2010年07月02日

アニメ批評:『Angel Beats!』放送終了後の総括〜誰かのために人生を歩むこと

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
star話数が足りない
starネタバレ注意〜Angel Beats!のススメ〜
star最後まで見ての感想
star非の打ち所が無い作品!
starラストまで見ました(ネタバレ注意)。

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats!3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

by G-Tools , 2010/07/02



2010年以降アニメ文化の方向性を決定づける作品として、注目して見ていた『Angel Beats!』の放送が終了した。今期は『けいおん!!』、AB、『荒川アンダーザブリッジ』、『四畳半神話大系』、『デュラララ!!』と豊作だった。早速今週からもう『黒執事II』の放送が始まる。『オオカミさんと7人の仲間たち』はサイトのデザインが面白いので面白そうだし、『ストライクウィッチーズ2』、伝説の『みなみけ』第1期を製作した童夢が製作するノイタミナ枠『屍鬼』の放送開始も楽しみである。番組はめまぐるしく変わっていくが、その過程で、麻枝准の独自性、存在意義を見せつけてくれた賛否両論『Angel Beats!』について、総括してみようと思う。続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:40 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

アニメ批評:『Angel Beats!』第12話「Knockin'on heaven's door」より名言他

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
starクオリティは評価できるが、詰め込みすぎ
starPVが良すぎる作品
starストーリー以外は最高。逆に言えばストーリーは駄目…
star金を出すほどの価値は無い
star良い話しだと思うけど

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats!3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray] My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】

by G-Tools , 2010/06/21



賛否両論の中、怒涛の台詞つめこみまくりで突っ走ってきた『Angel Beats!』。第12話は、事実上最終回と受け取れる、いつにもまして濃密な内容だった。死後の世界の秘密も明かされた。以下12話から、印象的な箇所をピックアップ。

(授業中の教室にて)
ゆり「すごく幸せですね」
先生「何を言ってるんだ?」
ゆり「すごく幸せな風景。私にはまぶしすぎる。みんなこんな時間に生きてるんだ。いいですね。うらやましいです。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:32 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

アニメ批評:『Angel Beats!』第10話〜恋愛から遠ざけられた人にとっての恋愛とは

photo
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-07-21
おすすめ平均 star
star感想と私見
star岩沢さんの成仏は
star自爆霊達のゆくすえ見守ろうと思った。
star本当にいい作品? 内容が浅い!
starここから

Angel Beats!3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Keep The Beats! TVアニメ「Angel Beats!」オリジナルサウンドトラック(仮称)

by G-Tools , 2010/06/06



<先週放送第10話「Goodbye Days」物語のレジュメ>
音無は天使と一緒に、世界に抗っているメンバーの中で一番幸せに近そうなユイの願いを叶えてやろうとする。

ユイは死後の世界で夢だったバンド活動もしているし、世界に未練はなさそうだ。しかし、やりたいことがないかユイに聞いてみると、野球をやりたいとかサッカーやりたいとか、バンドと関係ない願いがたくさん出てくる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:08 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

アニメ評:『Angel Beats!』第9話〜支援することの難しさを語る物語

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
star銃とかいらなくない?
star自分視点で書けば迷い猫オーバーランよりも駄目
star不器用さが良い
starとりあえず…
star逆に叩かれ過ぎだと思うね

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats!3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Little Braver My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Thousand Enemies

by G-Tools , 2010/05/30



第8話はたいして面白くなく、第9話も途中まではマンネリ気味の感動ストーリー展開だったけれど、9話の最後で作品の核心に触れる言葉が出てきた。

天使「きっとその誰かは、見知らぬあなたに、ありがとうって、一生思い続けるわね」

音無「誰かを助けられたなら、俺の人生はそう悪いものじゃなかった。そう思えるよ」

(・・・)
音無「真面目に授業を受けたら幸せなのか? 部活動をしたら満たされるのか?」

天使「だって、ここに来るのはみんな、青春時代をまともに過ごせなかった人たちだもの」続きを読む
タグ:Angel beats!
posted by 野尻有希 at 17:08 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

アニメ批評:『Angel Beats!』第7話やっぱりマンネリ疑惑

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
starギャグなど
star信者専用
star1話目と2話目で判断したらダメです
starOPは相変わらず
starみなさんは因果をご存知でしょうか。

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Angel Beats!3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Little Braver Thousand Enemies

by G-Tools , 2010/05/20




おはようございます徹夜の仕事あけです。さて、『Angel Beats!』7話では、主人公音無の生前の記憶が回想された。さて、泣きゲーは人がよく死ぬといわれる。もちろんあらゆるゲームで人が大量に死んでいくのだけれど、泣きゲーはかわいい女の子が死ぬことで涙を誘う構造を持っている。ABでもやっぱり毎話毎話人の死ぬ悲しい話が出てくる。舞台は死後の世界だし。続きを読む
posted by 野尻有希 at 06:29 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

アニメ批評:『Angel Beats!』まだ6話なのにここまで盛り上がっていいのだろうか

photo
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-07-21
おすすめ平均 star
star普通に、良いと思う
starPQRSTのリズムに乗せて
starここから物語が始まります
star1クールで十分かと……
starちょっとガッカリ…

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Little Braver My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Thousand Enemies Crow Song

by G-Tools , 2010/05/08



『Angel Beats!』第6話は、最終回直前みたいな盛り上がり方だった。まだまだ第6話で中盤なのに、ここまでドラマチックに盛り上げていいのだろうかと逆に不安になった。今期は世間的に『けいおん!!』と『Angel Beats!』なのだろうが、たとえ『けいおん!!』のシングルがオリコンで上位に入っており、一般認知度的には『けいおん!!』の方が上でも、当ブログ及びネットの世界では圧倒的に『Angel Beats!』である。麻枝准最強である。物語と言葉の力が、圧倒的なのだから。

ゆり「直江アヤトはNPCじゃなかったの。人の魂を持った私たちと同じ人間だったの。おかしいと思わない? 元は副会長、模範的な行動をとっていたはずよ。なら、存在を保っていられず、消えてなくなるはず。でも陰湿にね、陰で一般生徒に暴力をふるっていたの。表で模範的な活動をし、裏で悪事を働く。それでこの世界でのバランスをとっていたというわけ」
音無「そんなことをして何を?」
ゆり「抑止力だった天使が失脚したことにより、彼はこの世界で自由を手に入れた。まだ目的はわからないけどね。こちらでは戦いが始まってる。あなたが見たこともないひどい戦いよ。(・・・)私ね、天使は幽閉されていると思うの。(・・・)ねえ音無君、天使をつれてきて。このひどい戦いを終わらせるには、天使の存在が必要なの」続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:17 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

アニメ批評:『Angel Beats!』第5話で麻枝准節炸裂

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
star通常版にもキャラクターコメンタリー付いてるみたいですね
starレビューで過大評価が多すぎるような気がする。
star傑作では無いが…
starギャグが弱すぎる
starあなたは自分の生き方に満足していますか?

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Little Braver Thousand Enemies Crow Song

by G-Tools , 2010/05/01



『Angel Beats!』放送開始当初はギャグがつまらないと批判されていたが、第4話あたりから、ギャグ展開が増えて、笑い要素が面白くなってきた。特に第5話前半は、『CLANNAD』や『リトルバスターズ!』中盤を彷彿とさせるコメディータッチのストーリーで、麻枝准の脚本がのってきたなと思えた。コメディーで前半を描いて、後半から突然深刻な物語に切り替える。5話もこれぞ麻枝准という妙技を見せてもらえた。

ゆりは当初涼宮ハルヒと顔もキャラも似すぎだろうと思えたけれど、だんだん麻枝准のキャラになってきた。ゆりを演じている声優の櫻井浩美(さくらいはるみ)さんは、麻枝准企画・脚本のゲームソフト『リトルバスターズ! Converted Edition』で朱鷺戸沙耶(ときどさや)を演じていた。ゆりは涼宮ハルヒというより、だんだんキャラが朱鷺戸沙耶になってきた。くじで1番をひいた時の絶叫や、クライストが天使の前の席を引き当てた時の「よっしゃー!」のかけ声が、沙耶そっくり。「こらー!!けんかするなー!!」の超絶叫も沙耶が叫びそう。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:28 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

アニメ批評:『Angel Beats!』第4話:ユイのおかげで面白くなった

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
starレビューで過大評価が多すぎるような気がする。
star傑作では無いが…
starギャグが弱すぎる
starあなたは自分の生き方に満足していますか?
starここまで過大評価なのは驚いてしまう。(厳しい意見を)

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Little Braver Thousand Enemies Crow Song けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

by G-Tools , 2010/04/26



『Angel Beats!』第3話はいまいちだっただけに、第4話どうかなと思っていたら、ドジッ子キャラのユイが大活躍してくれたおかげで、面白かった。だいたいヒロインとしてゆりと天使がいるにも関わらず、アマゾンのDVD画像で一番でかでかと映っているのは、1話2話未登場のユイである。

ユイは、『CLANNAD』の風子やリトバスのクドリャフカみたいな麻枝准得意の小型ドジっ子キャラで、深刻になる物語に丸みを与えてくれる。声優のキタエリもどんぴしゃではまり役。日本の声優界にキタエリがいてくれてよかったと心から思えた。『みなみけ』の内田の時よりもいきいきしてる。麻枝准とキタエリの幸福な出会い。続きを読む
タグ:Angel beats!
posted by 野尻有希 at 01:06 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

アニメ批評:『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』第3話〜理不尽な人生に抗うこと

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
star面白いが…
star人は選びますが
star面白いアニメです
star天使ちゃんマジ天使
star面白いです

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Thousand Enemies Little Braver Crow Song けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

by G-Tools , 2010/04/18



一般的にいって12話程度続くアニメ番組は、回によって作画監督やスタッフが変わる為、当然クオリティーが変動する。アニメが面白いかどうかを1話、2話で判定することもできるが、真価が問われるのは、3話〜9話まで、中盤でどれほど物語と作画の品質を維持するかである。

さて、今期最大の期待枠『Angel Beats!』第3話。バンドのボーカルの生前のエピソードが披露された。2話ではゆりの生前の壮絶な過去が披露されたが、今回もまた夢の挫折を語る残酷なエピソードだった。ラブコメ的な日常を描いた後、終盤で一気に悲劇を描くのが、いわゆる泣きゲー黄金のシナリオパターンである。『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』は最後の2話にくるまで延々ラブコメ的日常を描いていたが、『Angel Beats!』は今後毎回、登場人物の誰かの悲劇の物語を披露するのではないだろうか。

続きを読む
posted by 野尻有希 at 20:07 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

アニメ批評:麻枝准『Angel Beats!』第2話〜神に抗うということの解釈

photo
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
おすすめ平均 star
star初めて1話と2話を共に見たら、親もハマってしまった
star面白い作品だと俺は思います。
starだーまえ最高ー!!
star1、2話の感想。
starハイスピードで展開する物語

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】 Thousand Enemies Little Braver Crow Song けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

by G-Tools , 2010/04/12



『Angel Beats!』を世界最速で、最も真面目に考える連続アニメ批評。第2話分の始まりです〜〜

『Angel Beats!』第2話、オープニングテーマは、天使のピアノ演奏から始まる。正直『けいおん!!』第1話や直前放送『デュラララ!!』13話の方が、作品として完成度高しと思えたが、『Angel Beats!』は魅力的な物語を第2話でも提示してくれた。視聴者への問題提起の深刻さで言えば、やはり『Angel Beats!』が今期最強だろう。

ゆり「私は本当に神がいるのなら、立ち向かいたいだけよ。だって、理不尽すぎるじゃない。悪いことなんて何もしていないのに。・・・あの日までは、立派なお姉ちゃんでいられた自信もあったのに、守りたい全てが30分で奪われた。そんな理不尽なんてないじゃない。そんな人生なんて許せないじゃない」

このゆりの言葉が、第2話では最も印象的な言葉だった。以下この言葉に解釈を試みよう。
続きを読む
posted by 野尻有希 at 00:15 | TrackBack(0) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

アニメ批評:『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』第1話〜今後の10年を決める作品



先週金曜日深夜から、TBSで『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』の放送が始まった。『Kanon』、『AIR』、『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』などKeyレーベルの脚本で知られる麻枝准(まえだじゅん)が、全話脚本を書くという、今期期待のアニメ作品だ。当ブログでは今後、おそらく日本で最も早く、かつ最も真面目な『Angel Beats!』の評論を書いていこうと思う。

『Angel Beats!』の公式サイトで麻枝准は、「今最も著名なゲームシナリオライターの一人で、美少女ゲームに「泣き」「感動」の要素を取り入れた、いわゆる「泣きゲー」と呼ばれるジャンルの先駆け的存在。」と紹介されている。

http://www.angelbeats.jp/staff/

今現在の深夜アニメはどれも、萌え系の美少女が何人も登場する美少女ゲームのような体裁になっているが、このような萌え系美少女全盛の状況を作り出した要因として、『AIR』など美少女ゲームと、そのアニメ化作品のヒットがあげられる。いわば麻枝准は、現在のアニメと深夜放送が萌え化した元凶のように思える。ただし、現在の萌え作品が、物語を語ることを放棄して、ひたすら萌える状況を見せる作品になっているのに対して、オリジナルである麻枝准の作品には、過剰なまでの物語が存在している(かつ露骨なサービスシーンがない)。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:44 | TrackBack(1) | アニメ論(Angel Beats!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする