2010年08月12日

アニメ批評:奈須きのこ原作『Fate/stay night』〜最終目的としているものは競争の元凶でしかない

photo
Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>
ジェネオン エンタテインメント 2010-09-23
おすすめ平均 star
starいやぁ〜嬉しい!
star再販ですね
star期間限定じゃなかったんですね。
starマジですか?
star再販のなにがいけないのでしょうか?

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray] 涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray] 劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc(PS3専用ソフト「マクロストライアルフロンティア」同梱) 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」付き OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray] BLACK★ROCK SHOOTER Blu-ray&DVDセット ねんどろいどぷちB★RSセット付き (初回限定生産)

by G-Tools , 2010/08/12



『Fate/stay night』(フェイト/ステイナイト)は、同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONが、初めて発売した商業PCゲームソフトを原作としたテレビアニメ作品。『月姫』、『空の境界』と同じく原作の脚本は、奈須きのこが執筆している。奈須きのこは、コミケ出身の作家で、商業PCソフト化、テレビゲーム化、アニメ化、講談社からの小説出版という道をたどっている。これは、『ひぐらしのなく頃に』、『うみねこのなく頃に』の原作者である竜騎士07と同じキャリアデザインである。現代日本で最も熱く、ディープで、常識破壊的で、フィクションの王道から外れた異形のフィクションが生まれる場所、それはコミケという特異空間だろう。講談社は、コミケ出身の人気インディーズ作家を自身の商業空間内に拾い上げる。講談社は巧みである。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:48 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

アニメ批評:劇場版『空の境界 第五章「矛盾螺旋」』攻殻機動隊を超えたアニメの到達点

photo
劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2009-01-28
おすすめ平均 star
star彼女に関わる、そう決めた二人の道が交差する
star…?
star何気ない日常
star空の境界で最高の章
star凝っています

劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]

by G-Tools , 2010/08/08



現代日本オタクカルチャーの到達点の1つと言えば、『攻殻機動隊』。劇場版『空の境界』第五章「矛盾螺旋」は、個人的に『攻殻機動隊』を超越したと思う。第四章までは60分以内で終わっていたが、第五章は2時間枠。長いから嫌だなと思って見始めたが、冒頭の映像から、今までの何倍も気合入りまくっているのがわかる。奇をてらいつつ、前衛に行き過ぎない凝った演出の連続。少なくとも『攻殻機動隊』が到達した地平線を超えようとしている意志は、視聴した誰もが感じるはず。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:52 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

アニメ批評:『劇場版 空の境界 第四章「伽藍の洞」』橙子さんの名言他

photo
劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2008-12-17
おすすめ平均 star
star覚醒した彼女は、一人で立つ
star嵐の前の静けさ
star第一章のクオリティには遠くおよばない。
star覚醒と再生

劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]

by G-Tools , 2010/08/04



橙子「万物には全てほころびがある。完璧な物体などないから、みんな一から壊れて作り直されたいという願望がある。二年前の事故のせいで、お前にはそのほころびが見えるようになった。我々には視認できない線が見えて、かつ、死に長く触れていたお前は、それが何であるか脳が理解できてしまう。結果、死が見えてしまうことになる。そればかりか、触れることもできるはずだ」

・・・生物は死にたくないから生きているのではなく、いつか死んでまた別の生命になりたいから生きている。物体も存続することが目的で存在しているのではなく、いつか壊れてより完璧な物体になりたいから存在している。橙子さんによるヴィトゲンシュタイン、西田幾多郎ばりの逆説的、禅問答的発想が、今回も爆発。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:00 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

アニメ批評:劇場版『空の境界第三章痛覚残留』無意識下に抑圧された痛みと不安の象徴化

photo
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2008-07-23
おすすめ平均 star
star映像は最高だけど、内容が……
starやはりスゴい!
star素晴らしい
star魔眼VS魔眼
starそもそも、映像向けではなかったのかも?

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]

by G-Tools , 2010/08/01



幹也「いいかい、傷は耐えるものじゃない。痛みは訴えるものなんだよ」

第三章「痛覚残留」は、痛み、怒り、不安についての無意識的抑圧を物語化したかのような作品だった。藤乃は、痛みの感覚がない。暴行虐待を受けても一切無反応。「殺される」と思った瞬間、藤乃の体に痛みを感知する力が戻る。それと同時に、幼少時代封印されていた、人の体をねじ曲げる能力も戻る。力を取り戻した藤乃は、痛みを感じつつ、人を殺していく。続きを読む
posted by 野尻有希 at 20:06 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

アニメ批評:『空の境界』第二章「殺人考察(前)」より名言他

photo
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2008-06-25
おすすめ平均 star
starバトルアクションを期待していた人には物足りない
star期待通り
star前作同様に50分のアニメ作品としては見応えはあるが。
star前回同様に最高!
star必要最小限の通常版

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]

by G-Tools , 2010/07/25



新カテゴリー「奈須きのこ作品特集」を作成しました。奈須きのこ関連作品の批評記事は、このカテゴリーに追加していきます。さて、『空の境界』。第二章も第一章に劣らぬ高品質映像美。以下印象的な台詞の引用。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:09 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

アニメ批評:『空の境界 第一章「俯瞰風景」』〜ヨーロッパ映画の作り方

photo
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2008-05-21
おすすめ平均 star
star経験値を上げて見る、もしくは他の奈須作品を見て(読んで)から見る。
star原作既読者向け、見栄えは悪くないです。
star背景美術が秀逸。
starとにかくカッコイイ
starメチャクチャかっこいい!

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【通常版】 [DVD] 劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD] 劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]

by G-Tools , 2010/07/15



半年くらい前から借りようと思っていたが、借りに行くといつも貸し出し中。昨日ようやく借りることができた。まずはつかみとして、第一章「俯瞰風景」から印象的な言葉を紹介。

「視界とは眼球がとらえる映像ではなく、脳が理解する映像だ。私たちの視界は、私たちの常識によって守られているのだ。人は、自らの箱を離脱して生きていくことはできないのさ、本来なら」

「逃走には2種類ある。目的のない逃走と、目的のある逃走だ。一般に前者は浮遊と呼び、後者は飛行と呼ぶ。君の俯瞰風景がどちらであるかは、君自身が決めることだ。だがもし、君が罪の意識でどちらかを選ぶなら、それは間違いだぞ。我々は、背負った罪によって道を選ぶのではなく、選んだ道で罪を背負うべきだからだ」

続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:44 | TrackBack(0) | オタク文化論(奈須きのこ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする