2014年02月05日

たった一つのことに集中する〜「ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果」

photo
ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果
ゲアリー・ケラー ジェイ・パパザン 門田 美鈴
SBクリエイティブ 2014-01-22

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) 才能を磨く ~自分の素質の生かし方、殺し方~ 福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密 強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」 新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

by G-Tools , 2014/02/05



読んでみたらとってもいい感じだったので、久々にビジネス書をブログで紹介。本当久々。思わず紹介したくなったし、ブログ記事に残したくなった。以下まとめ。

<人生は問いである>
・質問の質がそのまま答えの質を決める。自分自身にどのように問いかけるかで答えが決まり、結局それが自分の人生になる。
・的を絞る質問をする。「それをすることで、他の全てがもっと容易になるか不必要になるような、私ができる一つのことは何か?」答えは一つしかない。二つ以上選ぶわけにはいかない。リスクヘッジはきかないので、真剣に選ぶことになる。
・他の人の研究、経験は答えを探す時の最高のスタート地点だ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:26 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

書評『三谷幸喜創作を語る』(講談社)より印象的な言葉をピックアップ

photo
三谷幸喜 創作を語る
三谷 幸喜 松野 大介
講談社 2013-11-15

「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展」 OFFICIAL BOOK 三谷幸喜のありふれた生活11 新たなる希望 MEKURU VOL.01 ◆ 宮藤官九郎 ([テキスト]) ドラマ 2013年 12月号 [雑誌] クリエイターのためのストーリーの作り方

by G-Tools , 2013/11/28



『三谷幸喜創作を語る』(講談社)より印象的な言葉をピックアップ。

三谷「日本のテレビ史、映画史、演劇史に残りたいとも思わないけど、それ以前に残れる気がしない。でも、そういう僕でも出来ることはあると思う。選ばれてない人たちが『この物語は自分達のものだ』と思ってくれて、励みになるものを書く。それは選ばれた側の人間には出来ないと思うんです。選ばれてない側だから出来る気がして。舞台の『アマデウス』のラストでサリエリが観客に向かって、『全ての凡庸なる人々よ。私は貴方の守り神だ』みたいなことを言う。それを学生時代に客席で観た時、僕のことを言ってくれてる! ととてつもなく感銘を受けたんですよ。本当はサリエリだってすごいし、僕はサリエリにすらなれないんだけど、僕は僕で守り神になりたいと思った」(p.160)続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:15 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

ビジネス書評:伊賀泰代『採用基準』要点まとめ

photo
採用基準
伊賀 泰代
ダイヤモンド社 2012-11-09

結果を出すリーダーはみな非情である 世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア スタンフォードの自分を変える教室 外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック ハーバード流宴会術

by G-Tools , 2013/03/04



ビジネス書の最近のベストセラーより、伊賀泰代『採用基準』のまとめ。

<誤解される採用基準>
・マッキンゼーが必要としているのは、地頭がいい人ではなく、リーダーシップのある人。
・現状分析する時には、深く掘り下げて物事を考える力が必要。
・解決策を提案するには、「今は存在しない世界」をゼロからイメージしてくみ上げていく思考が求められる。
・構築型の能力とは、独自性があり、実現した時のインパクトが極めて大きな仮説を立てる能力。ゼロから、新しい提案の全体像を描く構想力や設計力。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:23 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

ビジネス書評:川原慎也『これだけ!PDCA 必ず結果を出すリーダーのマネジメント4ステップ』要点まとめ

photo
これだけ! PDCA
川原慎也
すばる舎 2012-07-18

すべての「見える化」実現ワークブック 次の会議までに読んでおくように! ~モダンミーティング7つの原則 これだけ! OJT 課長の大間違い! ランチェスター戦略式 1枚シートであなたの会社が儲かる!

by G-Tools , 2013/03/03



川原慎也『これだけ!PDCA 必ず結果を出すリーダーのマネジメント4ステップ』の要点まとめ

<PDCAを実践できない理由>
・そもそも計画が偽物の計画になっている。
・目的と目標は違う。
・目的はずっと追いかけることができるもの。明確なゴールはない。
・目標は目的を実現する為の手段。明確なゴールがある。
・サッカー女子日本代表のなでしこにとって、目的は「女子サッカーをメジャーにすること。目標は試合に勝つこと。
・まず目的と目標を組織で共有する。続きを読む
posted by 野尻有希 at 15:27 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

書評『ふじやま学校の朝礼・終礼〜仕事と生き方の原理・原則〜』印象的な箇所のまとめ


photo
ふじやま学校の朝礼・終礼 〜仕事と生き方の原理原則〜 (ワニプラス)
柳沢 敬法 株式会社ふじやま学校
ワニブックス 2012-04-16

世界で1000年生きている言葉 (PHP文庫) 世界基準で夢をかなえる私の勉強法 脳とカラダがよろこぶ 調和力ごはん (ワニプラス) 女人開眼抄 [実践]課題解決の新技術

by G-Tools , 2013/02/27



『ふじやま学校の朝礼・終礼〜仕事と生き方の原理・原則〜』より、印象的な箇所のまとめ

・身体と言葉と心が一致していないと不自然になる。身口意一致の精神が大事。
・自らの存在のルーツ、根源を愛する。
・常に見られているという意識を持つ。
・傍観は責任の放棄。全ての仕事を他人事でなく自分の事として受け止める。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:58 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

白潟敏朗『社長、御社の「経営理念」が会社を潰す!』のポイントレッスン

photo
社長、御社の「経営理念」が会社を潰す!
白潟 敏朗
中経出版 2012-12-11

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継 もう終わっている会社 (ディスカヴァー・レボリューションズ) 99%の社長がカン違いしていること 絶対に会社をつぶさない 社長の営業 スゴい「節税」

by G-Tools , 2013/02/26



白潟敏朗『社長、御社の「経営理念」が会社を潰す!』のポイントレッスン

<経営理念が組織に浸透し、実践されない理由>
・みんなが「理念」という言葉の意味を知らないから。
・ついつい美しい文章を作成してしまい、ありふれた文言になりがちだから。
・社員の共感を呼ばない経営理念は、会社の業績を伸ばさない。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:17 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

書評:ちきりん『自分のアタマで考えよう』

photo
自分のアタマで考えよう
ちきりん 良知高行
ダイヤモンド社 2011-10-28

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! 成功者の話を聞けば君も成功できる 主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント 「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由

by G-Tools , 2013/02/24



人気ブロガーちきりんの本2冊目。『ゆるく考えよう』が面白かったので、2冊目も購読。現在3冊目『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』もゆるく購読中。ブログもチェックしています。すっかりちきりんのファンです。

<印象的な箇所のまとめ>
・数学の問題を解く時、先に答えを見て、解法を覚えてから問題を解くと、試験で点数は取れるけど、社会で役立つ思考力が身に付かない。

・答えのある問題には知識が役立つ。答えのない問題にはゼロから考える思考が役立つ。

・知識は思考の邪魔をする。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:46 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「さようなら」の意味、心とは何か?〜境野勝悟『日本のこころの教育』(到知出版社)

photo
日本のこころの教育
境野 勝悟
致知出版社 2001-07-02

日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった ココロでわかると必ず人は伸びる 人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある 日本一心を揺るがす新聞の社説 2 すべては今のためにあったこと

by G-Tools , 2013/02/24



『日本のこころの教育』は、到知出版社の本です。日本人とは何か? 熱弁2時間、岩手県花巻市の私立花巻東高校全校生徒が声一つ立てず聞き入った講演を単行本化したものです。到知のメルマガで宣伝文を読み、興味を持ったので、購読しました。内容の一部をご紹介します。

<印象的な箇所のまとめ>
・私たち日本人は、「さようなら」の意味、心を知らない。

・イギリス人はジェントルマンシップを持っている。フランス人はボンサンス(良識)を持ち、フランスの文化や伝統について不快理解力を持っている。ドイツ人はジャーマンスピリット、社会の善いことについては喜んで賛同し、悪い面については力をあわせて改革する精神を持っている。では、日本人の心とは何?続きを読む
タグ:到知 書評
posted by 野尻有希 at 00:18 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

仕事の成果をあげるための大切な教え〜到知出版社『仕事力入門』

photo
仕事力入門
致知出版社 藤尾秀昭
致知出版社 2012-08-08

日本の偉人100人(上) 日本の偉人100(下) 人間学入門 西郷南洲遺訓 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ3) 夢を実現する発想法

by G-Tools , 2013/02/19



『仕事力入門』は、人間学を学ぶ雑誌『到知』のムック。一道を切り拓いてきた仕事のプロフェッショナル20名の仕事観、人生観に迫った特別編。キャリアアップをはかっていく上で参考になる言葉がちりばめられています。内容の一部をご紹介します。

<ペリエ社長 和田裕美>
・スランプはない。自分さえしっかりしていれば、数字はうなぎ上り。昨日まで売れていた人が急に売れなくなるとかそんなことはありえない。
・みんなが言うスランプは、結局は自分の気分のこと。嫌なことがあったら、すぐ気持ちを切り替えればいい。嫌なことを乗り越えると成長するし、出会うお客様のレベルも上がる。
・スランプに陥る人は、本当は小さな穴なのに自分でこじあけて大きな穴にして、ドップリ浸かってしまう。穴に落ちるとそのレベルのお客様しか来なくなる。
・もうすぐ目標を達成しそうでガムシャラに走り続けている状態はわくわくする。その気持ちを維持させるには、ずっと目標を上方修正すればいい。
・本来の営業は、商品の売買を通じて、後ろ向きだったお客様を前向きに変えること。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:50 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

書評:小林弘幸『超一流の人の「健康」の極意』サマリー

photo
超一流の人の「健康」の極意 (一般書)
小林 弘幸
ポプラ社 2013-02-07
売り上げランキング : 174

自律神経を整える。ストレスに勝つ!  (「これ」だけ聴けば副交感神経が3分でアップする! ) 一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方 (光文社新書) 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識 あなたが貧しくなる理由と40の処方箋 医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 長生きしたけりゃ肉は食べるな

by G-Tools , 2013/02/18



<小林弘幸『超一流の人の「健康」の極意』のいいとこどりサマリー>
・超一流の人は、深呼吸で自律神経の働きを高めている。ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。

・超一流の人は、好きなことだけ忍耐する。忍耐を自分の100%好きなことだけに使う。嫌なことへの忍耐は、結局人にも自分にも、何もいいことをもたらさないことを超一流の人は知っている。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:22 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

ビジネス書評:クリステンセン「イノベーション・オブ・ライフ」のまとめ

photo
イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ
クレイトン・M・クリステンセン ジェームズ・アルワース カレン・ディロン 櫻井 祐子
翔泳社 2012-12-07
売り上げランキング : 82

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press) 誰もやめない会社  シニア・エンジニアが活きる無敵のマネジメント 世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア 2052 ~今後40年のグローバル予測 中国人民解放軍の実力 (ちくま新書)

by G-Tools , 2013/02/17



「イノベーション・オブ・ライフ」は、「イノベーションのジレンマ」で有名なハーバード・ビジネス・スクールの看板教授クレイトン・M・クリステンセンの最終講義をまとめたもの。経営理論を人生に応用する方法が紹介されている。

<印象的な箇所のまとめ>
・人生の難題に対する手っ取り早い解決策はない。しかし、人生の状況に応じて賢明な選択をする手助けとなるツールはある。それは理論だ。
・理論とはものごとの直接の原因は何か説明すること。
・一人一人の置かれた状況は異なる。解決策を導き出せるのは、問題に直面している当事者しかいない。理論家は、物事を見るツールを与えてくれる。優れた理論は、ビジネスだけでなく人生でも、賢明な決定に導いてくれる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 14:31 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

書評:植森美緒『腹だけ痩せる技術』

photo
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)
植森美緒
メディアファクトリー 2012-04-27

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド 20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社プラスアルファ新書) 「砂糖」をやめれば10歳若返る!  (ベスト新書) 50歳からの 健康寿命をのばすワザ おやじダイエット部の奇跡 「糖質制限」で平均22kg減を叩き出した中年男たちの物語

by G-Tools , 2012/07/11



腹の筋肉に力を入れるドローインという手法を実行すれば、腹だけ効果的に痩せる。前から知っていたスキルだけど、論旨が明快で、ドローインするやる気が出まくった。

・ダイエットしてリバウンドするのは当たり前。栄養が足りなくなると、食べた時に脂肪を蓄えようとするから。
・食事を減らして一時的にすぐ痩せるのは、体内にある水分が減っただけ。脂肪は中々落ちない。
・フィットネスは長続きしない。DVD見てトレーニングも長き続きしない。腹をへこませるドローインは、いつでもどこでも簡単にできるのでお手軽。腹だけ出ている中年太りの人に効果が高い。続きを読む
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 21:29 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

書評:伊藤真『記憶する技術』〜強みを伸ばしつつ、弱みを克服する

photo
記憶する技術
伊藤 真
サンマーク出版 2012-03-26

金持ちになる男、貧乏になる男 “司法試験流” 勉強のセオリー (NHK出版新書 375) 夢をかなえる時間術 本質をつかむ思考法 夢をかなえる勉強法

by G-Tools , 2012/07/07



『中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ!』を紀伊国屋に買いに行ったら、おいていなかった。かわりにこの本『記憶する技術』がベストセラーコーナーにあったので購入。著者の伊藤真は司法試験合格実績が高い伊藤塾の塾長で、資格試験業界では、有名カリスマ講師の一人。ちょうど中小企業診断士の学習で、似たような言葉、数値、法律の条文暗記が必要な、中小企業経営政策の暗記学習に手こずっていたので、食い入るように読んだ。

<個人的に役立ったポイント>
・同じことを何度も繰り返すことが、記憶する為には必要。何度も好きな映画を見たり、好きな小説を読む人がいる。彼らは、毎回違うポイントを見つけて、好きな作品をとことん楽しむ。
・「意識のポイント」を変えて、何度も何度も読むと、覚える。好きで興味があることなら、続けられる。続きを読む
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 16:14 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

書評:『ソウルフルな経済学 格闘する最新経済学が1冊でわかる』

photo
ソウルフルな経済学―格闘する最新経済学が1冊でわかる
ダイアン・コイル 室田 泰弘
インターシフト 2008-12-05

世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生 サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている (マイナビ新書) 世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】 【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ 予想どおりに不合理[増補版]

by G-Tools , 2012/06/24



新書『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』で、最新経済学理解におすすめの本として紹介されていたので購読。読むのに時間がかかったけど、経済学に対する誤解が氷解してよかった。

(印象的な箇所のまとめ)
<経済成長の原因>
・ある国、地域が他の国より経済成長を遂げる原因は何なのか? 労働力の増大なのか、資本の蓄積なのか、文化なのか、社会なのか、地理的要因によるのか? 単なる偶然なのか?
・「内的成長モデル」という最近の経済学理論によれば、経済成長の原因は、技術力の革新と、新しい知識の蓄積である。続きを読む
タグ:書評 経済学
posted by 野尻有希 at 23:58 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

書評:大槻ケンヂ『サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法』〜ネットの時代に表現行為を職業にする意義とは



ロックミュージシャン(筋肉少女帯、特撮etc)で、作家で、サブカルに詳しい芸能人大槻ケンヂの新書。

<印象的な箇所のまとめ>
・昔はサブカルという言葉がなく、サブカルチックなものはアングラと呼ばれていた。アングラは怖いしみんなひいてしまう。アングラをサブカルと言い換えて、敷居が低くされた。
・アングラがサブカルになる過程で、「笑い」が付与され、さらに多くの人にとっつきやすいものになった。
・なんらかの表現活動を仕事にして生きていくためには、才能、運、継続が必要。才能と運はどうしようもないけれど、継続だけは自分の意志でどうにでもできる。ずっとやっていれば、どんなジャンルでも、誰でも中の下くらいにはなれる。続きを読む
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 23:29 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

書評:稲盛和夫『生き方―人間として一番大切なこと 』〜ソーシャルネットワーク社会に適応した経営哲学

photo
生き方―人間として一番大切なこと
稲盛 和夫
サンマーク出版 2004-07

稲盛和夫の実学―経営と会計 働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 「成功」と「失敗」の法則 「原因」と「結果」の法則 稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか (PHP文庫)

by G-Tools , 2012/06/09



京セラとKDDIを創業し、JAL再建中の経営者である著者が語る人生論。

<印象的な箇所のまとめ>
・経営学について何もわからなかったから、ごく普通の人間として正しいことを貫いた。子どもの頃、親や教師から教わり、大人になるにつれて忘れてしまう単純な規範を経営の指針に据えた。
・一般に浸透しているモラルや道徳に反することをして、うまくいくことなど一つもないという単純な確信があった。
・シンプルだが筋の通った原理を貫いたことで、迷いなく正しい道を歩み、事業を成功に導くことができた。
・労働には欲望に打ち克ち、心を磨き、人間を作っていくという働きがある。続きを読む
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 23:59 | TrackBack(1) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

書評:ハーフェナー『心を上手に透視する方法』

photo
心を上手に透視する方法
トルステン・ハーフェナー 福原美穂子
サンマーク出版 2011-08-25

人の心が手に取るように見えてくる 「空腹」が人を健康にする イヤになるほど人の心が読める コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術 サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる

by G-Tools , 2012/05/06



コールド・リーディングに関する本。

<印象的な箇所>
・心を透視するように思わせるには、相手のボディーランゲージをよく観察することが必要。
・その人の着ている服、身につけているもの、顔の表情、体の姿勢などをあるがままに観察すれば、ある程度心は読める。
・だいたい人間はあるがままに世界を見ていない。先入観や偏見に基づいて、世界を都合よく解釈している。逆にある程度視点を限定しないといけないほど、世界の情報量は多い。この情報選択を意識的にやめて、目の前にある情報を子どものようにたくさん吸収すると読心力アップ。
・脳は現実と想像を区別できない。おいしいものを想像しただけで体は反応する。脳が現実と想像を区別できない特性を利用すれば、人心コントロール可能。
続きを読む
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 16:03 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

書評:鈴木大介『出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで』

photo
出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで
鈴木 大介
朝日新聞出版 2010-03

家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 A す 2-1) 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル 神待ち少女 やってみたら、こうだった <人妻風俗>編 (宝島SUGOI文庫 A も 1-2) ルポ 若者ホームレス (ちくま新書)

by G-Tools , 2011/12/27



2011年に読んだ本の中では、一番衝撃的で印象深かった。名前も忘れた雑誌の本特集で、この本の存在を知った。題名が印象的だったし、興味を惹かれたので購読。「出会い系のシングルマザー」という言葉からイメージしていたことが、ことごとく覆された。マスコミ、ネット、噂、偏見で構築された「出会い系のシングルマザー」という虚像に対して、この本は別の視点をぶつける。まるで小説のように描写される、著者がインタビューした出会い系のシングルマザーたちの様子を読んでいるうちに、自分はすごい偏見を持っているということを思い知らされた。

著者は『家のない少女たち』という家出少女を綴ったルポルタージュを発表している。少女たちの母親は時に虐待者であり、育児放棄者であり、母子家庭で育った少女が多かったという。少女達の出会い系サイト利用を取材するうち、著者は、出会い系サイトで売春行為をしているシングルマザーの存在を知る。家出少女のルポを書き上げた後、出会い系のシングルマザーについて取材するうち、著者はシングルマザーについて何も知らなかったことを思い知ったという。そして書かれたこの本は、著者自身の発見と驚きに満ちている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:47 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

英エコノミストのムック「ワールド・イン・2012」を読んでみて〜自由で透明でオープンじゃなければ革命

photo
ワールド・イン・2012 (講談社 Mook)
エコノミスト編集部
講談社 2011-12-09

「金・ドル体制」の終わり ブラック・スワン降臨―9・11‐3・11インテリジェンス十年戦争 WIRED (ワイアード) VOL.2 (GQ JAPAN2011年12月号増刊) 田原総一朗責任編集  決別!日本の病根 (オフレコ!BOOKS) やっぱり! インフレがやって来る (アスカ・ビジネス)

by G-Tools , 2011/12/13



英国の経済誌『エコノミスト』は皮肉がきいていて、世界的に評価が高いという。日本にも『エコノミスト』という経済誌があるが、中身は違う。ずっと英『エコノミスト』が出版されないからと思っていたら、講談社から『ワールド・イン・2012』という英エコノミスト編集部が出している本の日本語訳本が出版された。

読んでいて目につくのは、白人中心西洋文化圏の経済的没落である。ユーロは国債急落で金融不安、アメリカも国債で悩み、貧富の差が広がっている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:16 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

ビジネス書評:『世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと』

photo
世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと
ポール ポラック 東方 雅美
英治出版 2011-06-14

辺境から世界を変える ――ソーシャルビジネスが生み出す「村の起業家」 日本の未来について話そう 20代からはじめる社会貢献: 400社が支援した「社会起業」とは (PHP新書) BOPビジネス 市場共創の戦略 地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト

by G-Tools , 2011/09/17



社会的起業家による実践的な貧困問題対策のアイデア本。

<印象的な箇所>
貧しい人たちが貧しいのは何故か。お金を稼げないから。お金を稼げないから貧しいのだとは、同語反復的な回答だが、これが真実。

力がないから? 権利がないから?
違う。収入があれば、健康、住居、家庭が維持できる。
貧困層向けのビジネスを拡大することで、貧困層の収入拡大、貧困問題の解決にもなる。
タグ:書評
posted by 野尻有希 at 10:33 | TrackBack(0) | 読書論(人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする