2013年01月22日

windows8のPC使用レビュー〜次期OSまで待った方がいいかも



windows8のPCを購入した。HPのENVY x2。タッチパネル機能付きノートPCの液晶部分が外れてタブレットとしても使えるハイブリッドPC。

<windows8の使用感>
・スタート画面が7までと全然違う。タッチパネル使用前提の仕様なので、windowsユーザーは使いにくいことこのうえない。vistaの時よりもショックな出来。あと3年くらい待って、次期OSが出るまで7を使い続ける方がいいかも。続きを読む
タグ:Windows8 PC
posted by 野尻有希 at 23:45 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

SNS社会論:かつての天才とSNS時代の天才のイメージが変わってきた(2)権力者重視の時代からファン重視の時代に

photo
上昇思考幸せを感じるために大切なこと
長友 佑都
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-25

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 日本男児 準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント 僕は自分が見たことしか信じない 心は、強くなる 〜長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式〜

by G-Tools , 2012/09/05



前回に続いて、天才のイメージが最近変わってきたことの原因を分析します。今日のテーマは「権力者、トップ重視の社会からファン、最終消費者重視の社会へ」。社会の変化が、天才のイメージの変化にもつながります。

(前回までの内容)
<かつての天才像>
・自分の得意分野で圧倒的能力を発揮するが、心の奥に深い闇を抱えている。家族や恋愛などプライベートの面で強いコンプレックスがある。
・奇抜で理解できない発言、行動が多い。とっつきにくそう。
(イメージの例:ベートーヴェン、ニルヴァーナのカート・コヴァーン、『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャーなど)

<SNS時代の天才像>
・コンプレックスや深い闇がなさそうに見える。
・社交的で明るい。気さく、話しかけやすいイメージ。
・インタビューに対する受け答えがしっかりしている。よく考えて、発言している。大人から見ても受けのよい発言をする。
(イメージの例:ゴルフの石川遼、サッカーの長友、女子サッカーのなでしこ、俳優の佐藤健など)

何故最近天才のイメージが変わったのか。原因の一つとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発達、社会の流動性の増大が考えられる。(ここから本日の記事)続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:59 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNS社会論:かつての天才とSNS時代の天才のイメージが変わってきた

photo
上昇思考幸せを感じるために大切なこと
長友 佑都
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-25

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 日本男児 準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント 僕は自分が見たことしか信じない 心は、強くなる 〜長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式〜

by G-Tools , 2012/09/05



かつての天才のイメージと、ソーシャルネットワークが発達し、社会が流動化した現代の天才のイメージには、大きな変化が見られる。

<かつての天才像>
・自分の得意分野で圧倒的能力を発揮するが、心の奥に深い闇を抱えている。家族や恋愛などプライベートの面で強いコンプレックスがある。
・奇抜で理解できない発言、行動が多い。とっつきにくそう。
(イメージの例:ベートーヴェン、ニルヴァーナのカート・コヴァーン、『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャーなど)

<SNS時代の天才像>
・コンプレックスや深い闇がなさそうに見える。
・社交的で明るい。気さく、話しかけやすいイメージ。
・インタビューに対する受け答えがしっかりしている。よく考えて、発言している。大人から見ても受けのよい発言をする。
(イメージの例:ゴルフの石川遼、サッカーの長友、女子サッカーのなでしこ、俳優の佐藤健など)続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:25 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

コラム:専門家の価値が低下している原因とその対策

専門家の価値が低下していることについての考察とその対策。

・専門家の価値は低下している。
・インターネットで誰もが専門的に情報に即座にアクセスできるようになった。
・個人が自由にネットで発言するので、専門家の評価は、専門家集団内部でなく、専門家の発言を聞く素人によって下されるようになった。
・かつて専門家は知識を独占することによって富を得ていたけれど、「共有」が価値であるネットの時代では、「知識の独占」という専門家のビジネスモデルは通用しない。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:23 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

NHK教育『ITホワイトボックス』「世界を席捲!?スマートフォンの戦略に迫る」〜グーグルが世界史を変える

photo
Androidスマートフォン スタートブック (SOFTBANK MOOK)
ソフトバンククリエイティブ 2011-01-14

Androidアプリ事典512 アンドロイド−スマートフォン 入門&ザ・ベストアプリ (学研コンピュータムック) バッファローコクヨサプライ BUFFALO GALAPAGOS 003SH用 液晶保護フィルム スーパースムースタッチ BSMP03SHF02FT Androidスマートフォン「超」ビジネス活用術 〜厳選アプリを使い倒す!クラウドを味方にする! (デジタル仕事術) Android完全活用ガイド 特別保存版―次はAndroidと考えてるあなたに…この本、かなり参考になります!!! (SAKURA・MOOK 87)

by G-Tools , 2011/04/24




NHK教育『ITホワイトボックス』新シリーズ第4回の特集は、「世界を席捲!?スマートフォンの戦略に迫る」。以下要点のまとめ。

・日本の携帯はネット接続など高機能だったが、世界の携帯は、スマートフォン普及前まで、電話機能くらいしか使っていなかった。世界では、スマートフォンが出て、突然高機能になったので、みんなスマートフォンに驚いている。(つまり、日本の技術がガラパゴス化して世界に普及せず、アメリカ発の技術にまたもや負けたということですね)続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:58 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ストイックからギークへ〜グローバル時代の価値転換きました

昨日は真面目に生きようと思っていた。けれど、今日また新約聖書の朗読をiPodにきいているうちにそんなに忍耐してばかりの人生、鬱屈になるんじゃないのと思った。忍耐しなさい、試練を耐えなさい、新約聖書では何度も出てくる。ニーチェが指摘したように、新約聖書はルサンチマン、弱者の哲学だと意識せざるを得ない。

やっぱり仏教的に生きるのがいいかというと、宋とも思えない。新約聖書と仏教の教えをかけあわせて、「ただ一人犀の角のように歩みつつ(仏教)、汝の隣人を愛しなさい(新約聖書)」としたらどうだろうと、以前考えていたことを思い出した。さらに思考は進む。やっぱり今はグローバル競争時代。真面目に生きている人、ストイックに生きている人は日の目を見ないのではないか。ストイックにある特定ジャンルの技芸の熟達に励むことは、変化の乏しい時代なら最適戦略だろうが、変化の激しい時代では、すぐ時代遅れになってしまう。競争と変化の激しい時代には、一人とじこもって努力する姿はふさわしくない。集合知の働きを利用したらいい。ゆったりまったり、ギークの思想だ。続きを読む
タグ:思想 ギーク
posted by 野尻有希 at 23:07 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ニュース批評:電子書籍米国で拡大

NHKBS1「今日の世界」で、「電子書籍米国で拡大」が放送。

・ipadの登場でアメリカで電子書籍が普及し始めている。出版業界も電子書籍の普及に関与。

・電子書籍の長所は、新刊を本屋に買いに行かなくていいこと。読み終わった本が、本棚につみあがることがなくなること。また、作家志望者が作品を発表するにあたり、紙の出版よりはるかに競争コストが低く、容易であること。

・・・電子書籍は日本の出版社が非協力的だから興味なかったけれど、そのうち音楽業界みたく、なし崩し的に対応せざるを得なくなるだろうか。

紙で出版しようとしたら、印字、運送、本屋に在庫おきといろいろコストがあるから、競争が激しくなるのはしょうがない。電子書籍出版ならコストは低い。これなら応募数だけ多くて、ろくな小説が受賞しない新人賞制度も改善されるだろうか。みんなが自由に出版して、ユーザーが直接選ぶ競争の方が、楽しそうだし、新しいものが生まれそう。

本棚におくとかさばるマンガをPDF化してiphoneで読んでいる人が多いとか。確かにマンガはかさばるので電子書籍便利。

posted by 野尻有希 at 22:44 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

エッセイ:テレビ放送とインターネットが完全融合する未来を夢見て

昨夜、見たい深夜放送をハードディスク録画するのを忘れていた。放送が終わった真夜中二時過ぎに予約し忘れたと気づいた。まあインターネットの動画サイトで百円程度で視聴できる。僕は違法が嫌いだから、有料の法的に正当なサービスを利用するが、違法でよければ海外の動画サイトから、無料で動画をダウンロードできもするのだろう。

見たい番組を予約し忘れた時は、放送終了後の番組を、いつでも見れるようにしておいてくれたらいいのにと思う。NHKはNHKオンデマンドという有料の動画サービスを行っているが、民法地上波同様、企業広告を多用するなどして、無料サービスになればいいと思う。そっちの方が、圧倒的に便利だ。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:42 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

テレビ批評:NHKBS2『ザ☆ネットスター』最終回〜東浩紀ネットを語る

NHKBS2で月1回放送されていた『ザ☆ネットスター』も昨日で最終回。

最終回はツイッターとリンクしつつ放送。さすがに生だとNHK的に危ないので、録画放送なんだけど、放送中はツイッターで書き込み受付。SF小説家の野尻さんなんて、放送中にツイッターでつぶやきまくり。スタッフもつぶやきまくりだったとか。

あずまんこと東浩紀が、ネットの状況について語った。以下まとめ。

・ユーチューブ、ニコニコ動画、ユーストリーム、ツイッターなどが日本国内でも流行った結果、結構みんな顔を出すようになった。ネットは匿名で活動、テレビ顔だしNGという人が以前は多かったけれど、今は生中継ネット動画で顔を公開している人も多いので、テレビに顔を出す抵抗感が少なくなった。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 14:25 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

自分の可能性を開放する道具としてのパソコン



パソコンを長時間使うと体が痛むと思っていた。現代生活では、仕事でも、私用でも、パソコンを長時間使わざるを得ない。それは僕個人の思い込みだ。

パソコンが体に悪いという決めつけも、僕個人の思い込みだ。

パソコン操作中の姿勢が悪かったり、休憩時間の取り方が悪かったりするだけだ。パソコンそのものは何も悪さをしていない。僕の心がパソコンを悪だと決めつけている。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:19 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

テレビ評:NHKBS2『ネットスター』ギークとかツイッターとか東浩紀が語る

NHKBS2『ネットスター』。12月号では、ギーク、ツイッター等について東浩紀らが語った。

photo
思想地図vol.4 特集・想像力 (NHKブックス別巻)
東浩紀
日本放送出版協会 2009-11-26
おすすめ平均 star
star10年代に向けて

民主主義が一度もなかった国・日本 (幻冬舎新書) クォンタム・ファミリーズ 思想地図〈vol.3〉特集・アーキテクチャ (NHKブックス別巻) 批評のジェノサイズ―サブカルチャー最終審判 思想地図〈vol.2〉特集・ジェネレーション (NHKブックス別巻)

by G-Tools , 2009/12/05



ギークとは、コンピューターオタクの人々をさす。元々否定的な意味で使われていたが、次第に肯定的な意味にも使われるようになって、最近ではネット上に優れたコンテンツ、プログラムを提供する人たちにリスペクトの意味をこめて使われる言葉になったそう。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:06 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

web評:グーグル検索ワードランキングの不思議さ

ブラウザをIE7からoperaに変えたら、劇的にスピードがあがったが、グーグルの検索ワードページを見ることも少なくなった。IEの頃はトップページにいつも表示していたけれど、operaは起動時に前回閲覧していたページを出すよう設定しているので、グーグルを開くすることも少なくなった。ツールバーで検索できるし。それでも、久々に検索ワードランキングを見ると、フォンビルブランド病など、よく知らない言葉がやっぱり上位にランクインしている。

photo
能動的三分間
東京事変
EMIミュージックジャパン 2009-12-02

性的ヒーリング~其ノ四~[DVD] SWITCH vol.27 No.6(スイッチ2009年6月号)特集:椎名林檎[音楽家のタブー] ありあまる富 新世紀のラブソング(初回生産限定盤)(DVD付) 三文ゴシップ

by G-Tools , 2009/11/27



今日も上位にランクインしている椎名林檎は、mixi上のファン数の多さといい、やっぱりネットで人気がある。ネットをよく使う人に好まれる性質か。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:50 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

トータル・ライフ・コンセプト「ENJOY OUR WORKS」

トータル・ライフ・コンセプトは「ENJOY OUR WORKS」

本日選択しました。

このブログのコンセプトだけじゃない。

これから書く小説も、レビューも、他のサイトの文章も、日中の仕事も、休憩中も、食べている時も、眠っている時も、「ENJOY OUR WORKS」。

ピュア文学はもう肩がこるからこりごり。

ピュア文学からエンジョイ小説へ。小説だけじゃない。エンジョイする対象は、本、DVD、動画ファイル、音楽ファイル、なんでもある。あらゆる作品にインする。

ジョイの状態にインする適当な感じで。

「ENJOY OUR WORKS」

楽しむこと。自分の仕事を。他人の仕事を。自分の作品を。他人の作品を。

人生も作品。

「ENJOY OUR WORKS」


これからは「ENJOY OUR WORKS」をキーにブログと小説をデザインしていきます。
posted by 野尻有希 at 00:33 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

テレビ評:NHKBS『ネットスター』

photo
VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
クリプトン・フューチャー・メディア 2007-08-31
おすすめ平均 star
starみくみくにされてしまったあなたへ
star個性豊かなVOCALOID
star乗り越えられる壁
star実用的な音声合成
starMIDI に歌詞を流し込み可能・認証について・ミクの魅力など

はじめての初音ミク ボーカロイド2 オフィシャルガイドブック(DVD-ROM付) (キャラクター・ボーカロイドシリーズ) (キャラクター・ボーカロイドシリーズ) できる初音ミク&鏡音リン・レン VOCALOID2 & Windows Vista/XP 対応 (できるシリーズ) VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ03 巡音ルカ MEGURINE LUKA 初音ミク・鏡音リン・レン☆ボーカロイドを楽しもう 【CD-ROM付】 (ヤマハムックシリーズ) (ヤマハムックシリーズ) DTM MAGAZINE 2008年 08月号 [雑誌]

by G-Tools , 2009/04/04



NHKBSのテレビ番組「ネットスター」を観た。テレビ番組の感想だけれど、「テレビ評」ではなく新カテゴリー「協議テーマ:ウェブ社会・ネットメディア」とすることにした。これからもネットのことは、たくさん書く必要があるだろうから。

「ネットスター」はNHKBS2で月1回深夜に放送されている。ウェブ社会の動向をオタク的視点から語る番組。ナレーションの声優さんがかなりぶっ飛んだ発言を連発するので面白い。今回は小説家でネットへの関わりが深い野尻抱介氏がゲスト。

・ニコニコ動画は全て無料。いろんな人が面白い表現をしているが、無料で楽しめる。ニコニコ動画の通貨は「リスペクト」と野尻氏が発言していたのが格好良かった。

・素晴らしい作品に感動して、お金を払いたくても払えないもどかしさが「振り込めない詐欺」と表現されている。実際に作者のメールアドレスを調べて、無理矢理お金を振り込むツワモノもいるとか。(メールアドレスがわかれば、アマゾンのチケットを送ることができるそう)

・初音ミク関連で、ネットの有志で制作された技術を、企業がビジネスに利用しようとすると、ネットは反発する。みんなで作り上げているのに、企業が一方的に発表するのが悪いよう。こんなのしたいんだけどと、ネットコミュニティーの中で企業が発言し、みんなの同意、著作権等権利関係をはっきりさせたうえで、ビジネス展開する姿勢が企業側に必要なよう。

・企業が儲けようとすると反発する人は多いが、個人のクリエイターを支援したいと思っているネットユーザーは多いとのこと。

・ネットではすごい作品をあげまくっても、お金が儲からない。創造的なアート(技術)が無料で提供されるというのがネットの強みかつ醍醐味。有料化は、なんだかあくどい感じがする。野尻氏は、最初に料金を要求するのでなく、作品を体験した後から、払いたいなと思ったら料金を払うシステムがいいんじゃないかと言っていた。確かに今の社会のサービスは前払いなり、後払いでも金額払うことはあらかじめ決まっている。ネット社会では、個人の意志による自発的参加がキーワード。ならば払いたいだけ払うシステムがよさげ。

・これを書いていて、数日前に見た海外のネット事情を思い出した。マスメディアに代わるネットのメディアのことを、アメリカは「独立系メディア」、韓国は「市民メディア」と呼んでいた。アメリカの独立系メディアは、ボランティアの協力と支援者の献金で成り立っていた。韓国の市民メディアは、素人の市民たちが、ウェブカメラを持って国家的事件動画を撮影していた。独立系メディアは独立系と言葉が表現するように、記者やネット公開番組の作りがプロのニュースっぽく、市民メディアは、市民誰もが記者のように見えた。さて、日本のネットメディアは、外国にどう表現されるのか。
posted by 野尻有希 at 22:42 | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

家電製品の仕組みを知らないで使う人たち

家電製品が何故動くのか、私は深く考えてみることがなかった。生まれて意識が宿った頃から当たり前にテレビ、電話、冷蔵庫、洗濯機があったし、何故動くのか、よくわからないでも困ることはなかった。しかし、よくよく考えてみると、パソコンやインターネットの仕組みもよくわからないし、携帯電話でなぜ話せるのかも不思議だ。

多くの人は家電製品を動かしている科学技術についての知識がなくても、製品を使うことができる。大衆が無知である一方、家電製品はどんどん複雑化、ハイテク化している。これでは技術者と大衆の知識が乖離するばかりである。せめて根本の仕組みを知っておくこと。なぜ私はそれらの仕組みを知らないのだろう。最近無知が気になってきた。

答えは簡単だった。高校で習ったはずが、忘れていたのだろうと思っていたけれど、実は習っていなかったのだ。家電製品の仕組みの根本は、物理学にある。私は高校時代、化学と生物を習っただけで、数式の多い物理は選ばなかった。物理を習っていれば、熱、運動、電磁力学の基本が身についていただろうから、電子レンジが何故ものを温めるのかとか、冷蔵庫は何故食物を冷やすのかとか、生活の基本が理解できていただろう。

現代生活に電気はかかせない。故に、物理の知識も欠かせないはずなのに、物理について知らなくても生きていける。これは恵まれているのか、見放されているのかわからない。ポピュラー・サイエンスの本を探していたら、本などいらないのではないかと思えるサイトが見つかった。松下電器のサイトである。
http://www.discovery.panasonic.co.jp/index.html

物理を知るには難しい数式とか、専門用語を覚えなければいけないはずだと身構えてしまうが、松下のサイトでは、小学生レベルの語りで家電製品の仕組みついて解説してくれる。数式嫌いの文系にとってありがたい。

ソフトバンク・クリエイティブから出版されているサイエンス・アイ新書シリーズもおすすめだ。図が多く、数式も難解な言葉も少ない。理系の知識がない人でもわかりやすく、楽しめるポピュラー・サイエンスの語りに溢れている。こうした科学の書が本当はたくさん必要だ。好奇心を持って楽しめるはずの科学にはまりたい。
photo
サイエンス夜話 不思議な科学の世界を語り明かす [サイエンス・アイ新書]
竹内 薫 原田 章夫
ソフトバンククリエイティブ 2007-05-16
おすすめ平均 star
star科学は苦手というひとに
star内容は非常に面白いのだが

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書) 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) 闘う物理学者! 天才たちの華麗なる喧嘩 暮らしの中の面白科学 日用品に隠された不思議な科学の原理に迫る! (サイエンス・アイ新書) プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]

by G-Tools , 2007/09/30




posted by 野尻有希 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

コンピュータは何も悪くないという物語

3連休の初日だが仕事をして給料を稼ぐ。小説を書く気力がなくなるほど肩が痛くなる。これだけ疲労するのは、分からない問題、あるいはややこしい問題にぶち当たっているせいで、パソコンが悪いわけではない。もっと整理できていればよい。仕事のストレスとITは関係ない、仕事のストレスの原因はたいてい、人為的設計の甘さにあると気づいてきた。コンピュータは何も悪くない。

コンピュータの哲学的仕組みについての小説というか文書を書き残してみたいと思いはじめてきた。はっきりとは明示せず、物語にして暗示的に、間接的に語ること。そうした方が、相手に伝わる場合もある。新約聖書のイエスの物語など物語的伝達方法の典型だろう。

なぜ神は人の意志を持つのか。ヒルティは『幸福論』の中で、神が人であれば、人としてあるべき規範、理想を示せると書いている。人生の究極の理想が神の意志、キリストの生涯に実現されている。そうした物語の構築。コンピュータ。
posted by 野尻有希 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

コネクション拡大ツールとしてのインターネット

今までインターネットでの文章発表を自己表現と考えていましたが、私の自己表現はきわめて19世紀的な、一方通行の、作者→読者という構図に縛られていたと気づきました。

ウェブ上の表現のキーワードはハイパーリンク。一人の表現が別の一人の表現とつながって、コネクションの輪を広げていく。インターネットはコミュニケーションのためにある。作者と読者は同一平面上に存在しており、誰もが心を通いあわすことができる。

コネクションの可能性を広げていくために、これからは書いていきます。同じ趣味嗜好、志を持った人との関係を拡大していくために表現していきます。
posted by 野尻有希 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ITを社会及び地球の未来と結びつけて考え始めてみる

カテゴリー「ネット創作活動支援プロジェクト」を「IT・コンピュータ論」という名称に変更した。自分は現在小説家というか現代思想家というか評論家というか論客というか知識人というか、ひっくるめて社会設計家、ソーシャル・デザイナーを目指しつつ、というかソーシャル・デザイナーとして生きつつ、リアルの世界ではシステム・エンジニアめいた仕事をしている。あえてウェブの場ではリアルの仕事に触れず、小説的、大局的な問題、あるいは仕事以外のプライベートな問題ばかり書いていたが、これからは本格的にIT・あるいはコンピュータに関わる仕事について、この場で書いていくことにする。

仕事のことについて書くと、情報漏えいにつながるとか、守秘義務の放棄につながると考えて、あえて直接リアルの仕事には触れずにきた。これはコンピュータ技術をネガティブに捉えていたせいで起きた選択だろうと思う。どちらかというと近代知識人的な考えを持つ私は、コンピュータ技術の発展は人間疎外をもたらすと考えていた。一方で、最新技術の設計に携わる人たちは、自分たちの先進技術が社会に貢献すると思いながら生き生きと働いている。このギャップはなぜ発生するのか。

結局、コンピュータの内部の仕組みをしっているか、しっていないかで、コンピュータに対するかかわりが違ってくるのだと思う。この点の詳細な議論は、次の書評記事に譲るとして、最早コンピュータ技術なしには、情報というものを考察することができなくなった。情報には音楽も映像も文章も情念も含まれる。ITを文学的に詳細に記述すること、問題化すること。社会設計と結びつけて、ITを捉えること。その営み。

この志向変化のとっかかりになったのは、宮台と村上龍だった。似て非なる二人に敬意を払いつつ、私の思考を最高善の実現に向けて進めてみる。

photo
計算不可能性を設計する―ITアーキテクトの未来への挑戦 (That’s Japan)
神成 淳司 宮台 真司
ウェイツ 2007-04-14
おすすめ平均 star
star「建築家と社会」の関係と対比しつつ
star宮台さん新地平か

幸福論―〈共生〉の不可能と不可避について (NHKブックス 1081) M2:ナショナリズムの作法 ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! 中国―神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド5 隣りの大国とのつきあいかた

by G-Tools , 2007/09/02


posted by 野尻有希 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

見つけた翻訳ソフト丸出し文書

インターネット上で前回の日記に掲載した「匂いをかがれるかぐや姫」に匹敵するおそろしい翻訳を発見。
興奮して眠れないからスクリーンセイバーでも変えようと思って、UltraScreensaver.comに立ち寄ったら、FAQの文章が馬鹿丸出しでした。

http://www.ultrascreensaver.com/
FAQのページに「私たちのプログラムの購入、登録あるいは顧客アカウントについて疑問を持っている場合TopThinks.com FAQを読んでください」とありますが、こんな翻訳ソフト使いました丸出しFAQ載せてるサイトは爆笑かつ疑問です。

Q「ScreensaverJapan.com にあるスクリーンセーバーファイルがダウンロードならないです。 どうすればしますか?」

A「スクリーンセーバーファイルがダウンロードならない理由は現在サーバ点検中とか或いはダウンロードリンクが間違っている場合です。 何分後またお試みになったりそれでも同じ現象が反復される場合はsupport@screensaverjapan.comでダウンロードならないアイテム人を送ってください。」

アイテム人って何だ? 送れないよアイテム人は。

Q「ScreensaverJapan.com と提携を結ぶと思いますて。 どうすればしますか?」
A「私たちは検討後にリンク交すことです。 あなたのウエブサイトが発展しことを望みます」

この提携はリスキー。提携結ぼうとしている人の話し方もあれだけど、それに答えている人の切り返しがやばい。検討する前にやめておきましょう。

Q「スクリーンセーバーファイルを ScreensaverJapan.com に送ると思いますて。 どうすればしますか?」

A「私たちはあなたの意見に非常にありがとうごさいます。 もしあなたがファイルを送れば support@Screensaverjapan.com で送ってください。 送ってくださったファイルを検討後に制作者の名前と一緒にアップロードします。」

私はあなたの翻訳ソフトに非常にありがとうございます。「もしあなたが〜」以下は、くだけた感じの話し言葉っぽくもあるけど、おかしいでしょつながりが。このあやしい翻訳をサイトに掲載している神経を疑います。FAQのページを開けばこれが出てきて爆笑ならいいんだけど、トップページの左下によくあるFAQ例が載ってるんだもん。


FAQ 一覧
スクリーンセーバーをどう設けますか?
スクリーンセーバーを設けるありません。 どうすればしますか?
スクリーンセーバーファイルをどう削りますか?

…ファイルの削除を「削る」と表現している人とはじめて出会いました。

● スクリーンセーバーをどう設けますか?
答え「何度(番)のマウスクリックだけでスクリーンセーバーを設けるあります。
1) ダウンロードしたスクリーンセーバーファイルをダブルクリックします。
2) インストールボタンを押えます。
3) スクリーンセーバーの設置が終りました。」

あります言われてもわけわからん。押えます? 大丈夫これ。

●スクリーンセイバーを設けるありません。どうしたらいいですか?
答え「どういうスクリーンセーバーファイルが設置にならないか先ず私たちに知らせてください。 ではそのファイルを私たちが検します。 ふつう設置にならない場合は後と同じです。
1) スクリーンセーバーファイルが昔に作られた場合。
2) 設置窓が浮かぶ時むマウスクリックを何度(番)してやっていただきたいです。」

何が何だかもう!

●ScreensaverJapan.com にあるスクリーンセーバーファイルをほかの使い途に使うと思いますて。 どうすればしますか?
「ScreensaverJapan.com に含まれているスクリーンセーバーファイルは各々の著作権者を持っています。
もしあなたが異なる目的にスクリーンセーバーファイルを使うと思えばてあなたは各々のスクリーンセーバーファイルの著作家に問い合せればします。
著作権者が表示されていなかった場合はスクリーンセーバーファイルの著作家を知るない場合です。」

どうすればいいのかもう全く意味不明よ!まあなんとなくニュアンス通じるけど。「著作家に問い合せればします」って何かしてくれるんだよね。知るない場合…

●ScreensaverJapan.com でスクリーンセーバーファイルをダウンロードしました。 どころがダウンロードした ァイルがウイルスとかその他スパイウエアに感染しているののようです。 どうすればしますか?
「先に、スクリーンセーバーファイルにはウイルスとかスパイウエアが無さを言い切ます。 私たちはいつもウイルスとかスパイウエアが感染しているか検します。 しかし感染の疑いがあれば該当ファイルを知らせてください。」

もうこの英語翻訳ソフトがウイルスに感染してるやろ。「ファイル」のフが抜けてるよ担当者さん。フくらいつけなさい。PCのウィルス感染を心配する前に担当者の業務遂行意識を疑いますわ。

まあこれはあまりに忙しくてストレス過大で、ギャグで、会社に対する怒りをぶつける意味で変な翻訳をアップしてみた。変な翻訳が掲載されているのに社内の人間が誰もそれを指摘しないのを見つつ、この会社は本当に終わっているとアイロニーにひたっている担当者さんのカフカ的悲哀を感じて無事終了。
posted by 野尻有希 at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

身近なことを大リーグ並みに記録していくこと

ブログを書いていればそれだけでジャーナリストになれるという昨日のアメリカ人の言葉。

ブログなりの表現をしていけばいいかというとそうでもなく、古典的ジャーナリスティックな方法で、自分の目の前にある現実を記録していくのが道。その他大勢のサイトと同じような、個人の雑感ではなく、体験したことを最新鋭の技術を尽くして詳細に記述しつくすこと。

例えば今日みたBSのドキュメンタリーでは、ネット放送局がとりあげられていた。近所の子どもたちのベースボールゲームを、大リーグのゲームの記事を書くみたいにことこまかに書いていく。データを蓄積していく。身近なことを身近な文体のまま書いていくんじゃなく、身近なことをマスメディア特有の文法で本格的に記録していくこと。データベース化していくこと。お馬鹿なことに対するプロフェッショナルな態度というのが、必要そう。

テレビを見て、思ったことをそのまま書いていても意味がない。それではその他大勢の雑感ブログと同じとなってデータの濁流の中に埋没してしまう。それでも柏崎の原発には腹が立つし、村上さんが釈放のため2億円の小切手を出したという事実にもなんだか世界経済格差の矛盾を感じてしまう。お金がなくて食糧をかえず死んで行く人もいるのに、自由を手にするために2億円の小切手を支払える人もいる。この格差は頭のよさとか運とか生まれのよさによって証明されるわけがない。
posted by 野尻有希 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ社会論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする