2016年11月01日

ゾルタクスゼイアンの卵子

私は自分の人生を選んでいる。意識的な選択はほんのわずか。ほとんどは無意識に選択している。受動的な選択の連鎖で、自分の人生ができている。そう意識する人間は受動的な人生を生きている。自由意志に基づく選択の連鎖で自分の人生ができていると思う人間は、自意識を過信している。

ゾルタクスゼイアンは卵を産む。鶏も卵を産む。人間は卵を食べる。人間は精子と卵子を結合させて、人間を作る。続きを読む
posted by 野尻有希 at 23:36 | TrackBack(0) | 創作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

小説「3月11日の記録(仮)」(1)

横断歩道に向かう。歩行者用信号が点滅する。彼は駆け足になる。歩行者用信号が赤に変わる。彼は横断報道を渡り切る。

選挙演説が聞こえてくる。政治家事務所のスタッフが挨拶してくる。彼を含めた歩行者達は、伏目で駅に向かう。地下鉄の入り口には、選挙の立候補者が立っている。テレビでも見かける元大臣の政治家だ。おはようございますと政治家がいう。彼は足早に通り過ぎる。

何人もの通勤者に無視されても、政治家達は挨拶を繰り返す。無視されても挨拶を繰り返して顔を売れば、やがて富と権力を手にするのだろうか。続きを読む
タグ:小説
posted by 野尻有希 at 00:32 | TrackBack(0) | 創作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

小説を書く立場からのキングオブコント2016感想〜ひとつのモチーフを変奏させる

photo
キングオブコント2014 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2014-12-24

キングオブコント2013 [DVD] キングオブコント2012 [DVD] キングオブコント2011 [DVD] シソンヌライブ [trois] [DVD] キングオブコント 2009 [DVD] キング オブ コント 2010 [DVD] キングオブコント 2008 [DVD] シソンヌライブ[deux] [DVD] シソンヌライブ [quatre] [DVD] シソンヌライブ[une] [DVD]

by G-Tools , 2016/10/03



TBSでキングオブコント2016が放送された。毎年キングオブコントの感想を書いているけれど、今年は小説を書く立場から見て、感じたことを書いてみる。

ファーストステージに出て来た10組は、小説の新人賞でいうと、最終選考に残った10組といえる。プロの小説家の最終選考審査員5人に見てもらえる。

3組目のかもめんたるまでは、会場も手探り感。4組目のかまいたちのネタ、受けていた。同じボケを繰り返す。何回も繰り返し、変奏することで、最初はそんな面白くないと思っていたボケが、そのうちツボにはまってくる。ボケもツッコミの仕方も次々変わる。短い小説では、ひとつのモチーフを最初に提示し、そのモチーフを多様に変奏して、展開していくと高評価になる。音楽でも同じだ。モチーフの繰り返しでテーマが明確になる。続きを読む
posted by 野尻有希 at 21:42 | TrackBack(0) | TV論(バラエティー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

「SWITCHインタビュー達人達 ソングライター 水野良樹×映画監督 西川三和」より印象的な言葉のまとめ



NHK教育で『SWITCHインタビュー達人達 ソングライター 水野良樹×映画監督 西川三和』が放送された。水野はいきものがかりのリーダーでソングライター。西川三和は映画監督で小説も書く。以下印象的な箇所のまとめ。

西川:どうして自分達の音楽は、マスに受け入れられたと思っているか? 大衆歌という言葉を使われる。どうやったら大衆を惹きつけられるのか?
水野:なるべく多くを書かない。器になることを大事にする。
西川:器? 中身ではなくて?
水野:中身じゃない。中身は多分わかりあえないので。大前提として、人間と人間はわかりあえないところからスタートするべきだと思っている。共感する歌はある程度まではいくけれど、広く届かない。その人が、これは自分の言葉だと思った時、届く。続きを読む
posted by 野尻有希 at 01:08 | TrackBack(0) | 創作技術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ライブレポ:モーニング娘。’16コンサートツアー秋〜MY VISION〜@ハーモニーホール座間

photo
モーニング娘。'15 コンサートツアー2015秋~ PRISM ~ [Blu-ray]
モーニング娘。’15 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥 小田さくら 尾形春水 野中美希 牧野真莉愛
アップフロントワークス(ゼティマ) 2016-03-23

Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2015 ~ GOOD BYE  & HELLO! ~ [Blu-ray] モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル [Blu-ray] モーニング娘。'15 コンサートツアー春~ GRADATION ~ [Blu-ray] Hello! Project 2016 WINTER~DANCING!SINGING!EXCITING!~ [Blu-ray] モーニング娘。'15 鞘師里保 ソロスペシャルライブ [DVD] モーニング娘。'14 コンサートツアー2014秋 GIVE ME MORE LOVE 〜道重さゆみ卒業記念スペシャル〜 [Blu-ray] 17歳の決断 アンジュルム コンサートツアー2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~ [Blu-ray] Hello! Project ひなフェス 2016 <モーニング娘。'16 プレミアム > [Blu-ray] 泡沫サタデーナイト! /The Vision/Tokyoという片隅(初回生産限定盤A)(DVD付)

by G-Tools , 2016/09/26




モーニング娘。’16 (ワンシックス)の秋ツアーに行ってきた。場所はハーモニーホール座間。新宿から小田急で40分ほど。駅前で工藤遥のメンバーTシャツを着たファンの女性を目撃。他にもハロオタっぽい雰囲気の人がちらほらいる。座間の駅前にランチスポットは少ない。駅前の小田急OXに向かい、大戸屋に入る。お昼時、20分待ちで、店に入ってからも15分ほど待たされた。ドリンクバーがあるせいか、スタッフが不足しているせいか、客の回転率が悪い。ハーモニーホール座間に行ったら、サイゼリヤと大戸屋は避けて、日高屋かロッテリアか、駅近のすき屋に入った方がいい。

食後、バス停で路線バスを待つ。ホールまで駅前から徒歩18分、バスなら3分でいける。並んでいる人の中にも、明らかなハロオタがいる。会話と服装ですぐハロオタだとわかる。会場付近のバス停に着いたら、歩いてホールに向かう。開演40分前に着いた。ホール前に巨大看板などは置いていない。ファンがたくさんたむろしている。簡易荷物チェックとチケット確認を経て、会場内へ。まず長蛇の列ができている物販売り場に向かう。続きを読む
posted by 野尻有希 at 22:48 | TrackBack(0) | アイドル論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする