2009年12月11日

グーグル急上昇検索ワードランキングで村上市が11位に!

グーグル検索ワードランキングで地元の「村上市」が11位にランクインしていた。(急上昇ワード最新ランキング)

photo
町屋と人形さまの町おこし―地域活性化成功の秘訣
学芸出版社 2004-07-10
おすすめ平均 star
star町おこしだけでなく、企業の活性化にも使える!!

食卓からの経済学―ビジネスのヒントは「食欲」にあり (祥伝社黄金文庫) そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生 桜のいのち庭のこころ 会社の絞め殺し学 ダメな組織を救う本 (祥伝社黄金文庫 ひ 9-1) いきざま 日能研と歩んだ企業家人生40年

by G-Tools , 2009/12/11



村上市といえば、新潟県村上市しかない。あの検索ワードランキング、本当にわけのわからない非大衆的な言葉がたくさん出てくるけど、村上市も出てくるわけだ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

コーヒーと石油とおばあちゃんの注意

コーヒーと石油とおばあちゃんの注意(2009年10月14日(水))

 今朝は、いつもと違うコーヒーショップに入った。こちらのお店は、他のコーヒーショップよりも値段が高い。コーヒーも食事もみんな値段が高めに設定されているから、たまにしか通わない。不況のせいか、競争相手が増えたせいか、このコーヒーショップは売上が下がってきているという。社会全体が、低価格志向になっている。ならば僕は、このコーヒーショップで朝食を取ろう。困っている人がいるかもしれない。みんなが集まる人気店に自分も行く必要はない。誰もかえりみないようなまずいコーヒーを出すお店、高いコーヒーを出すお店に行って、そのお店の売上に貢献することだってできる。


続きを読む
タグ:私小説
posted by 野尻有希 at 23:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

紙、石油、お金について

紙、石油、お金について(2009年10月13日(火))

 三連休明けの仕事の日、朝七時半に地下鉄に乗る。地下鉄を毎日動かしてくれている鉄道会社の人たちに感謝しつつ、オフィスに向かう。朝食は、オフィス近くのコーヒーショップで、レタスドッグとアイスカフェラテをいただいた。四百七十円だ。レタス、パンの元となった小麦の命、ウィンナーの元になった動物の命、カフェラテの元になったコーヒー豆の命と、母親牛がもたらしてくれた乳に感謝した。
続きを読む
タグ:社会問題
posted by 野尻有希 at 23:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ネイティブアメリカンの織物のようにゆったりと

雪子:続いて、私小説の掲載だ。
嵐:私小説って何だ?
雪子:私が想像した小さな仮説のお話、それが私小説というものだよ。
嵐:何だかよくわからんぞ。小説と何が違うんだ?
雪子:とりあえず、違いはいい。まず読んでおけ。
嵐:いやだ。ゲームしてからにする。
雪子:だから、Z指定のゲームを中学生がやっちゃだめなんだってば。
嵐:え? お前もさっき楽しそうにやってたじゃないか。
雪子:うるさい。今日の掲載分は、10月12日の午後の話だ。一週間以上も前の話、いまさら書いてどうするつもりだろうな。何か意味があるんだろうか。
嵐:話をそらすな、話を。

続きを読む
タグ:私小説
posted by 野尻有希 at 16:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

愛している食事の話


2009年10月12日(月)愛している食事の話


今日食べたもの。

朝は新宿歌舞伎町のコーヒーショップで、海老入りのサンドとアイスカフェラテをいただいた。僕の注文には、アジア大陸出身の女性店員さんが答えてくれた。系列のコーヒーショップを毎日のように利用しているが、他の地域の店舗で働く人は、みな日本人だった。歌舞伎町だからこそ、アジア大陸の人が働いてくれているのだろう。

photo
森の生活〈上〉ウォールデン (岩波文庫)
Henry David Thoreau
岩波書店 1995-09
おすすめ平均 star
star簡素な生活
star生き方は色々ある
starタイトルとおりの内容、気持ちのいい読書はできるが。
star避けては通れない。
star自分を見つめろ

人生の短さについて 他二篇 (ワイド版 岩波文庫) ウォールデン森の生活 (洋販ラダーシリーズ LEVEL 3) フランクリン自伝 (岩波文庫) 普及版 モリー先生との火曜日 生き方の原則―魂は売らない

by G-Tools , 2009/10/18

続きを読む
タグ:私小説
posted by 野尻有希 at 22:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

新宿のマンガ喫茶に入るまでの行動記録

朝6時起床、ハードディスクに録画した「夏のあらし!春夏秋冬」を視聴しつつ、洗濯をする。シャフト製作のアニメーションは、カット割りが前衛映画みたいで好ましい(10月からのアニメのうち、「とある科学の超電磁砲」、「ダーカーザンブラック」の2本は視聴確定。「夏のあらし!春夏秋冬」、「空中ブランコ」の2本は、今後の様子見といったところ)。

洗濯ものを干した後、新宿まで自転車で向かう。歌舞伎町のドトールで朝食。ぎゃるお風の男と、若い女性二人連れが店内に入ってくる。女性たちが「げ、ジャーマンドックないよ」「何食う?」とぶっきらぼうに言いあう。男が「俺奥のテーブルとってくるよ」と言う。

8時過ぎにドトールを出る。新宿アルタ前には警備員が二人立っている。「いいともスタッフの方は、ID証をお見せください」と書かれた札がはり出されている。タモリは毎朝、いいとも収録のため、新宿アルタ前に来ているのだ。新宿に毎日、数十年通い詰めるタモリの偉大さを知る。

8時10分過ぎ、マンガ喫茶に到着。歌舞伎町付近のマンガ喫茶は混んで席がとりにくいため、新宿南口方面のマンガ喫茶に行く。3時間1000円。まわりにネットカフェ難民がいるのかいないのかはわからない。みんなこざっぱりした服装の若者ばかり。受付では、財布を忘れたらしく、お金を払えない人が、店員と話しこんでいた。店員は話し終わった後、ネイル室に入って、多分お偉いさんに報告していた。

これから3時間、小説を書く。自分のためでなく、小説を手にとって読む人にとって、意味のある小説を書く。世界が必要としている小説を意識する。新人賞をとろうが落ちようが、書かれて、公表される意味のある小説を書く。できるならば、出版して公表した方がよいと、読む人が思ってくれるような、現代世界にとって意味のある小説を書く。

小説は本来意味のないものだ。意味がないからこそ小説なのだというのは逃げだ。意味のないものなんてないんだよというニューエイジ的な言葉で開き直るのはどうだろう。深入りは避けよう。とにかく、頭の中におりてくる言葉をキーボードで文章化する。

photo
夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]
キングレコード 2009-06-24
おすすめ平均 star
starDVDを買うほどではないが、レンタルで見る価値はある
starスタッフみただけで良作だ
starシャフトって作品選ぶたびに黒歴史化疑惑が出るよね
star時間の中を走り抜けてくあらしな小夜子
starギャグだけじゃないシャフトが見られます

夏のあらし!VOL.2【初回限定版】 [DVD] 夏のあらし!VOL.3【初回限定版】 [DVD] 夏のあらし!VOL.4【初回限定版】 [DVD] 夏のあらし! オリジナルサウンドトラック 方舟音楽館 夏のあらし! キャラクターソングアルバム

by G-Tools , 2009/10/12


タグ:小説
posted by 野尻有希 at 08:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

秋葉原、メイド耳かき女性店員殺害のニュースに関して

一月ほど前、友人と秋葉原に行った。メイドのリフレに行ってきた。30分ほど、眼精疲労のマッサージを受ける。施術者はメイドさんの格好をしていたが、マッサージが始まれば、目の上にタオルをおかれるし、普通のリフレクソロジーの店と代わらない。ただ店員がメイドの格好をしているというだけである。

それでも、店に女性客はいないし、メイド目当ての男性客が多い。車椅子のお客さんも来ていた。性風俗の店は、身体障害者に冷たいと以前本で読んだことがある。メイド喫茶もメイドリフレも性風俗業ではないから、逆に障害ある人に優しいのだろう。そういえば、メイド喫茶で働く女性が、お客さんとアフターで会ったり、恋仲になったりという話は聞かない。性的なサービスをしているようでいて、性的なサービスではない、メイド喫茶、メイドリフレという特殊営業店舗。


秋葉原に行った翌日、ヤフーのトップニュースで、メイド耳かきで働いていて、お客さんに刺された元メイドの女性が死亡したというニュースが流れた。お客さんは、メイドの耳かき店に通いつめており、殺害された女性を何度も指名していたという。ストーカー的恋愛感情が、殺人にいたったのだろう。秋葉原には、萌えをセールスポイントにした商品が溢れている。萌えに特化した深夜アニメが多数放送されているし、萌えを売りにした美少女ゲームも多数販売されている。こうした状況でおきた殺人は、萌え現象の行き過ぎを警告するものだ。

かといって、秋葉原のコアでディープな人たちに対して、偏見を助長することは、得策ではない。ブームなのだから、ブームに接していない人たちからみれば、異常な行動と映る現象がおきて当然だ。殺人事件がおきたからといって、秋葉原の文化全体を軽蔑することは、差別意識以外の何物でもない。秋葉原の側は、ブームの行き過ぎを内省し、社会の側は、秋葉原の変化をゆっくり理解しようとつとめること。殺人事件の悲劇を追悼しよう。(連載私小説『私の小さな仮説のお話』)


photo
萌える就職読本
彩図社 2009-06-30
おすすめ平均 star
star「やる気」も「お金」も大事

30歳の保健体育 ‾恋のはじまり編‾ 科学がSFを超える日―萌え萌え未来科学講座― カオスアニメ大全 (INFOREST MOOK Animated Angels Mania) 中二病取扱説明書コミック オタク語事典2

by G-Tools , 2009/10/11


タグ:時事問題
posted by 野尻有希 at 17:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

私の小さな仮説のお話:自己中心的な人生の弊害

 仕事の帰り道、歩道に酔っ払いのおじさんたちが歩いていると、邪魔だと感じる。これは僕自身のエゴだと思った。いらつかないようにしよう。急いでいるからいらつくのだ。急ぐ必要もない。そう思ったら、目の前をゆっくりと歩いている男女二人も邪魔だと思わなくなった。早足して帰る必要はない。
 自己中心的な人生の弊害。
 地下鉄が混んでいる。もっとすいた電車に乗って帰りたい。これもエゴだ。どんなに電車が混んでいても、心を乱さず、平静でいること。
 別の日、いつもより早く帰った時も、早足で帰ろうとしていた。夜遅くまで働いていたわけではないのだから、そんな急ぐ必要もないのに、ついつい早足で帰ろうとしてしまう。不要だ。
 時間はたっぷりある。予定をつめこみすぎるから、やる必要もないことを無理にやろうとするから、急ぐ必要が出てくる。ゆっくりと幸せそうに歩く人たちを邪魔だと思うエゴが生じる。
 自分の人生を意味あるものとしてくれるのは、自分自身しかいない。他の情報は、自分自身の人生を意味づけてはくれない。
 田舎出暮らしていた子どもの頃は、こんな早足で家路を急ぐこともなかった。何故こんなに早足で歩く必要がある? 田舎で暮らした子どもの頃みたく、ゆったりと歩いてみることにした。
 東京に暮らしていても、都会暮らしのライフスタイルにとりこまれないよう気をつけること。田舎の頃の、子どもの頃のゆとりを維持すること。
 子どもの頃の気持ちで帰ってみると、眠たいし、疲れていることに気づく。体の節々が痛くても、仕事が忙しいからといって、無理に起きていた。睡眠時間を少なくしていた。子どもの頃は別に今ほど多忙でもないのに、疲れを感じたらすぐ休んで、翌朝も快調だった。無理をして生きていると、心身の感覚がにぶってくる。無理をして、何を変えようというのか。まず自分を平和にしてから、世界の平和を願うこと。
タグ:随筆 小説
posted by 野尻有希 at 23:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

私の小さな仮説のお話:オバマ大統領の国連演説を聴いてみて

 オバマ大統領の国連演説をテレビ中継で聞いた。フローリングの床の上に体を横たえて、目をつぶってリラックスしながら、日本語の同時通訳を聞いていた。
 オバマの言葉には、カントのような理想主義の響きがあった。世界は現在の状況に悲観的だが、オバマは理想を語る。ニヒルではない。悲観的でない。希望と理想をつなごうとしている。
 国連での演説は、アメリカ国民に向けてでなく、世界全体の人類に向けて語られたものだから、日本人である僕自身の心にも強く響いてきた。
 オバマのことを批判する言葉がマスコミには溢れているし、国連演説の内容全体を報道する局も少ない。オバマについて誰かが語る言葉に耳を傾ける前に、オバマ自身の言葉に耳を傾けよう。これほどの理想があれば、生きていく希望が持てる。アメリカ国民がオバマを歓迎した理由がわかった。
 核兵器廃絶で、国連が共鳴した。オバマの演説に説得力があったからだろう。核兵器廃絶に関して、国連の常連理事国が全会一致でオバマの意見を採用するとは、長い冷戦の時代からすれば、奇跡に近い。日本の鳩山首相も、核兵器を唯一落とされた国の首相として、オバマの意見に同調した。アメリカと日本の関係がまずいと言うマスコミの主張は、この国連の光景だけを見れば、馬鹿馬鹿しく見える。各論よりも、人類にとっての理想を大事に思うこと。自分たちの身の安全だけを考えていては、世界に平和は訪れない。

 ただしオバマは核兵器の根絶を訴えたのみで、戦争根絶の永遠平和は訴えていない。紛争の続く時代で、核兵器を作る北朝鮮のような国は悪であるという論理で、国連の全会一致を得た。
 説得力のあるオバマの意見に反対しては、自分の国も悪の国とされかねない。そのような不安の意識が、賛成票を投じさせたということもあるだろう。アメリカのアフガニスタンに対する武力行使は続いている。戦争をなくそうと国連の人たちが全会一致で賛成するには、後どれくらいの月日が必要だろうか。
 核兵器の問題は、政治家たちが国連で語り出す以前に、小説、映画、マンガ、アニメで散々語られてきた問題だ。ようやく国連の場で、核兵器を作ってきた国の代表たちが、核兵器を廃絶しようと意志を固めたのだ。
 戦争がなくなる永遠平和の日はそう遠くないと願うのは、馬鹿げた理想主義だろうか。そう悲観する必要もない、悲観したくないならば、自分たちの力で、希望をかなえるよう努力していこうと思えた、オバマの国連演説だった。

photo
永遠平和のために (岩波文庫)
Immanuel Kant
岩波書店 1985-01
おすすめ平均 star
starカントの政治理論の入門書
star偉大な哲人カントの平和論。厳粛に傾聴すべし。
star地理と理性が‘自然に’導く平和
star素晴らしき現実主義者カント
star人類の最終目標は絶対的平和

啓蒙とは何か―他四篇 (岩波文庫 (33-625-2)) 道徳形而上学原論 (岩波文庫) 社会契約論 (岩波文庫) プロレゴメナ (岩波文庫) 市民政府論 (岩波文庫)

by G-Tools , 2009/09/27


タグ:永遠平和
posted by 野尻有希 at 21:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ネットカフェのトイレに入ったら、ネットカフェ正社員月収30万のポスターを見る

photo
漂流ネットカフェ 1 (アクションコミックス)
双葉社 2009-02-28
おすすめ平均 star
starテレビドラマとは違います。

漂流ネットカフェ 2 (アクションコミックス) ユウタイノヴァ 2 (ヤングマガジンコミックス) ユウタイノヴァ 1 (ヤングマガジンコミックス) 鬼燈の島-ホオズキノシマ- 3 (ヤングガンガンコミックス) 罪と罰 6 (アクションコミックス)

by G-Tools , 2009/09/26



確か7月くらいに新人賞応募原稿を書いていた頃、来月からは毎週末漫画喫茶に行って、原稿書きまくるぞと豪語していたけど、いざ応募が終わったら毎週原稿書くこともなく、ガンダムとゲームとゴルフの練習に明け暮れていたのだった。

しかし、もうすぐ9月末のコンクール応募締め切り。そう、新人賞というと何か気持ちがなえてくるから、コンクールと呼ぶことにしよう。賞金100万円応募者1000人などの新人賞には、きっとお金目当ての変な人がたくさん応募しているのだろう。僕はつつましく、真っ当なコンクールに応募しよう。

ネットカフェに入ってから、トイレに行く。便器に座ると、ボクシング協栄ジムの生徒募集ポスターが目に入る。さらには、このネットカフェの正社員募集のポスターも目に入ってくる。正社員は月収30万以上と書かれている。

本当だろうか。どうせ拘束時間が長大なのだろうか。ネットカフェ難民の人は、トイレに入って、正社員募集のポスターを見て、応募して、採用されているのだろうか。あまりそうとは思えない。

会社のホームページの採用者成功談に、「ネットカフェ難民でしたが、ネットカフェのトイレの正社員募集ポスターを見て、面接を受けてみたら、見事月収30万ゲットできました!」という成功談が載っていたら、面白くて働き甲斐のある会社だと思う。

ああ、こんなこと書いてないで、まじめに小説を書こう。まじめといのがどういうものなのかよくわからないけれど、国連で演説した時の、オバマ大統領のような様子を指すのだろう。理想を信じて。

ストア派の哲学を知りたいと思って、ストアでアマゾン検索すると、ストア関連のビジネス書がたくさん出てきた。現代において、ストア派の哲学といえば、コンビ二経営だろうか。

photo
自省録 (岩波文庫)
神谷 美恵子
岩波書店 2007-02
おすすめ平均 star
star昔も今も、地位がある人も双でない人も、人は変わらない
star現実と理想の狭間で
star成功哲学の《元祖》。
star冷静になりたい人のためになる
star超一流の人間から死生観をまっすぐと喉元に突きつけられる

人生の短さについて 他二篇 (ワイド版 岩波文庫) 怒りについて 他二篇 (岩波文庫) 新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO) 生きがいについて (神谷美恵子コレクション) フランクリン自伝 (岩波文庫)

by G-Tools , 2009/09/26


タグ:新人賞
posted by 野尻有希 at 12:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

デフレのせいかDVD百円レンタルで、人生の価値までデフレになるかならないか

 はじめのうち、近所のレンタルDVD屋は、八月三十一日まで旧作百円レンタルを実施していた。八月中旬になったら、百円レンタルは、十月三十一日まで延長された。いよいよデフレだなと思いつつ、九月の五連休用に先週DVDを借りに行ったら、百円レンタルは、十二月三十一日まで延長されていた。最早デフレのど真ん中である。

全国展開している大手レンタルDVDチェーンは、旧作一週間レンタル料金が三百五十円程度である。百円でレンタルできる店があれば、三百五十円の店には行かなくなる。三百五十円あれば、一本百円の店では、三本もレンタルできる。百円にした方が集客につながり、結局は儲かるのではないかと思っていたら、大手レンタルチェーンも、連休の期間に限り、DVD旧作一週間レンタル料金を二百五十円程度に下げてきた。それでもまだまだ高いから、やっぱりその店には借りに行かないわけだが。

安いからといってDVDを借りすぎると、休日の時間が短くなる。人生を短くしているのは、私自身のせいであるというセネカの言葉は妥当だ。五連休、何も予定をいれなければ、ゆっくりと休養できるが、百円のDVDをレンタルしすぎれば、休暇もあっという間に終わる。

できるだけ時間を有効活用しようと、1.5倍速でDVDを再生するのも、生き急いでいるようで、時間の節約にはなるが後味が悪い。レンタルは一本百円でも、自分自身の休日が、二時間なくなるのである。

安い商品に飛びつくよりも、自分の持ち時間を大切に扱う方がよい。安いからといって、見る必要もない作品を鑑賞しているのではないか。百円のDVDを見るということは、自分自身の時間も二時間あたり約百円で売り払っているということなのだ。時間の浪費でなくてなんだろうか。

それにしても、デフレだ。DVDを一週間百円でレンタルできるのは、幸せなことだろうか。物価がおかしくなっているだけだろうか。百円に価格が下がっているのは、商品の料金だけだろうか。自分自身の時間の価値まで、デフレに巻き込まれていないか、よくよく考慮しつつ、五連休の時間、おおよそ百二十時間を大切に扱おう。

photo
人生の短さについて 他二篇 (ワイド版 岩波文庫)
茂手木 元蔵
岩波書店 1991-06

怒りについて 他二篇 (岩波文庫) 自省録 (岩波文庫) マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) 知性について 他四篇 (岩波文庫) フランクリン自伝 (岩波文庫)

by G-Tools , 2009/09/20


タグ:哲学
posted by 野尻有希 at 23:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

シルバーウィークの出来事

9月の5連休、シルバーウィークは慣れないものだから、実際5連休になっても、そんなやることがない。とりあえずはヴィクトリーガンダムとガンダムウィングのDVDを見ていきつつ、新人賞応募用の小説を書く予定。

読んでいる本は、ユルスナールの『ハドリアヌス帝の回想』とかセネカの『人生の短さについて』など。セネカはすごい。読まずにいたのがもったいなかった。

photo
人生の短さについて 他二篇 (岩波文庫)
Lucius Annaeus Seneca
岩波書店 1980-11
おすすめ平均 star
star自らの死によって思想を証明した偉人
star考えさせられます
star『菜根譚』と共通点がある
starわかっちゃいるけど
star惑る人々に告げる言葉

怒りについて 他二篇 (岩波文庫) 自省録 (岩波文庫) マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) 知性について 他四篇 (岩波文庫) フランクリン自伝 (岩波文庫)

by G-Tools , 2009/09/19



遭難中のくれよんしんちゃんの作者、臼井さんかもしれないという男性の遺体が山で見つかった。他殺か事故死か。世界各国で売れているというくれよんしんちゃん。さざえさん、ちびまるこちゃん、あたしんち、どらえもん等と同じく時間が無限ループする物語。

5連休は神宮球場のゴルフ練習場に、毎朝通う予定。ドライバーショットを安定させたい。
タグ:哲学
posted by 野尻有希 at 22:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

私の小さな仮説のお話:情報からの隠遁

しばらく情報から隠遁することにする。ブログを書こうとすると、トップページにランキングが表示される。記事内容によって、ランキングが上下する。毎日の更新を怠ると、すぐ順位が下がるから、必然的に記事を書くことになる。

ランキングにこだわらなければ、疲れていながらも、ブログを更新する必要はない。世の流れから背を向けて、本当に大切なものは何か見極めること。焦る必要はないし、肉体を酷使して疲れ果てる必要もない。

『エセー』を書くモンテーニュのように、俗世の情報の流れから背を向けて、ひきこもること。

ネイティブアメリカンの様式で服を作っている女性が、テレビ出演時、疲れている時は無理して服を縫わないと言っていた。精神的に余裕がある時だけ、作品制作に打ち込む。疲れている時に作った作品には、作者の魂の疲労が滲んでくる。そうした産みの苦しみを経てできる作品も素晴らしいだろうが、ネイティブアメリカンの服のように、自然と調和した作品を作ろうとした場合、現在の日本の社会と同じ情報速度で仕事をしていては、作品が駄目になる。

一喜一憂を避ける。毎日焦らずに生きる。何かにおわれるようにして、自分を追いこんで、焦って生きている人が東京には多いように思える。
タグ:情報
posted by 野尻有希 at 00:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

私の小さな仮説のお話:マーケティング用語のターゲットってお客さんに失礼だと思う人

マーケティングの用語で、お客さんのことをターゲットと呼ぶ風潮がある。店員さんから、ターゲットと呼ばれて嬉しいだろうか。

「ターゲットを絞り込んだ新商品開発」

そんな新商品、発売されて嬉しいだろうか。

狙われて、発売。あまり嬉しくないように思う。


お客さんのことをターゲットと呼び習わすのは、失礼なことだと思う。


ターゲットと直訳するから語感が悪いのではないか。
「相手」と呼べば和らぐのではないか。

相手を意識して、商品を作る。

相手の興味関心をひく商品を作る。
 
相手の役に立つ商品を作る。

ターゲットを狙いうつよりも、相手にささげる商品を。
posted by 野尻有希 at 23:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の小さな仮説のお話:いつでも最高の自分でいるための体調管理

世界のため、社会のために何かできないかと考えてみるその前に、まず自らの体に痛みがあるなら、自分の体の痛みからとりのぞいてみること。

自分の面倒も見れないようでは、世界の面倒も見れない。自分を捨てて、身を粉にして、世界平和のために貢献する。こうした生き方もあるだろうけど、多くの労働者が、仕事のストレスに苦しめられている現実がある。

自分自身の体調を管理できずに、何ができるのか。

常に最高の体調で毎日に望むこと。頭は明晰に、心に圧迫なく。

ストレスが日常にあると思っているのは、思いこみにすぎない。本当は、自由に、快活に生きていける。子どもの頃みたいに。王様のように。

posted by 野尻有希 at 00:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

私の小さな仮説のお話:人生における重要度

会社の仕事が忙しかった。仕事をしてもすすまない。昔はどんどん仕事が進んだのに、何故かちょっとしたことでつまってしまう。時間がかかる。終わらない。

仕事ごとに重要度をつけてみた。この仕事はどれだけ重要な仕事なのか。いつまでに終わらせることのできる仕事なのか。

優先度と終了目標時間を仕事につけてみたら、高速で仕事が終わった。いろんな自己啓発書に書かれていることだし、自分自身知っている知識だけれど、実践していないと忘れてしまう。

優先度づけを実践してみると、みんな無駄話、無駄な悩みに時間を費やしているとよくわかった。

プライベートの時間でも、優先度づけを試してみた。休日の予定、ずいぶん重要度の低い予定でうまっている。ゲームをして時間がなくなる理由がわかった。ゲームは人生にとってそれほど重要じゃないのに、何故か時間を費やしてしまう。重要度を思い出すこと。大事なことだ。

重要なことはついつい後回しにしてしまう。くだらないことに時間をさいてしまう。何が自分の人生にとって大切なことなのか、思い出して、人生を組み立て直してみること。
タグ:人生論
posted by 野尻有希 at 00:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

おいしい食事の恵み、情報の情の部分

おいしい食事の恵み。おいしいプリンの恵み。おいしい親子丼の恵み。

憎しみよりも、愛情を尊ぶこと。

栄養ドリンクを飲んでも治らなかった口内炎。二週間続いたけど、ヨガをしたら一日で沈静化した。

外から情報を摂取しても治らない場合は、体の動かし方を変えてみる。

情報の与え方の変更。

本当は、体の中に取り込む情報について気にするより、体の外に吐き出す情報について考える方が秀逸。

自分の体から何を出すのか。憎しみなのか、心が温かくなるものか。

よろこばしき知識。

情報の入出力。何を摂取して、何をお返しするのか。自分の胸に聞いてみること。
posted by 野尻有希 at 00:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

私の小さな仮説のお話:路上生活者に精神疾患6割

想像すること。思い出すこと。たくさんの情報を、無理して摂取することは不要だ。自分の過去の体験をゆっくり思い出すことだ。自分たちの社会の歴史をゆっくり思い出すことだ。未来の自分と、自分が暮らす社会の姿を、ゆっくりと想像することだ。

一日一分だけでいい。ほんの少しの時間でいいから、想像と回想の時間を持つこと。余裕があるなら、長い時間をかけて、心を使うこと。心をすり減らすのでなく、使うこと。

仕事をして、他の人のお世話をしていると思えないなら、思えるように仕事をすること。自分の仕事に価値を見出すためには、自分の心を変えるしかない。自分の行動を変えるしかない。

忙しくて、他の人の頼みごとを断っている自分。情けなく思うのなら、自分を頼ってきた人の役に立てるよう、いつでも余裕を持つこと。

「情けないなあ自分」と思うのは、「情け」がないから。情を持つ。人に共感する情を。 

本を読む。情報を持つ。

情報とは、情を蓄えるために摂取するもの。

検索サイトのトップニュースで、路上生活者の六割以上が精神疾患と書かれていた。これもまた情報だ。

路上で生活している人たちが、精神疾患に陥っているというのは、よくよく考えてみれば、普通にあり得ると思えることだ。けれど、想像力をめぐらせなければ、思い当たらないことだった。

僕の家の近所にも、路上で生活している女性がいる。会社の近く、高架下にダンボールの家を作って、生活している男の人がいる。多くの人の心に恵みを。

祈るだけでなく、社会がよくなるよう、思考すること、行動すること。

働く意義。人のお世話をすること。
タグ:働く意義
posted by 野尻有希 at 23:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

私の小さな仮説のお話:一日一分、思い出す時間を持つこと

 毎日朝から体が痛かったけど、朝家を出た時、腕に入っている無用な力を抜いてみた。何も戦う相手もいないのに、腕がりきんでいた。ものすごく重い物体を握って、なんとか運ぼうとしているような筋肉の慢性緊張。そんなの掴む必要ないんだよと脳にわからせてあげる。すると、一日調子がよくなった。
 体がとても楽だ。普通の人って、いつもこれくらい体と心が楽なのだろうか。何も掴む必要はなかった。
 風呂上りには、選挙結果のニュースを見ながら、ヨガをする。進んだ知識人層の活躍が、今回の選挙結果を生んだのではない。農家のおじさんおばさん、町役場のおじさんおばさんたちが、与党にノーと言ったのだった。不況が続いて、倒産する会社が増えている。今まで与党に入れていたけど、ちょっとお灸をすえてみようというようなおじさんおばさんたちの心境変化が、政権交代を生み出しただろうか。
 何気なく生きていると、自分が今生きている状況のありがたさがわからなくなる。学校入りたての頃、就職したての頃、転職したての頃の初々しい気持ちは、日常が続くうちにだらけて、消えてくる。自分が今生きている状況のかけがえのなさを認識すること。毎日の繰り返しに感情を揺り動かすためには、一日一分だけでも、日常を振り返る時間を持つことが必要じゃないだろうか。
 夜眠る前、今日体験した出来事を振り返ること。今日一日、隣人たちとどう接してきたのか、どんな食事をしたのか、誰に助けられたのか、誰のお世話をしたのか。
 たくさん情報を摂取する必要もない。無理して何か重たいものをつかもうと力む必要もない。必要なのは、一分だけでも回想する時間を持つこと。他の存在に自分の身を重ねる想像の時間を持つこと。大量の情報に埋もれるよりも、一日の間に、自分が接したわずかな情報をゆっくりとかみしめること。
 できるだけ自分を身軽にすること。余計なものをそぎ落とすこと。本当に伝えたいこと、表現したいことは何だったのか、一日一分だけでも考え、思い出す時間を持つこと。
 想像する自分。思い出す自分。生きている自分。他人のお世話をしている自分。

photo
The Melody at Night, With You
Keith Jarrett
Universal/Polygram 1999-10-19
おすすめ平均 star
star心が震える
star私の音楽観を変えた、アルバム、名盤だと思います。
starキース?
star評価の高さに驚きました
starいいです

ザ・ケルン・コンサート Facing You Night Lights ザ・ケルン・コンサート [SHM-CD] Waltz for Debby

by G-Tools , 2009/09/01


レビュープラス
posted by 野尻有希 at 23:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の小さな仮説のお話:新型インフルエンザ感染拡大、社会的想像力

先週の夜、夕食を会社近くの中華料理屋で取っていたら、新型インフルエンザ感染拡大のニュースが耳に入ってきた。

ニュース番組のアナウンサーが、日本国内での死亡者が増えていることを告げる。甲子園に出場した高校野球の選手に、新型インフルエンザの集団感染が発生していたことが告げられる。選挙ニュースの裏で、インフルエンザ感染拡大が毎日告げられる。

こうしたニュースを見ていると、自分も感染するのではないかという恐怖感が生じてくる。感染した人には、できれば近づきたくないなという自己防衛の考えも生まれてくる。

しかし、それってどうだろう。自分が感染したとしたら? 

感染していない人たちから、煙たがられたら、嫌に感じるだろう。新型インフルエンザに感染しただけで、陰口を言われたり、いじめられたり、差別されたり、そんなことをされたら、嫌に感じる。

想像力を広げてみよう。自由奔放な妄想でなく、社会的な想像力。もし自分がインフルエンザに感染したら、隣人にどう接して欲しいのか。

恐怖を感じることなく、自己防衛に走るのでなく、「具合はどうですか?」といたわりの言葉をかけること。

病状の回復を願うこと。

相手のために、自分に何かできることがないか、考えること。

こうした感情を、ニュースは伝えない。ニュースは事実だけを伝える。報道はそれでいいのだろう。事実を知った時、個人個人がどういう行動に出るかは、個人の問題だ。

僕は少なくとも、自分の身を守るために、恐怖と不安を募らせるのでなく、感染した人たちの回復を願う気持ちを育みたい。

願うだけでは何も解決しない。それは正論だ。しかし、目の前に難病に感染した人がいたとして、自分はどのように接するのか。一日二十四時間あるうち、ほんの一分だけでも、我が身におきかえる想像の時間を持つこと。

忙しい一日のうち、ほんの一分だけでいい。心を落ち着けて、普段とは異なる目で世界を見つめること。

photo
知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル 改訂版
岡田晴恵
現代けんこう出版 2009-05-04
おすすめ平均 star
star買っとこ

新型インフルエンザ完全予防ハンドブック (幻冬舎文庫) Pandemic Influenza Prevention Manual(新型インフルエンザ予防マニュアル英語翻訳版) 新型インフルエンザの企業対策 新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック 新型インフルエンザの学校対策 ―H5N1型ウイルスから子どもたちを守る基礎知識と指導資料―

by G-Tools , 2009/08/31



レビュープラス
posted by 野尻有希 at 00:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする