボクらの時代』より、オリンピック体操日本代表に三人の子供を出した田中さんの言葉。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

小説家になるために必要な「構成力」という武器を意識した日

photo
ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)
ウラジーミル ナボコフ 野島 秀勝
河出書房新社 2013-01-09

ナボコフの文学講義 下 (河出文庫) ナボコフのロシア文学講義 下 (河出文庫) ナボコフのロシア文学講義 上 (河出文庫) ウンベルト・エーコ 小説の森散策 (岩波文庫) なぜ古典を読むのか (河出文庫)

by G-Tools , 2014/10/08



10月4日土曜日。某小説教室の初日。オリエンテーションの講義で「何が何でも作家になるぞという想い、魂を持っているか」という問いかけがあった。「今まで持っていなかった」と答えるしかない。

自分にも最初は強い思いがあった。新人賞の落選を繰り返すうち、意欲をなくしていた。ネットで発表できればそれでいいかなと思ったり、脚本家になってみようかなと思ったり、迷走していた。何が何でもプロの小説家になる、そう決意することにした。それくらいの意識を持てば、新人賞で落選した時、「自分より小説家になりたい切羽詰まった人が受賞するなら、自分は落選してもかまわない」などと言い訳を考える必要がなくなる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする